G Biogon28mm

2014年09月28日 - R-D1s

20140927-EPSN0150-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


オールドレンズ使いの第一人者の澤村徹さんのコラムに、飯塚のこととG Biogon28mmのことが書かれていた。
このレンズは以前使っていたCONTAX G2用のレンズで、Mマウントに改造してR-D1sやM8につけて愛用している。
camera fan

コラムにあるように、このG Biogon28mmというレンズは、トーンが厚盛りだ。
特にR-D1sとの組み合わせで撮ると、すごくコクのある写真になるので、未だ手放せないでいる。
なんでもない夕方の西日と枯れかけの雑草がドラマティックに見える。
ただし、撮る写真全てがインパクト大なので、さらりと撮りたいときには向いていない。
解像度重視のセンサーと、レンズが大多数のなかで、希有な存在になっているが、撮れた写真の魅力としては、個人的にはトーン厚盛りな写真に強くひかれる。











カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net