シャッターチャンス不要?

2014年09月13日 - 写真

20140910-P1170794.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


子供相撲の様子。こちらは仕事用に新規導入したPanasonic LUMIX GH4での撮影。
GH4の売りのひとつ、4K動画から静止画像を切り出したものです。
約800万画素の画像を切り出せるので、A4くらいのサイズなら余裕ですね。
切り出し方も撮影後、背面画像を見ながら一時停止、その後コマ送りしながら一番いい瞬間の画像をボタン操作で静止画に切り出すという簡単なもの。
これで決定的瞬間を逃さないということです。

ですが・・・静止画像をシャープに残すために、高速シャッターで動画を撮影する必要があり、そのせいで動画のほうが再生時にややぎくしゃくとしてしまいます。
切り出した静止画も、写真として撮ったものより眠い感じで、クオリティーが落ちます。シャッター速度を稼ぐために、ISO感度を上げているせいかも知れません。
(このあたりセッティング次第で良くなる可能性も)
アップした写真は、レタッチしてます。

ということで、ファーストインプレッションとしては、動画にしても静止画にしてもどっちつかずな印象です。
やはり、一台で双方を賄おうとするとクオリティーの犠牲が伴うのは仕方がないのかも。


静止画像(写真)を撮るカメラとしては、機能も質感もGH4はいいものがあります。
しかし、同じセンサーを積んでいる(とされている)OLYMPUS OM-D E-M1(私のメイン機)と比べて、
絵にリアリティーが欠けるように見えてしまうケースがあるようです。
この辺は画像処理エンジンの違いなのでしょうか。
ローパスフィルターの有無の影響があるのかも知れませんね。
ピントピークの鮮鋭度は、ローパスフィルターの無いE-M1の方が明らかに高くピシッと見えます。


ということでGH4はやや分が悪い感じですけど、動体へのAF追従、完全無音になる電子シャッターなどGH4に期するところはあるのです。






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net