海外空港におけるX線の回避法

2013年03月09日 - イスタンブール

img006.jpg


前にエントリーした、外国の空港でX線検査からフィルムを守り方について、JPS日本写真家協会で検証した最も効果的だと思われる方法をお知らせいただきたので、以下に引用します。


透明なビニール袋にフィルムを入れて、パトローネや外紙に3200と書くか、シールを張る。
そして、ビニール袋にマジックで、
「This is a film that was filmed in iso3200 sensitizing Don't X‐ray.」
と書きます。
自分が通る時に監察官に渡すと、「a.ha」とか言いますが、ヨーロッパ、アメリカ、中東、アフリカ、南米、アジア各国で大丈夫でした。

X線防止の鉛ケースは一番危険です。監視官がモニターで見ながら強さを調整できるので、見え難いとドンドン強く当てられてしまいます。
また、要人が乗り合わせたりすると、通常より強いX線が当てられることがあります。
通常では、iso800までは大丈夫ですが、諸条件でiso100のシートフィルムがカブった事例もありました。
9.11以降、セキュリティーが強化されていますのでご注意ください。

とのことです。教えていただいた安藤さま、ありがとうございました。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net