静止現像

2013年03月04日 - イスタンブール


img004_2.jpg

(c)Tatsuo Iizuka


只今、フィルムの静止現像に初トライ中。

静止現像っていうのは、1:100とかに薄〜く希釈した現像液を使って、液の注入から1時間とか一切撹拌せず放っておく現像方法です。
そのメリットは撹拌しないことで、ハイライト部分に触れている現像液がへたり現像が進まない一方で、シャドー部に触れている現像液はへたりが少なく、ゆっくり現像を進行させていくので、ハイライトからシャドーまできれいに納まるということ。
それから鮮鋭度が上がるということなど。
この辺、興味のある方はググってみてね。

で、ものぐさな私のメリットとしては現像タンクを撹拌しないでいいということ。
しかも1時間放置プレーできる!ということ。

なので、その間仕事をしたり(嘘)、こうしてブログ書いたりできます。

仮に現像途中に電話が鳴っても、宅配便が来ても対応できます。
そして1時間の現像が5分や10分伸びても結果は変わらないでしょう。
本当は現像液の現像能力目一杯使い切るのくらいに薄い希釈率が正しいようなので、1時間が2時間になろうと3時間になろうと結果は変わらないようです。

さて、結果はいかに。


写真はイスタンブールの裏道。日没後、街灯に浮かぶ洗濯物たち。
どこに行っても洗濯物を撮ってしまう。
ローライフレックス3.5F
ノーマルの現像です。








カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net