FC2ブログ

小平町達布

2012年08月06日 - 集落探訪

達布
(c) TatsuoIizuka



小平町達布(おびらちょうたっぷ)は、かつて炭鉱で栄えた町。
昭和42年に閉山になるが、それは他の炭鉱と同様、石炭が枯渇した訳ではなく、日本のエネルギーの主力が石油にとって代わられ、石炭が不要になったからだ。
その変革によって、山あいのへんぴな場所に造られた炭鉱町のいくつかは不要になり、数千人の暮らしとともに地図上から消え去った所もある。
達布はかつて何千人規模の町であったが、炭鉱がなくなり、鉄道がなくなり、営林署がなくなり、5年前には小学校がなくなった。
5,6年前に訪れた時には3階建てくらいの、食料品店や日用品などのお店が入った百貨店のような店舗があった。
店内は薄暗く、たしか床はコンクリート土間で、炭鉱の時代にタイムスリップしたような雰囲気を持った空間だったが、それも跡形なく消えていた。
公衆トイレが見当たらず借用しに入った消防署の出張所で伺ったところ、現在の世帯数は約60軒。100人いるかいないかの集落になっているとのことだった。ちなみに交番もなく、駐在するおまわりさんもいない。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com