FC2ブログ

写真と笑顔

2011年04月28日 - 写真

写真の時間1
写真の時間2


昨年12月に思いつき、ブログで呼びかけ、1月よりスタートした教室「写真の時間」は日曜コース、水曜コース、それぞれ8回の日程が終了した。
ボク自身、教室を持って人に写真を教えることは初めてのことで、少なからず不安を抱えながらの運営だったけど、途中からは生徒さん同士の交流も生まれ、わきあいあいとした時間を過ごすことができたことは何よりだった。
2週に1度の講習には、毎回、写真を撮ってきて発表というちょっと荷の重い課題があったりして、決して楽ではなかったはずだ。
それでも10時から始まる授業には、30分も前から集まってきてくれたりして、講習の日を楽しみにしてくれてる様子が伝わってきたことに救われた。
露出や構図、色温度、レタッチなど技術的な講習もあったけど、何より伝えたかったのは、写真が身近にある暮らしが自分の心を豊かにしてくれるだろうということだ。
8回の講習が終わることを寂しく感じ、生徒さんの間で月に一度自主的な会合を持とうということになったのは、思いがけずうれしい出来事になった。
そしてメンバーのブログもできあがり、毎日多くのエントリーで賑わっている。
http://phototimes.jugem.jp/

最後の講習は、ピクトラン局紙にプリントアウトした写真を、自分でマットを抜いて、額装し作品に仕上げるまでを体験してもらった。
Vカッターを使って(難しい)マットの窓抜きがうまく行ったときに湧き上がる拍手と歓声。
自分の写真が額装を終え作品になったときのうれしそうな顔。
いい大人が、まるで子供のように見えた瞬間だった。

大人も子供も夢中になれるのが写真の魅力。
次回の予定は今はないけど、また機会を作りたいと思っている。
そして先日東川の一部の小学生に行ったような写真ワークショップを、今年もやれるよう働きかけたい。


それから、もう少し時間が経ってからのことだけど、東北の被災地の大人や子供たちにカメラを使って写真を楽しむというワークショップをやりたい。
写真を撮るということを通じて、笑顔になれるはずだから。
そんな確信(それが思い過ごしでもいい)を持てるようになった「写真の時間」だった。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com