FC2ブログ

緑のころ2

2010年06月11日 - CONTAX T2

川棚5
川棚6
川棚4


建物(魚雷収蔵施設)のすぐ前は入り江になっていて、コンクリートのアーチ橋がまっすぐ伸びた先には発射塔が立っている。
アーチ橋上に残るくぼみはレールの痕跡だ。
収蔵施設から、海上の発射台へと魚雷を進めるために敷かれていたことが容易に想像できる。

2枚目の写真の塔の右側。コンクリートが切れた所が発射させるべく魚雷を沈めたところ。
ここから大村湾の沖合に向かって魚雷の試験発射が行われていた。

急に深くなる海底のため、今では格好の釣り場となっていて、釣り人がのどかに釣り糸を垂らしている。

岬の先には、監視場だったのか、もうひとつの発射試験場だったのか、要塞が海上に浮かんで立っている。


カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com