FC2ブログ

小湊鉄道1

2009年12月12日 - FUJI GA645

小湊2
小湊3
小湊1


和歌山の余韻冷めやらぬうち(フィルムスキャン終わらぬうち)に、先週、羽田へ飛びました。
目的は東京でサルガド展他写真展鑑賞、プロモーション(売り込み)、それから鉄分補給に千葉の小湊鉄道へ。

憧れのキハ200系。五井駅でカラカラというエンジン音を鳴らしながらホームに佇む姿に、感激で涙が出そうになりました。そう電車じゃなく、ディーゼルカー。肌色と赤色のツートンカラー、かつての国鉄を彷彿させる色をまとった気動車です。
東京から小一時間の場所に、こんな車両が現役で走る鉄道があるんです。

フリー切符を買い求め、はやる気持ちで早速車内に乗り込もうと思ったら、ドアが閉まってる。車中には既に乗客が乗ってるというのに。
寒冷地だとボタンを押すとドアが開くようになってるんだけど、ボタンの類は見当たらない。
はて、困った。乗りたくても乗れない。という洗礼を受ける。

しばらくホームで途方に暮れてると、次の乗客がやってきて、手慣れた様子でドアを手で開けたのでした。
おおそうか、手動ドアか!
しかもドアの引き手は、自然に手が伸びる位置になく、はるか足下、すねの辺りにあるのです。
足を曲げないとドアを開けられない。
なんというアン・ユニバーサルデザイン!昭和のプロダクト!昭和36年生まれの気動車ですから。
とおおげさに感動。

オレンジ色のロングシートに座り発車を待っていると、背広姿のサラリーマンがドアの前で立ち止まる。どうやら小湊鉄道初体験の面持ちです。
そこでボクは先輩顔して、下の引き手を自分で開けるんだとジェスチャーで教えてあげたのでした。
無事に乗車できた背広氏は、ほほうという顔でボクに会釈を返してくれたのでした。

やがて発車の時刻が近づくと、一両ぽっきりの車両の前には運転士。後ろには車掌が乗り込みます。
ローカル鉄道にありがちな、ワンマン運転ではないのです。
乗客10人ばかし。乗務員2名体制という贅沢な布陣です。
するとドアが自動で開きました。この後は、車掌士の的確な指令の下、ドアは自動で開かれて安全な乗降が約束されるのでした。
そりゃそうだよな・・・。


この項、きっとつづく。



明日13日(日)、19日(土)はアトリエ公開日です。10:00~16:00
10時から開けますが、今日のような大雪、アイスバーンのようなら無理して来ないでくださいね。
天気が良ければ東川町文化ギャラリーでの「東川フォトクラブ写真展」も併せてごらんください。
こちらは10:00~17:30 言い忘れましたが町民100円町外200円の有料施設です。
同時開催の東京の写真家中村友一氏の写真展「ぶらり美瑛散歩」も含め、見応えたっぷり。です。


〒071-1461北海道上川郡東川町東11号南4
東川町道の駅「道草館」よりさらに7km旭岳天人峡方面に進む。
東11号バス停すぐ裏。
東川町文化ギャラリーは「道草館」を北に曲がり300mってとこか。

アトリエの地図はこちら。


大きな地図で見る

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com