FC2ブログ

田舎暮らし

2006年01月30日 - 日々の暮らし

昨日は朝から町内会の慰安会で旭川の温泉に出かける。
総勢23名。平均年齢は60代後半か、ひょっとして70代にかかるかも。
風呂に入って宴会スタート。余興のゲームのあと、大カラオケ大会。みんな上手い上手い。新参者として「夢芝居」一曲披露する。
なかなか楽しい時間だった。年長者を敬い、年下の者には○○ちゃんと呼ぶ。そういう地域に越して来た。ここに住んで3ヶ月、皆さんにも歓迎され、受け入れてもらえて来たような実感を受ける。
6月には地域町内会対抗の運動会があるそうだ。そこで勝つと東川町全域での町民運動会なる決勝戦が控えている。ウチの集落は常勝集団で、今年も勝ちに行くらしい。その戦力として期待してるよと告げられる。
毎年8月には地域の小学校の体育館を会場に、ビールパーティーなる総勢400名の大宴会が催される。地域住民全員集めても400名にはほど遠いから、地域を離れた人、親戚、友人入り乱れての賑わいになるらしい。

温泉から帰ると近所で若手のみの2次会に突入する。若手と言ってもボクの上は49歳。来年には40代の人がいなくなる。そこでもしこたま飲んだ。写真や仕事のことを忘れ、近所に住んでいると言うだけのつながりで酒を飲むと、肩の力が抜けて行く。
午前中から飲み出して、帰宅したのは夜7時。そのまま就寝。
夜中に目覚め、水を飲み、また眠る。
結局朝8時まで13時間も寝てしまった。

田舎暮らしにおける地域との関わり。たしかに面倒なことも多いし、一切拒否することも出来る。しかしそれをどう受け止めて、どうつきあって行くか、気の持ちようひとつでプラスにもマイナスにもなる。どうせならプラスにしたい。
20060130105556.jpg


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com