FC2ブログ

行き交う

2020年03月25日 - スナップ

20200306-DSC08054.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




北海道/下川町
SONY α7s FE55mmf1.8



白い景色

2020年03月23日 - スナップ

20200306-DSC08041.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


アップが滞り気味ですが、今はすっかり雪も融けバイクを引っ張り出したりしています。
このカメラでは、ハイキーで撮りたくなってしまいます。
白が粘る訳じゃないのですが。



北海道/士別市
SONY α7s FE55mmf1.8



雪の夜 8

2020年03月18日 - スナップ

20200228-DSC07979.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




北海道/浜頓別町
SONY α7s FE28mmf2



冬の道北へ 8

2020年03月15日 - スナップ

20200229-IMGP3421.jpg

20200229-IMGP3422.jpg

20200229-IMGP3440.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



この日は枝幸の辺りまで流氷が来ていて
思いがけず流氷を見ることができました。
こういうスケールになると写真では上手く写し取ることができません。



北海道/枝幸町
PENTAXK10D FA35mmf2




冬の道北へ 7

2020年03月14日 - スナップ

20200228-DSC08027.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


この日の車中泊はサロマ湖畔にて。
夏に2度バイクでキャンプしたお気に入りの場所です。
さすがにキャンプサイトは雪で閉鎖中でしたが、駐車場とトイレは空いていたので
使わせていただきました。

隣接のホテルで温泉に入って、レストランで美味しい中華を頂いてリラックス。
誰もいない湖の向こうには、三日月と星空。
贅沢な夜です。

マイナス14℃まで下がる予報でしたので、前夜よりさらに車内の防寒対策を施して備えました。
と言っても断熱ビニールを寝るスペースに巡らせて空間を狭くしただけですが
それでも自分の体温と吐く息で、温度が上がるようです。
朝まで割と平気に過ごせましたよ。

今回の2泊3日の旅程でマイナス15℃まで車中泊ができると分かったのは1つの収穫です。
冬でも気ままな旅ができるのは良いですね。


北海道/浜頓別町
SONY α7s FE28mmf2





冬の道北へ 7

2020年03月10日 - スナップ

20200228-DSC07955.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



白鳥の湖。
驚かしてごめんよー




北海道/浜頓別町
SONY α7s FE28mmf2




冬の道北へ 6

2020年03月09日 - スナップ

20200228-IMGP3355.jpg

20200228-IMGP3392.jpg

20200228-IMGP3400.jpg

20200228-IMGP3407.jpg

20200228-IMGP3417.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


日本最北の海景色




北海道/稚内市
PENTAX K10D FA35mmf2




冬の道北へ 5

2020年03月05日 - 北海道の産業遺産

20200228-R0002822.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



まるでヨーロッパの教会の跡か神殿かと見紛う建物。
雲の合間から射した光が、スポットライトのように浮かび上がらせました。
これまで何度も近くを通ったことがあるのに、何故気づかなかったのかも不思議です。
煉瓦造りの構造物は、大正時代の木材会社の発電所跡だそうです。



北海道/稚内市
RICOH GR3




冬の道北へ 4

2020年03月04日 - スナップ

20200228-R0002768.jpg

20200228-R0002776.jpg

20200228-R0002778.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


1泊目は天塩町の道の駅で。
独特の匂いがするしょっぱい温泉に浸かり、のれんの下りたお店で無理言って晩ご飯をいただき
夜の町をスナップして、心も満ちた状態で車の荷室を拡げ寝床をつくり
ウイスキーをちびりちびりとやりながら本を読んで過ごします。

寝袋にくるまる時点では余裕でしたが、夜中、何度も寒さで目が覚め、寝たのか寝てないのかよく分からない状態で朝を迎えました。露出してる顔が寒いのです。
車内のペットボトルはガチンガチンに凍っていて、ほぼ満充電だったiPhoneも電源が落ちて冷た〜くなっていました。
夜中、外ではマイナス14℃まで下がっていたようです。
それは寒いはず・・・。

雪も20cmくらい積もっていましたが、セイコマで朝食を採っているうちに太陽が出てきてその後快晴に。
気温もぐんぐん上がって、サロベツ原野〜オロロンラインは快適なドライブとなりました。
春を感じる道北でした。


北海道/豊富町
RICOH GR3








冬の道北へ 3

2020年03月02日 - スナップ

20200227-DSC07910.jpg

20200227-DSC07927.jpg

20200227-DSC07932.jpg

20200227-DSC07939.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




何年かぶりに前を通ってみても未完成で、営業中のスナック。
でっこみひっこみが激しい要塞のような建物。
長年の潮風に晒されたトタンの錆が、迷彩塗装のよう。
うしろは日本海。街の頭上には満天の星空が広がっているのでした。


北海道/天塩町
SONY α7s FE28mmf2




冬の道北へ 2

2020年03月01日 - 鉄道のある風景

20200227-DSC07856.jpg

20200227-DSC07868.jpg

20200227-DSC07895.jpg

20200227-DSC07905.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



JR北海道にはこうした車掌車を再利用した無人駅が数多く存在します。
いずれも錆で外観はみすぼらしくなっていますが、
中に入ると風雪はしのげるので助かります。

宗谷本線のローカル駅は、ことごとく廃止を検討されていてその数29駅。
一日の乗降客が3人以下というのが対象です。
中には1人の利用客もいない駅も含まれているそうで、
利用するのは鉄ちゃんばかりということもあり得ます。

暗闇を割いてやってきたキハ54。
わずかな停車ののち、エンジン音を響かせて次の駅に向かっていきました。
ホームで撮影すると、乗客だと思われると運転手さんに迷惑かけるので
遠慮がちに撮らせてもらいました。


北海道/幌延町
SONY α7s FE28mmf2








カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com