FC2ブログ

当たり年

2019年10月30日 - 自然風景

20191028-FUJI4432-2.jpg

(c)Tatsuo Iizuka



先日の北海道新聞に今年の紅葉の鮮やかさは数十年ぶりと書かれてありました。
数十年ぶりかどうかは分かりませんが、今年は色づきが良いですね。
町のあちこちで広葉樹のオレンジや黄色が実に鮮やかで、このところの青空とのコントラストが見事です。

去年同様、今年も初雪がまだ降りません。
日中はそれなりに暖かく、朝夕はぐっと冷え込む。その寒暖差と雪で葉が傷んでいないことが
紅葉の鮮やかさの原因のようです。

そして紅葉も当たり年ですが
「雪虫」も大発生の当たり年です。
雪が降る少し前に現れるふわふわとした雪虫。
例年、まれにしか見られないものなのに、今年はどうしたことか?
おかげでどの車もひどいことになってますね。



20191024-FUJI4131-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka






北海道/江別市
FUJI X-T3 18-55mmf2.8-4




秋の日はつるべ落とし

2019年10月29日 - 鉄道のある風景

20191024-XPRO9675.jpg

20191024-XPRO9690.jpg

20191024-XPRO9705.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



10月も下旬になって、日が沈むのがすっかり早くなりました。
今の北海道では16:40分くらいですね。
1本前まで強い西日がまぶしかったのに、この時期の太陽はすとんと落ちる感じです。
写真撮ってると美しいなあと思うのですが、
そうでないときは、気が重いですね。日が短いってのは。
そろそろ冬タイヤに変えないと。



北海道/月形町
FUJI X-PRO2 XF18-55mmf2.8-4




日本一早い最終列車に乗る

2019年10月28日 - 鉄道のある風景

20191024-XPRO9561-2.jpg

20191024-XPRO9571.jpg

20191024-XPRO9576.jpg

20191024-R0002219.jpg

20191024-XPRO9606.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




札沼線の石狩月形ー終点・新十津川駅間を乗り鉄しました。
車内はほとんど鉄関係の方々のみ。
平日にも関わらず、賑わっていましたね。
駅に着く度に、車内から駅名の書かれた表示板を撮ろうと、ぞろぞろ移動してはパシャパシャと。
なんとなく気ぜわしい車内でした・・・。

それでもキハ40はゆっくり走ります。40(よんまる)のゆったりした乗り心地は最高です。
札沼線はほとんど国道と併走してるのですが、車にどんどん抜かれていきます。
最高速度は60km/hくらいなのでしょうか。


浦臼駅まで一日6往復ある札沼線ですが、浦臼から先、終着の新十津川駅まで行く列車は一日一本限り。
新十津川駅を折り返す列車は、10時。
朝10時発の最終列車は、もちろん全国で一番早い最終列車です。


一枚目に写っているのは懐かしいスタフ(通行票)の手渡しシーンです。
石狩月形ー新十津川駅間の単線区間は、このスタフを持った列車しか走行できません。
列車同士が衝突しないようにするためのルールです。
今や殆どの路線が自動化されているなかで、スタフを使うのは北海道では唯一ここだけ。
上り列車から下り列車へとスタフが手渡されました。




北海道/月形町・新十津川町
FUJI X-PRO2 XF18-55mmf2.8-4
4枚目はRICOH GRIII  こうして並べるてみるとGRの写りの良さを改めて認識



札沼線沿線紅葉

2019年10月27日 - 鉄道のある風景

20191024-FUJI3981.jpg

20191024-FUJI4102.jpg

20191024-FUJI4119.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




沿線の草木が豊かに色づいていました。
2020年5月6日に廃線になる札沼線、最後の紅葉です。



北海道/月形町・浦臼町
FUJI X-T3 XF50-140mmf2.8





朝霧を駆ける

2019年10月26日 - 鉄道のある風景

20191024-FUJI3891.jpg


最終列車を撮った後は、寝袋にくるまっての車中泊で朝を迎えます。
夜明け前に目覚めると、外は霧。
良いことが起こりそうな期待を胸に撮影ポイントに向かいます。
徐々に明けゆく頃、霧が優しい色合いに染まってきました。

その中に現れた一番列車。(実は始発駅までの送り込み回送列車です)
何とも幻想的でワクワクする時間でした。


20191024-FUJI3946.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



北海道/月形町
FUJI X-T3 XF18-55mmf2.8-4 XF50-140mmf2.8






夜間鉄道

2019年10月25日 - 鉄道のある風景

20191023-FUJI3844.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



久しぶりの札沼線へ。撮り鉄自体も久しぶりのこと。

夜のローカル線は、絵本の世界。
暗闇の先にヘッドライトが近づき、一両きりのディーゼルカーが簡素なホームに滑り込む。
誰も乗降しないから、15秒ほどのわずかな停車で発車すると、テールライトが吸い込まれていく。
ガタンゴトンというレール音が消えると、また静寂に。
星もきれいな夜の駅でした。


北海道/月形町
FUJI X-T3 XF18-55mmf2.8-4





結界

2019年10月24日 - 自然風景

20191024-XPRO9639.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



道端から見上げると紅葉が綺麗な山肌があって、そこにつながる砂利道が見えたのでした。
導かれるように登ってみると、そこには・・・。




北海道/浦臼町
FUJI X-PRO2 XF18-55mmf2.8-4



降っても晴れても

2019年10月21日 - スナップ

20191008-t-138.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



小豆農家の取材で足寄に行ったときのショット。
1泊2日の行程で、初日がどしゃぶりで、寒くて・・・テンション下がります。
明日、ほんとに晴れるのかなあ。でもこんなにぐちゃぐちゃ路面なら、畑はなおさら。
トラクターでの収穫は絶望的。
果たして誌面を飾る写真が撮れるのか・・・。

そんな気分の写真でした。
でもこの倉庫で話を聞かせてくださった方々の、人柄に救われました。
自然相手のことだから、思い描いた通りにならないこともあるさ。
むしろ、これこそが俺らの素の姿、当たり前の光景なのさ。
そんな感じを受けました。

決定的瞬間ではないけど、フォトジェニックではないけど
北海道の日常を写した一枚です。


この仕事の依頼主(クライアント)は、伊豆の和菓子屋さん。
かねてより写真つながりで交流させていただいていた方です。
始まりは10年以上前、このブログからだったと思います。

ありきたりの広告宣伝はもうやめて、和菓子の主材料である小豆にフォーカスをあてた冊子をつくりたい。
そのために北海道・十勝の足寄町でこだわりの小豆を生産している方々を取材したい。
そんな熱い依頼を受けられたことを光栄に思います。
取材を通して、生産者さんたちのものづくりのこだわりや想いも知ることができて、
とても刺激になりました。
知らない世界のことを(少しだけでも)知れる機会は、日常のなかでそう得ることができませんからね。


さて2日目は、雨上がりの感動的な日の出からスタートでき、
良い写真を撮ることが出来ました。
いい冊子が出来そうです。と報告をいただきました。

伊豆のお菓子処 石舟庵




北海道/足寄町
FUJI X PRO2 XF18-55mm f2.8-4





16年と1日ぶり

2019年10月15日 - スナップ

20191009-XPRO9466-Edit.jpg

20191009-XPRO9468-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


十勝に行った帰り道、懐かしい地名をナビでみつけ、寄った廃校跡の体育館。
まだありました。

もしやと思ってステージ袖の扉を開けると、
当時と寸分違わぬ位置に、この白い布袋がありました。
バレーのネットが入っているのでしょう。


帰宅して、昔のネガファイルを見返してみたところ、ローライで撮ったのは2003年10月8日。
今回の撮影は2019年10月9日。
16年と1日。


IMG_1176.jpg


デジタルじゃなかった頃、プリントをリング綴じ製本していました。
この私製アルバムのタイトルは「NORTH BOUND」
体育館の写真もありました。

見比べてみると
ステージ上の肖像写真がなくなっているのに気がつきましたが
時計の針は16年1日前と同じままです。




北海道/本別町
FUJI X-PRO2 XF18-50mmf2.8~4



初霜

2019年10月14日 - スナップ

20191014-FUJI2785.jpg
(c)Tatsuo Iizuka






北海道/東川町
FUJI X-T3 XF18-50mmf2.8-4





モダンハウス

2019年10月11日 - スナップ

20191008-XPRO9235-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka






北海道/足寄町
FIJI X-PRO2 XF35mmf1.4



明かり

2019年10月10日 - スナップ

20191008-XPRO9228-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


久しぶりの取材仕事を頂いて、1泊2日で十勝に行ってきました。
小豆農家さんの撮影でした。
初日はあいにくの強い雨でしたが、このぬかるみが
北海道の厳しさを表しているような気がしました。



北海道/本別町
FUJI X-PRO2 XF18-55mmf2.8-4R





雨煙

2019年10月09日 - 自然風景

20191008-FUJI2310-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka






北海道/上川町
FUJI X-T3 XF50-140mmf2.8R




紅葉の渓谷

2019年10月03日 - 自然風景

20191003-FUJI1645.jpg

20191003-FUJI1647.jpg

20191003-FUJI1655.jpg

20191003-FUJI1617.jpg

20191003-FUJI1626.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



久しぶりに自然の風景写真を撮りに来ました。
と言っても鮮やかな絶景写真を撮るという意気込みはまるでありません。
ピークとか決定的瞬間を捉えたいのではなく
行った先で出会ったものや、感じた空気なんかを記録できれば良しとしましょう。
未舗装の道を歩くのは、気持ち良かったです。



北海道/東川町
FUJI X-T3




最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com