FC2ブログ

円形体育館

2018年10月26日 - 北海道の産業遺産

20181026-DJI_0691.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




こちらは羽幌市の山中に遺る小学校跡。
昭和37年に建てられたモダンな円形の体育館が特長的。
真上から見下ろすと幾何学模様が異様に見えます。

最盛期には1,065名もの児童が在校してたそうです。
北海道には珍しいプールは何と10レーンもあります。
時代の最先端を行く学校設備だったのでしょう。
それだけ炭坑は花形産業だったわけです。

炭坑の閉山によって、閉校となって47年。
ごらんの通り、付近には人家一軒すらありません。

美しいドーム型の屋根が見事だった円形体育館ですが
今年の春、雪の重みで崩れてしまいました。



20181026-DJI_0685.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



北海道/羽幌市
Hasselblad L1D-20c





円形校舎

2018年10月25日 - 北海道の産業遺産

20181025-DJI_0172.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




森に呑み込まれそうな円形校舎。
かつての産炭地に遺された営みの跡。
最盛期には児童数1500名ほどもいたという。
閉校からすでに44年が経過している。





北海道/美唄市
Hasselblad L1D-20c




続きを読む »


秋色の湖岸に残る

2018年10月23日 - 北海道の産業遺産

20181019-DJI_0842.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



留萌炭田の中心を担っていた浅野炭鉱。昭和43年に閉山となり、50年。
そのあとに出来たダム湖の湖岸に、ひっそりと選炭施設が残っています。
鉄道の駅があって、映画館やパチンコ屋、幼稚園、小中学校を有する
数千人規模の町があったとはとても信じられません。




北海道/沼田町
Hasselblad L1D-20c





石狩川を渡る

2018年10月22日 - ドローンフォト

20181021-DJI_0915.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




北海道の母なる川と呼ばれる石狩川。
大雪山系を源流として、数多くの川から水を寄せ集め、北海道最大の河川となって
日本海に注ぎ込んでいきます。

宗谷本線は天塩川沿線を経てこの石狩川を旭川市の手前で渡ります。
間もなく終着旭川。
夕陽がお出迎えです。




北海道/当麻町(宗谷本線)
Hasselblad L1D-20c





秋の夕陽

2018年10月21日 - 鉄道のある風景

20181019-DSC_6297.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



下からも撮ってますよ。




北海道/秩父別町
Nikon D750






紅葉のオメガカーブ

2018年10月20日 - ドローンフォト

20181019-DJI_0811.jpg

20181019-DJI_0814.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



留萌本線の恵比島ー峠下駅間にある恵比島峠。
急勾配を避けるために、ぐるっとΩ(オメガ)状に弧を描いてキハが行き交います。
その様子を上空から眺めてみたかったー。

この写真じゃ分かりにくいでしょうが、2枚目の写真の真ん中上に線路が見て取れます。
国道はその2点のそばを最短距離のストレートに結んでいます。

鉄道の勾配はせいぜい25パーミル(パーセントの1つ下の単位)がいいところ。
1km行って25mの高さしか稼げません。
摩擦抵抗の少ない同士、鉄のレールの上を鉄の車輪が回転して進んで行くのだから致し方ありません。

秋の落ち葉の季節、雨に濡れてスリップ(空転)し、列車が立ち往生ってことも少なからず発生します。
先日も、石北峠(25パーミル)を登り切れなかった特急が、坂を戻ってふもとの駅で運転取りやめになったことがありました。
ちなみにこの恵比島峠はオメガカーブによって10パーミルです。
キハ150、キハ54にとってはなんてことのない峠越えのようです。



北海道/沼田町(留萌本線)
Hasselblad L1D-20c





デザイン

2018年10月19日 - ドローンフォト

20181016-DJI_0501.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




何という造形なんでしょう。
夕張の廃道(旧道)にて。

急カーブを無くすため大きなRの新道への切り替えが、北海道道内あちらこちらで行われています。
それを上空から眺めてみるのも面白そうです。



北海道/夕張市
Hasselblad L1D-20c




錦秋の湖を往く

2018年10月18日 - ドローンフォト

20181017-DJI_0715.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




列車通過前に気持ち良く晴れてくれました。
湖の青と黄葉との対比が実に見事でした。

列車で湖を渡るのは、北海道ではここ根室本線の金山湖だけ(のはず)です。
しかし、この区間(富良野ー新得)もあと数年で廃止になるのは
ほぼ確定のようです。






夕張支線・最後の紅葉

2018年10月17日 - 鉄道のある風景

20181016-DSC_6228.jpg

20181016-DSC_6208.jpg

20181016-DSC_6251.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




来春に廃止される夕張支線。
この秋は最後の紅葉となりました。
平日にも関わらず、多くのファンが沿線でカメラを構えていましたよ。

一枚目の写真は鹿ノ谷駅。
長い跨線橋が目立ちますが、かつては国鉄の他、夕張鉄道も通っていて
そのホームや、引き込み線が多数あったその名残です。
今はかつての駅構内に木々が生い茂っていますね。
鹿も居心地が良いことでしょう。

左手の山際にはかつての炭坑住宅跡が見て取れます。
これも空き屋が大半で、取り壊しが進んでいます。

夕張川渓谷の紅葉は本当に見事です。
北海道随一の名所。ここを走る列車は来年にはありません。



北海道/夕張市







鹿ノ谷

2018年10月16日 - 鉄道のある風景

20181015-DSC_6164.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



来春廃止になる石勝線の夕張支線に行って来ました。
19時台の最終列車を狙ったのは「鹿ノ谷駅」。
その列車の行く手を阻んだのは、鹿のご一行様。
3時間ぶりに来た列車なのに、そのタイミングでわざわざ横切るとは・・・。

人口減著しい夕張市ですが、それに反して鹿はずいぶん増えているようです。
日が暮れると市街地を闊歩しています。

列車が来ようがおかまいなしの彼ら。
(車で走ってても、ライト着けて迫ってきてるのにわざわざ横断してくるからやっかいです)
そのおかげで列車も徐行運転を余儀なくされています。
この列車も、清水沢ー鹿ノ谷駅を通常12分で行くところを
20分掛かって到着です。
鹿との衝突事故が悩みの種のJR北海道です。



北海道/夕張市(石勝線夕張支線)




峠越え

2018年10月15日 - ドローンフォト

20181014-DJI_0401.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



「峠越え」はかつてSL時代には大変な苦労があったと聞いています。
石炭をくべるタイミング。圧力を掛けて、滑るレールの上をロス無く動力を伝えるのは
機関士たちの腕の見せ所でもあったそうで。
天塩の国と石狩の国を結ぶ塩狩峠も、そんな峠越えの難所だったそうです。

日頃、脇を通る国道を車で走っていても、塩狩峠がそんな難所だと感じることはありません。
それほど勾配がきつくもないし、鉄道が木々の向こうを走って見えないからです。

しかしこうして上空から見てみると、確かにそこは峠越えの鉄路がありました。
凄いスケール感のなかを、小さなキハがゆっくりと走っていました。
やっぱり北海道はすごいですね。





20181014-DJI_0425.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



途中、列車の遅れがあってドローンの撮影には苦労しました。
バッテリー1本で飛んでいられるのが最高30分。残量が20%の約20分経過すると
LOW BATTERYのアラートが鳴り響きます。
5分10分の遅れならともかく、20分たっても列車が来ない。となると焦ります。
降ろすべきか迷ってるうちにアラートが。
仕方なく着陸させバッテリー交換してる最中に、列車が行ってしまった・・・。
なんてことが。

JR北海道のホームページには列車の運行情報が記載されてますが
ローカル線の場合、20分程度の遅れは遅れと見なされないのか、「遅延はありません」
となるのがこれまた非常に悩ましいのです。





ワインディングロード

2018年10月14日 - ドローンフォト

20181012-DJI_0203-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



俯瞰で見ると、地上はいろいろなデザインが集結して出来ている
ということに気がつきます。




北海道/東川町







里山寸光

2018年10月13日 - ドローンフォト

20181012-DJI_0255.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



雨が降ったり止んだりの中、ドローンを上げるタイミングを見計らっていました。
というのはドローンは雨に弱いらしいので。早々に壊してしまうのは避けたいところです。
雨が止んだので上げてみると、ちょうど厚い雲の切れ間から西日が射して
沢沿いの集落を照らし出しました。
そしてかすかに虹も。
満たされたひとときでした。



ドローンフォト

2018年10月12日 - ドローンフォト

20181011-DJI_0118-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



白樺を主とした広葉樹の雑林。
こうしてみるとみんな太陽の光を浴びようと、懸命に手を伸ばしているんだなあ
と気づきます。


このドローンは4K動画も撮れますが、写真を撮るために導入しました。
これまでもミラーレス一眼をいくつも買ってますが、ほとんどのカメラの動画スイッチに触れたことない私です。
その理由は、写真の方が想像させる力があるように思ったり、一瞬で相手に伝わる良さがあったり
これまで経験してきた写真ならではの良さを知ってるということと、
動画は編集が超大変。という面倒くさがりな資質に大いに寄るものです。
もうこれ以上、パソコンの前で身体を酷使したくないという思いもあります。
(それでも何度かは仕事として撮ったことはありますが、編集は人任せでした)

このドローンMavic 2 Proは、静止画を撮るカメラ(Hasselblad L1D-20c)として見ると
1インチセンサーを持つ2000万画素のデジタルカメラです。
1インチといえば、デジタル一眼レフやミラーレス一眼としては小さいですけど
コンパクトデジカメと比較すると大きなセンサーを積んでると言えます。
写りの良いSONY RXシリーズやCanonのG5Xなどハイグレードなデジカメにも使われていますね。
その1インチセンサーで写真が撮れるドローンがMavic 2 Proということです。

実際に撮った画像を見ると、枝の一本いっぽんまで十分に解像しているのがよく分かります。
階調も広く、RAWデーターは眠いなあと感じるほどです。
JPEGは設定次第ですが、デフォルトではシャープネスが強くチリチリとして、メリハリが高く
(悪い意味で)1インチセンサーだなあと感じます。
でも見栄えは本当に良く、なかなか良く写るデジカメです。
レンズは換算28mm相当の単焦点、開放値はf2.8。
四隅の周辺部の解像がやや甘いのが残念なところです。






秋色の中を走る

2018年10月11日 - 鉄道のある風景

20181010-DJI_0088.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ドローンで撮りたかった一つが鉄道風景写真です。
北海道の鉄道がどういうロケーションの中を走っているのか
上から見てみたい。写真に撮ってみたいというものです。
そして消えゆく廃止対象路線も同様に記録したいと思っています。



20181010-DJI_0063.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ただどこでも飛ばせるわけではなく
航空法、小型無人機等飛行禁止法、道路交通法、民法、電波法
などの法律を遵守しながら、安全の確保、他者への迷惑にならないよう
場所を探すというのは、なかなか苦慮しそうです。






ジオラマ的紅葉

2018年10月10日 - スナップ

20181009-DJI_0057.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




上空からリアルタイムで送られてくる画像を見る(送信機に繋げた自分のスマホ画面を見ながら操作する)と
ごくごく近所なのにやっぱり北海道は特別素晴らしい環境だなと、気づきます。
(絶景がすぐそばにある)
そして画像はどこかジオラマ的に捉えられていて、面白い。

目線(視点)が変わると、単純な話、全てが物珍しく見えて、あれもこれも撮りたくなりますね。
海外旅行に行くと、シャッターの数が半端なく増えるようなものです。
家帰って改めて見直すと、大した写真はあんまり無かったなあ・・・
(でも楽しかったから良いよね。)
みたいな感じになってしまいそうです。
ドローンってやつは。



20181009-DJI_0067-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




スウェーデンの名門ハッセルブラッドのカメラ(Hasselblad L1D-20c)が載った中国製のドローンがある(新発売?)と知って
飛びついてしまったという話です。空飛ぶドローンだけにね。
DJI Mavic 2 Pro2 







デジタル HASSELBLAD 

2018年10月09日 - 機材ネタ

20181009-IMG_9803.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



新しいデジカメを買ってしまいました。
今度のはHASSELBLADです。
ハッセルのカメラを持つのは500c/m以来、何年ぶりでしょうか。

このハッセルで、どんな写真が撮れるのか楽しみです。
どんな高級機でも撮れないものが撮れるはずです。
なにしろ足がないのですから。




霧湧く沿線

2018年10月06日 - 鉄道のある風景

20181005-DSC_6080.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




寒暖の差が激しくなる盆地の秋は朝霧がよく出ます。
フォトジェニックな現象ですが、霧は流動的で、じっとしていてはくれません。
なかなか狙い通りにとはいなかいものです。
列車、早く来てくれー
と願わずにいられないことも。


新しく買ったFUJI X-T3ですが、スポーツモードや動体AFを試す機会が得られていません。
というのもXF50-140mmの望遠ズームが壊れてしまい、修理に出しているからです。
写りはいいFUJIですが、何かと故障が多いのは困りもの。
電子機器なので壊れることもあるでしょうが、その機会が多いのは僕のだけでしょうかね??
入れ替わり立ち替わり修理に出しているような・・・。



北海道/当麻町
NikonD750 TAMRON24-70mmf2.8 G2





朝陽の力

2018年10月05日 - 自然風景

20181005-DSC_6032.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




前日のうららかな日中から急降下
放射冷却で気温2℃まで下がった朝。
霧が立ちこめました。

昇ってきた太陽の力を身体で感じて
早起きして良かったなあと思うひとときです。

今日もこのあと22℃まで一気に駆け上がるようです。
太陽、すごいなあ。
そして、こんなとこで育った米は、きっと美味しいよね。



北海道/旭川市
Nikon D750 TAMRON24-70mmf2.8G2





黄金色の道端

2018年10月01日 - 鉄道のある風景

20180920-DSCF7224.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ちょっと前に撮った写真ですが、稲刈りももう終わりかけです。
日没も早くなって、日中に撮れる列車の数も減ってきました。




北海道/秩父別町(留萌本線)
FUJI X-T2 XF50-140mmf2.8



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com