撮り鉄グッズ 手作りマップ

2018年04月13日 - 機材ネタ

20180413-TATS4905.jpg

20180413-TATS4881.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



入学写真のシーズンが一段落して、頭の中は来週からの西会津行きのことでいっぱい。
ポータブル電源や電気毛布はすでに到着し、テストしたところバッチリ使えるのを確認。
これで一週間車で暮らしながらスマホやデジカメの充電はもとより、電気毛布であったまることもOK。
窓のサイズに銀マットをカットし、車を寝床にする環境も整いました。

合わせて沿線のいい撮影ポイントはどこにあるのか?をネットで情報収集しています。
ネットにはいろんな情報があって便利ですね。でもあちこち散らかっている有益な情報をまとめるのも一苦労します。
現地に行って、あれどこに載ってたか??とスマホで検索しまくるのは時間のロスです。

そこで地図をプリントアウトし、折りたたみ式にした厚紙に貼り付けました。
見た目ぶっさいくですね。
カーナビの地図って今走ってるポイントは分かりやすいけど、
全体図が分かりにくかったり、道路優先の表示のため地形が分かりにくいですよね。
そこで何枚かにわたった地図を貼り合わせ、撮影ポイントを書き込んでいってます。
空いた余白には運行時刻を知るためのダイヤグラム、勾配図、会津地方の全体地図を貼り付けました。
勾配図はSLが煙を吐く登り勾配を知るためです。
こんなのも運良くネットで拾うことができました。

こちら面はSLが走る磐越西線ですが、裏面には只見線の地図と情報を貼り付けてあります。
これを助手席に載せておけば、一目で全て把握できるというものです。

あとは現地に行ってからのロケハンです。
それを書き込んでいって仕上げていきます。
あれもこれも撮れるわけじゃないので、絞り込んでいくのです。
桜の咲き具合(残り具合)も非常に気になるところ。
さてさてどうなることでしょうか?
ワクワク。








春の計画

2018年04月06日 - スナップ

20180402-DSC_3246-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



春になってそわそわとしています。これ毎年のことなんですけど。
バイク乗りたい、コペンをオープンにして乗りたい、キャンプ行きたい、自転車にも乗りたい。
と遊ぶことで頭がいっぱい。
だけど、昨日も朝起きたら辺り一面真っ白で。しっかり雪が降り積もりました。入学式だったのにね。
今日も雪がちらほらと、寒いです。なので遊びたいリストはなかなか消化されません。
それでも強引にバイク乗ったりしてますけど、直ぐ根を上げて退却を余儀なくさせられてます。
モヤモヤが募ります。


春になったから桜が見たい。本州のソメイヨシノやしだれ桜を見たい。これも毎年のことなんですけど。
一昨日ふとネットを見たら、福島県の会津若松と新潟県の新津の間、阿賀川に沿って「SLばんえつ物語」号ってのが走ってて
タイミングが合えば、桜とSLが撮れるということが分かりました。
これは行きたい。って気持ちがむくむくと。
仕事のスケジュールも(悲しいかな)、空白。
こりゃ行くしかない。

飛行機で行って、レンタカー借りて、ビジネスホテルに泊まってというのが順当でしょうが
なんか面白みに欠ける。せっかくの春なのに。
ということで車で行くことにしました。
小樽ー新潟のフェリーに乗って、現地では5泊車中泊します。

早速Amazonで評価を見て容量の大きめなポータブル電源と、電気毛布を調達しました。
デジカメの充電用と寝るときの寒さ対策です。
夜は、年季の入ったアウディの荷室に寝袋に入って転がるのですが、
後部座席を前側に倒しても少し傾斜がついてしまうのがネックでした。
なんとかならないかと思案していたところ、後部座席の座面を(力技で)取り外すことに成功。
これで完全に平らな寝床ができあがりました。
(ただし元に戻せるのかは微妙・・・)
あとはロール状の銀マットをカットして、窓を塞ぐことができれば快眠が約束されたようなもの。
毎日ホテルまで帰らなくても、トイレさえあればどこでも寝ることができます。

飛行機と違って車で行くから機材は自在。
この際ニコンD500買うか・・・なんてこと危ない想像したりして。アブナイアブナイ。

風光明媚な磐越西線の非電化区間を往く「SLばんえつ物語」。
ちょっと足を伸ばせば只見線のキハ40も撮影できるナイスなロケーション。
22年ぶり?に訪れる会津地方。これぞ日本の田舎という環境です。
ぜひ桜も咲いて欲しいなあ。
さてどうなるか。
出発は4月の中旬です。
ワクワク。



北海道/東神楽町
Nikon D750 TAMRON SP24-70mmf2.8 G2










春の使者

2018年04月02日 - 自然風景

20180402-NIK_1830.jpg

20180402-NIK_1805.jpg

20180402-NIK_1890.jpg

20180402-NIK_1855.jpg
(c)Tatsuo Iizuka





春の風物詩、白鳥が飛来してきました。
渡りの途中、北海道でしばし休息していくのです。

彼らは日中、そこら辺の田んぼで落ちた稲か何かをついばんでいて
日が暮れるとねぐらに戻っていきます。
そのときに「くわーっ、くわーっ」って泣き声が響きます。
編隊を組んでやってくる光景は、見応えがあります。

白鳥は一生を家族、親戚?と一緒に過ごすらしく
飛ぶときもグループで編隊を組んで飛んでいます。
先頭で飛ぶのが家長ということでしょうかね。
相当の群れが居る中で、果たして自分の家族が分かるのでしょうか?
たまに間違って別の家族に紛れてしまってる子がいそうなものですが。

僕らには同じように見えて、ちゃんと個体差を認識しているんだとすると
不思議というか、相当高度な頭脳を持ち合わせているのが白鳥なのですね。
ともあれ、その姿は愛らしく美しいものです。




北海道/東神楽町
Nikon D7200 TAMRON SP150-600mmf5-6.3 G2




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の49才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com