涼風をあびて

2017年08月20日 - 鉄道のある風景

20170817-DSC05605.jpg

20170817-DSC05632.jpg

20170817-DSC05621.jpg

20170817-DSC05629.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



8月なのに気温が上がらず、過ごしやすいと言えば確かにそうだけど。
丸瀬布の森林公園のSL雨宮21号は、涼やかな風を受けて気持ちよさげに走ってました。

園内は昨年夏の水害の爪痕もまだ癒え切れてなかったけど
やっぱりSLは、みんなのヒーローだ。



北海道/丸瀬布町
SONY α7s + Vario Sonar 28-70mmf3.5-4.5 , 80-200mmf4 (Y/C)

金欠でNikon Df およびNikonシステム一式を処分。
しばらくは鉄道もSONY α7sとマニュアルフォーカスのコンタックスレンズで挑まなきゃ。
自転車並みのスピードだから追いピンもなんとか出来たけど・・・





雨宮21号

2017年08月18日 - 鉄道のある風景

20170816-DSC05444.jpg

20170816-DSC05486.jpg

20170816-DSC05456.jpg

20170817-DSC05603.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


北海道遺産に登録されている丸瀬布のSL雨宮(あめみや)21号に会いに行ってきた。

丸瀬布町には木を切り出すための森林鉄道が、かつて山の中に張り巡らされていた。
そこで小型の蒸気機関車が運搬に活躍していた。
森林鉄道の廃止後、余生をこの公園で過ごしているということだ。

北海道遺産のサイトから以下引用。
「雨宮21号」は東京・雨宮製作所で製造された初の国産11トン機関車。昭和3年、丸瀬布-武利意森林鉄道に配属され、国有林から伐り出した丸太や生活物資の搬送に携わってきたが昭和33年に廃止。地元の強い要望で昭和51年、北見営林局から旧丸瀬布町に譲渡され、町は“森林公園いこいの森”を建設、機関車を走らせた。森林鉄道蒸気機関車の動態保存は全国で唯一のもの。
引用以上。

雨宮21号、御年89歳。バリバリ現役ってのが凄いじゃないですか。
園内数キロのコースを、自転車くらいの速度で、10分かけて走ります。
運賃500円。

ほぼ平坦なコースながら、発車時と鉄橋を渡る時、ラストの少しの登りでは煙を吐き、警笛を鳴らす
「見せ場」もちょっとあって楽しめます。
林になっている園内はSLの「ポーつ」という音が響くので、それが耳に入るだけで心地良くなれます。



北海道/丸瀬布町
SONY α7s + Vario Sonar 28-70mmf3.5-4.5 , 80-200mmf4 (Y/C)






夏のバイク

2017年08月05日 - W650

20170803-20507611_916128201861321_6302356898791797413_o-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ここんとこ暑すぎる日が続いたのと、写真の町関連のイベントが続いたのがやっと一段落。
ということでバイク。

やっぱりいいわ~。バイク。
俺のW650もなかなかええでぇ。
くねくね道を何回も往復しては、コーナーリングを愉しんで。
と言ってもドン亀だし安全マージンはたっぷり取って。

2気筒エンジンの排気音にしばし酔いしれる。
そしてエンジン切って地べたに座ったら、聞こえてくるのは風が木々の葉を揺らす音だけ・・・。
ああ、俺は人混みが嫌いなんだよー。
そうだよ無理してたなあ。
とストレスを開放してあげてスッキリ。


20170804-IMG_836.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



バイクに跨がり走りだすと、停まるのがおっくうになってくる。
走ってるとき丁度いいあんばいの革ジャンは、停まると黒いから暑くて一気に蒸し暑く、
ヘルメットを脱ぐのも面倒くさいから、
なかなか停まって写真を撮ろうということにはならない。

なので撮るのはたいていiPhone。
そろそろバイクに積める軽くて望遠の効く小さいカメラが欲しくなってきた。
でもね、走りながら瞬時に過ぎ去って行く風景がきれいなんだよね。
写真には写せないけどね。

夏の間にキャンプツーリングに行くぞ−。







「高校生国際写真写真フェスティバル」最終日

2017年08月02日 - お知らせ

20170731-IMG_8293.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



写真甲子園が終わり、フォトフェスタのメインイベントが終わり、高校生国際写真写真フェスティバルも今日8月2日が表彰式と閉会式を迎える。

自分が審査員の一人として加わった「高校生国際写真写真フェスティバル」では
いろんな国の写真好きの高校生たちが、気候や言語、文化の違う町の様子や人々に、大いなる関心を持って撮影を楽しんでいた。
発表会に参加して、出逢った町民に言葉の壁に関わらず積極的にコミュニケーションを取りながら撮影された写真の数々に感心した。
もちろん通訳者やスタッフのサポートがあっての運営であり、一日中彼らを気遣う裏方さんたちの尽力には頭が下がる。

驚くことに、海外から参加の13か国の内、なんと12か国の通訳者が東川町に在住の方によるものなのだ。
ミャンマーを除く、中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・カナダ・オーストラリア・ラトビア・ウズベキスタン・アメリカ。
その通訳を町の臨時職員や、留学生たちが担ってくれているのだ。
人口8千人の北海道の町なのに、なんという東川町のポテンシャルだろうか。

これが町が描く国際交流、主催する国際写真フェスティバルのひとつなのだ。
「高校生国際写真写真フェスティバル」はまだ3回目の開催ということで、周知にはまだまだ不十分だが、こんなことをやっていることを知っていただけたらと思う。

そして「高校生国際写真写真フェスティバル」はコンテスト形式にもなっている。
インターネット投票で広く投票を受け付けているので、興味有る方はぜひ。

http://i-hsspf-e.hjk.ne.jp/submitted1.html


上の写真は、私が講評を担当した第一日目の作品発表会の一コマ。
このイベントが交流と写真コンテストの優劣のみならず、
写真の勉強や、気づきの場でもあるように、
撮り方、見せ方、選び方、タイトルとの整合性などについて
少し辛口でコメントさせていただいた。

格別暑い北海道・東川町での良い思い出を胸に、明日にはそれぞれの国に帰っていくのだなあ。
8日間にも及ぶ長い日程、
役場の担当職員の方、スタッフの方達お疲れ様でした。














カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net