臼田健二写真展「森の種」

2013年05月28日 - お知らせ

img041.jpg


写真仲間の臼田さんの新しい写真展です。

臼田健二写真展「森の種」
5/29(水)~6/10(月)火曜休館
新札幌ギャラリー 10:00~19:00

モノクロ ゼラチンシルバープリント 新作主体の27枚の展示

会場へのアクセスは「新札幌ギャラリー」をごらんください。
秀逸なプリント群を拝見しに、私も出かける予定でいます。







一日限りの花見

2013年05月28日 - 野矢の森

20130527-TATS4119.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


山際にあって、町よりも標高が少し高い我が家のまわりにも桜前線がようやくやってきた。
家の裏には近所の野矢のじいさんが手入れしている林があって、
雑木林の四季を窓から見たり、朝の散歩に犬と一緒に歩いたりしている。
今年は連休が明けてもなお雪が降ったりして、ずいぶん気をもんだりしたけど
林の外れにある大きな桜も、昨日ようやく満開の花びらがついた。
この辺では見かけることが難しいほどの大きさと枝振りの良さは、野矢のじいさんが手を掛けた証しに違いない。
それをボクは毎年花を咲かせるひとときだけ、写真に撮ったりして楽しませてもらっている。

さて、昨日ようやく満開を迎えたこの桜だったが、
こともあろうか、昨日は28℃。そして今日はおそらく30℃を越す夏の暑さになった。
それによって、花が急速にしぼんでしまった。
花びらがこの枝に咲き誇ったのは、わずか一日。
無情というのか、刹那というのか。

先週までは寒いとヒーターをつけていたのに、昨日からはエアコンが稼働している。








夜桜

2013年05月27日 - OM-D

20130526-TATS4081.jpg
(c) TatsuoIizuka

日中、陽の当たる場所では暑いくらいになった日。
日が沈むと、苗が植え始められた田んぼからの蛙の大合唱が谷間に響き渡る。

数秒間の露光に加え、弱めにストロボをリモート発光。
青く下りた夜の帳の中に桜の花びらを浮かばせた。








ほとりのさくら

2013年05月26日 - OM-D

20130525-TATS3442.jpg
(c) TatsuoIizuka


やまあいの水辺にもやってきた春のいろどり。


今朝の朝日新聞北海道版に、先のエントリーの流山温泉駅に留置している新幹線車両が、老朽化と北海道新幹線の開業が決定しその役割を終えたとして、6月末までに撤去されることが決まったとの記事をみつけた。
おつかれさまでした。





私を遠くに連れてって

2013年05月25日 - OM-D

20130525-TATS3427.jpg

20130525-TATS3409.jpg
(c) TatsuoIizuka


車の上に花ひとひら、またひとひら

川の流れに浮かび
雲のなかを漂うように









夕暮れ雨のさくら

2013年05月23日 - OM-D

20130523-TATS3077.jpg
(c) TatsuoIizuka


仕事帰りに立ち寄ってみますと
東川町キトウシ森林公園の桜がどうやら見頃を迎えたようです。
5月23日。例年より2週間ほど遅れてきた春です。

とはいえまだストーブが欠かせません。本州では夏のような陽気だそうですが。
夕暮れの雨に打たれ、寒そうな桜たちでした。
私は濡れないように車窓から・・・。











こどものくに

2013年05月23日 - ハッセル500CM


20130523-img029.jpg

20130523-img031.jpg

20130523-img032.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


市電に乗って立ち寄ったのが「函館公園・こどものくに」
こじんまりとして、のどかで、そしてレトロな雰囲気の遊園地。
昭和の雰囲気が漂う園内で、ひときわ異彩を放っているのが観覧車。
日本最古の現役観覧車です。
1950年(昭和25年)製の御年63才。
7年ほど前にこの観覧車の存在を知って以来の念願が叶い、見て来ました。
高さ10mの小さな観覧車ですが、
高いところが苦手な私は、乗ろうかどうかしばらく逡巡しているうちに
閉園の時間になり、「しょうがないなあ〜」
と、園を後にしました。


ハッセル500c/m KODAK EKTAR100







市電にて

2013年05月22日 - GR

20130508-R0010615.jpg

20130508-R0010656.jpg

20130508-R0010671.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


函館滞在の一日は車をホテルに置いて、市電で出かけました。
一日乗り放題で600円と格安ですし、「電停」で待てば10分おき程度でやってくるから便利です。
それに車内で地元の方たちの生活を垣間見るのもいいものです。
路面電車のレールが伸びる町ってステキです。
生まれ育った大阪・阿倍野がそうだったからかな。

RICOH GR ピクチャーエフェクト「レトロ」で撮影。










函館山要塞

2013年05月21日 - 北海道の戦争遺産

20130508-R0010539.jpg

20130508-R0010545.jpg

20130508-R0010574.jpg
(c)Tatsuo Iizuka
RICOH GR


こちらは夜景で有名な函館山に今も残る、要塞跡。
日ロ戦争前にして日本陸軍は、函館山にいくつもの軍事要塞を築き上げました。
海上から見えない位置に大砲を置き、
津軽海峡を見渡せる位置に観察所を設け、敵軍の来襲に備えたのです。

軍事上の秘密を守るため、数十年の間、市民の立ち入りが規制されていたという函館山。
今では自然にふれあう場所としてハイキングコースが作られています。
その中に要塞の跡が残っているのです。

写真は千畳敷にある戦斗司令所跡です。
奥に見えるのが函館山のロープウェイ駅がある展望台。
実はその展望台も要塞の上に立っています。

3枚目の写真が司令所内部の電話室です。
レンガ造りの神殿のよう。
このような美しい状態で軍事施設跡がみられるのは全国的に珍しいようです。








汐首岬砲台跡

2013年05月15日 - 北海道の戦争遺産

20130507-R0010457.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


津軽海峡の東にある汐首岬。
目前に本州青森県の大間崎が見える。
そこにある汐首岬砲台跡。
津軽海峡の防衛のため昭和5年に砲台が備え付けられた。

先の戸井線は、この汐首岬砲台に物資と人員を運ぶために建設を急がれたものだった。

カムフラージュのため迷彩塗装が施された砲側庫が、今も現存する。
砲弾倉庫、観察所などは戦後GHQによって爆破されたという。
裏に見えるフェンスは、高校のテニスコート。


GR











産業遺産を巡る旅・道南3

2013年05月13日 - OM-D

20130507-R0010461.jpg

20130507-TATS1681.jpg

20130507-TATS1700.jpg
(c) TatsuoIizuka


未だ完成を見ず。
だから「未成線」と呼ぶ。
日本全国には未成線が数多く存在し、
旧国鉄戸井線もその未成線のひとつ。

国鉄戸井線は函館・五稜郭から汐首岬を経て戸井に至る鉄道として昭和12年に着工。
しかし、戦局の悪化により昭和18年に工事が中断となる。
7年の工期を経て、路盤はもとよりトンネルやコンクリートの橋脚などが出来たものの
工事が再開されることはなく
その用途をなさないままに現在に至っている。

なかでも圧巻なのが、一枚目の写真にあるコンクリートアーチ橋。
ローマの水道橋を彷彿させる。
直ぐ下には民家があり、その対比が余計に存在感を高めている。
目の前には津軽海峡。そして青森まで見渡せる位置にある。

コンクリートアーチ橋といえば、糠平湖近郊に点在するものが有名だが、
それは旧国鉄士幌線跡のもので、実際に列車が往来していた。
この戸井線のアーチ橋は、一度も列車が通ったことがないところが大きく違う。
それだけ無情な風景と呼べるのかも知れない。

では何故、工事が中止になってしまったのか、そもそも戸井線の目的とは何だったのか。

産業遺産を巡る旅・道南2

2013年05月12日 - GR

20130507-R0010423.jpg

20130507-R0010417.jpg

20130507-R0010427.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


明治の終盤から大正にかけて建設された発電所の跡。
函館に電力を供給していたという。
人の暮らしに明かりをともし、なくてはならない存在であった。
昭和40年頃に別の大きな発電所が作られると、その役目を終えた。
以来50年近く経ち、人目につかない所で静かに余生を過ごしているかのよう。







産業遺産を巡る旅・道南1

2013年05月11日 - GR

20130507-R0010390.jpg
(c) TatsuoIizuka


道南より戻ってきました。
5/9の木曜日に松前まで行ってきたのですが、桜はちらっと咲き出したばかりでした。残念・・・。
もっとも今回のメインは道南地方の産業遺産、戦争遺産を訪ねることがメインで、
その点では充実した撮影となりました。

旅の最中、大活躍したのが新しいGR。
その魅力は、何と言っても「ポケットに入るAPS-C」。
本当に便利、かつ高画質。
ジャンパーやジーンズの後ろポケットにも入るので、気負いなく・ストレスなく撮影できました。

この写真はGRのjpeg撮りっぱなしの画像。
旅の最初の写真がこれなのか?と思われそうですが、
盛りだくさんで整理できてないので、取り急ぎ。

この東北新幹線200系も産業遺産といえるかも。
北海道新幹線の早期開業を願って、津軽海峡を渡り、2002年に函館本線流山温泉駅(無人駅)のホームに横付けされたものだとか。
















駆ける

2013年05月07日 - GR

20130506-R0010310.jpg
(c) TatsuoIizuka


雪が止んで気温も少し上がり雪が融け、揚々と自転車を駆る長女。
それでも頬に当たる風はまだまだ冷たい。
コンティニュアスAF、シャッター速度優先Tvモード、連写モードで流し撮り。
一眼レフっぽいことも可能です。





120km/hメーター

2013年05月06日 - GR

20130504-R0010141.jpg
(c) TatsuoIizuka


近撮性能はGR-Dのまま。
AFも速い。
メタリックと砂埃のリアルな描写もいい。
ISO1600にて。


GW最終日ですが、さきほどから雪が降り積もり始めました。
行楽には無情の悪天候が続いています。
しばらく太陽見てないよなあ・・・。
















かつての改札あたり

2013年05月05日 - GR

20130504-R0010286.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


かつて炭鉱があった町。
そこには鉄道があり駅があった。
1989年廃止というから24年の月日が経つ。
駅舎は住宅に改造されたが、風雪のあとが随所に刻まれた風貌となっている。

三井芦別鉄道 緑泉駅跡


新しいGRはローパスフィルターレスのAPS-Cのセンサーに変貌し、線の細やかな描写をするようになった。
28ミリ相当の広角レンズだが、自然なボケがもたらす自然な立体感が心地よい。
誇張されすぎていないところに好感が持てる。
あくまで自然に、さりげなく。
と言ったところか。








GR 2013

2013年05月04日 - GR

20130504-R0010270.jpg
(c) TatsuoIizuka


発売前(5/24日発売開始)のRICOH GRを特別に借りることができた。

今回のモデルチェンジでGR DIGITALからGRに名称が変更。
なんと1/1.8のコンデジサイズのセンサーから、APS-Cサイズの一眼レフ並みのセンサーに大きくなった。
それでいてサイズはわずかのアップにとどめ、フィルム時代のGRとほぼ同寸に納めているという。
すっぽり手に収まるコンパクトサイズにも関わらず、操作性は抜群。
使ってみると、「う〜ん、さすが」と感心します。
さらにこのGRからは(EOSで使い慣れてる)親指AFができるようになったのも個人的にポイントが高い。

起動も、AFも速く、ストレスフリー。
高ISO感度は1600、場合によっては3200でもOKっぽい感触を得た。
スナップシューターとして申し分ないカメラに生まれ変わっているようだ。
絵の評価はこれからだけど、使い込みたくなるカメラであることは間違いない。









5月の雪

2013年05月03日 - X20

S0018479.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


一夜あけるとまたもや雪景色。
ぶるっと震える寒さです。






リビングより

2013年05月02日 - X20

20130501-DSCF8452.jpg
(c) TatsuoIizuka


夕食前、リビングから見る風景。
こんなに寒いけど、5月になったから遊水池には水が張られた。

GW明けに道南に撮影に行こうと企んでいる。
ちょうど桜も見頃だろうと思っていたが、果たしてどうなるか?
桜を撮るのが第一の目的ではないのだけど、何年かぶりにソメイヨシノの咲き誇る様子もぜひ見てみたい。
(道北ではエゾヤマザクラしか咲かないので)

持って行く機材をどうするか思案中。
車で行くからといってあれこれ積んでしまうと、かえって撮影結果が芳しくないのは経験済み。
撮りたいものに合わせるのが筋かも知れないけど、先に機材を決めると、それに合った被写体探しの撮影行になる。それもまた良しか。
メインはハッセルで行くと決めて、ヨドバシ.comでコダックのトライX15本に加えカラーネガも5本注文した。
やっぱり桜。咲いてほしいな。







5月

2013年05月01日 - X20

20130430-DSCF8444.jpg
(c) TatsuoIizuka


今日から5月。
天気予報の上には雪マークが続いていますが、午後から太陽が顔を出しました。
久しぶりの日差しです。
デスクワークを早々に切り上げ、ドライブ&撮影に。
しかし風は冷たいまんま。









カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net