Coju Hemmi写真展「Quiet Delight」

2012年11月30日 - お知らせ

20121118_266225.jpg
(c)Coju Hemmi

写真仲間のCoju Hemmiさんが、東京では初の個展となる「Quiet Delight」を広尾のEMON PHOTO GALLERYで明日より開催させます。
Coju Hemmiさんとの付き合いはもう10年近くになるでしょうか?
ネットで写真の美しさに惹かれ、こんな方が北海道にいたんだと即アプローチして、札幌で飲み明かしたのがきっかけです。
転勤でその後神戸に行ったり名古屋に行ったりで現在は東京在住。
彼とはこれまで大阪や東京や横浜や北海道で、写真をつまみに飲んできた仲でもあります。
そう、Coju Hemmiさんは転勤族で吞兵衛で写真好きの日本人です。

今回の展示は『心の中に広がる「果ての風景」』をテーマとした、スコットランドの風景写真。
ファインアートと呼んでいい珠玉のフォトたちの展示になることでしょう。
写真以外の仕事をきっちりやりつつ、作品をまとめあげ、ついに都心の一流ギャラリーで個展開催までこぎつけたCoju Hemmi。
期間中、彼がこよなく愛するモルトウイスキーをふるまう日も設定されているようです。


Coju Hemmi 『Quiet Delight』 写真展

2012年11月30日(金)~12月21日(金)
平日:11:00-19:00 土曜:11:00-18:00 日曜:休廊

EMON PHOTO GALLERY エモン・フォトギャラリー
http://www.emoninc.com
106-0047 東京都港区南麻布5-11-12 togoBldg.,B1F
TEL: 03-5793-5437
平日11:00-19:00 土曜日11:00-18:00 日曜休廊 入場無料
日比谷線・広尾駅1番・3番出口よりCITIバンク銀行の路地から
突き当りを左折、Y路地を左に30m入った東郷ビル地下1階。

在廊予定:11月30日(金)(14:00-)、12月1日(土)、8日(土)、15日(土)、19日(水)(18:00-)
モルト・デー:12月1日(土) 無料
クロージングパーティ:12月19日(水)18:00-20:00 無料

2012年11月30日 - RX1

20121129-DSC00741.jpg
(c) TatsuoIizuka






inside/outside

2012年11月29日 - RX1

20121129-DSC00742.jpg
(c) TatsuoIizuka
SONY DSC RX1






降雪

2012年11月29日 - RX1

20121127-DSC00634.jpg

(c) TatsuoIizuka

SONY DSC RX1
内蔵フラッシュON




水面

2012年11月28日 - RX1

20121128-DSC00664.jpg

(c) TatsuoIizuka
SONY DSC-RX1

今朝は久しぶりに朝から晴れ。




水面

2012年11月27日 - RX1

20121127-DSC00570.jpg

(c) TatsuoIizuka













雪の水辺

2012年11月27日 - RX1

20121127-DSC00513.jpg

(c) TatsuoIizuka

RX1 Sonnar 2/35

今朝は湿った雪が降り積もりました。
ウチの近くの湧水池に立ち寄ると、しんしんという音のない音が聞こえるようでした。








ちょっとピンぼけ

2012年11月25日 - RX1

DSC00352.jpg
(c) TatsuoIizuka

SONY DSC-RX1 Sonnar2/35

この写真は失敗作です。
目にいくべきところのピントが帽子のマークに来てしまってます。
フルサイズ35mmの開放F2でこの距離だと、ピントの合う範囲(被写界深度)は相当に浅いですね。
ボケ方は滑らかで癖がありません。
上品な描写をします。さすがの専用設計です。

RX1を、F2開放で動きのなかでスナップするには、AFはしんどいものがあります。
ソリで滑ってきた娘を慌てて撮った上の写真では上手くいかなかったけど、じっとしていてくれれば、瞳にバシッと合わせてくれます。
全身が入る距離では顔にドンぴしゃに。100%原寸で見ると感動ものです。
そのあたり、撮像素子面でピントを検出するコントラストAFならではなんでしょうね。
位相差AF方式の一眼レフ、例えば5DMarkIIとEF35mmF2の組み合わせではジャスピンが難しい距離間でも、このRX1の的中率は高そうです。

冬夜歩き2012_1

2012年11月23日 - RX1

DSC00342.jpg
ISO12800
(c) TatsuoIizuka


RX1らいしい絵でも、RX1でなければ撮れない絵でもないけれど、
ISO12800でも低ノイズで、ミラーレスだからミラーショックがなく、レンズシャッターだからシャッター音も響かない。手持ちで撮れて撮り逃げもしやすいっていう優位性ってのは確かに感じる。
ただし、暗所でのAFは厳しい。
それにフルサイズの、被写界深度は思いの外浅い。

出迎え

2012年11月22日 - RX1

20121122-DSC00067.jpg
ISO100 F2

20121122-DSC00156.jpg
ISO12800 F2
(c) TatsuoIizuka

SONY DSC-RX1 Sonnar2/35mm T*


和解になってひとつ厄が落ちた気になって、裁判所を出たその足で銀行のATMに向かった。
免責で自己負担していた修理代が戻ってくると弁護士に言われたのにも背中を押された。
ネットショッピングでコンパクトデジカメを新調した。

今日それが手元に届いた。
大きさは紛れもなくコンデジ。GXRやDP2merrillよりやや小さいくらい。
しかし、レンズの存在感、塊感がただごとではない。

誇らしげなT*コーティングのマーク。
写りの方はどうなのか?
これから付き合いながら探っていきたい。

今日分かったのは開放f2でもシャープなこと。ISO12800でも低ノイズだということ。
娘達を迎えに行ったときの写真を上げてみます。

夜のポスト

2012年11月21日 - GXR

20121120-R6013185.jpg
(c) TatsuoIizuka


夜歩きが楽しい季節になりました。
寒ささえ耐えれれば。
それと他人の目も。

RICOH GXR A12Mount NOKTON classic 40mm F1.4

バス停

2012年11月20日 - GXR

20121120-R6013193.jpg
(c) TatsuoIizuka


今年一月に起こした接触事故で、いいがかりとしか思えない裁判をおこされ、人生初の被告人となってしまいました。以来、心中穏やかにいかない日々を過ごしてました。
しかも原告は自分の母親よりも年上だったものだから、「正義はどこじゃ?」という憤りと落胆はなおさらです。

それが今日ようやく向こうが非を認め、裁判官の勧めで和解となりました。
いったい何だったんでしょうかね。ホントやれやれです。
事故以来、車にはドライブレコーダーを取り付けました。物言う証拠になりますから、みなさんにも是非おすすめしたいです。

遅れてきた冬

2012年11月19日 - GR-D IV

20121119-R0012490.jpg
(c) TatsuoIizuka


昨日、ようやく初雪が降り積もった。
旭川の初雪としては1888年(明治21年)の観測開始以降もっとも遅い初雪だそうで、昨年より46日も遅かったようだ。
こう書くと待ち望んだ雪。のようだが、ついに来たか・・・というあきらめにも似た気持ちも強い。
特に昨年は大雪で、自宅とカフェと旭川の写真スタジオと、雪ハネに追われたことが気を重くさせる。
フォトジェニックな冬の雪ではあるが、雪がきれいだなと思って写真を撮る気持ちにはなれなかった。
美しくもやっかいものの雪。

今年はもっとポジティブに冬の時間を過ごしたいと思っている。

一枚

2012年11月15日 - DP2Merrill

20121114-SDIM0532.jpg
(c) TatsuoIizuka


映画館で「北のカナリアたち」を見た。
深い味わいがあって見応えのある邦画だった。
人生、表もあれば裏もある。
陽の当たる面もあれば影もある。
月日が移ろえば、影に陽をあてててくれるだろう。

坂道

2012年11月12日 - 写真

20121023-IMGP0731.jpg
(c) TatsuoIizuka


陽の当たる場所よりも、わずかな光を探してやりたいと思う。

室蘭にて

有珠山西山火口散策路より

2012年11月08日 - 写真

20121024-IMGP1040.jpg
(c) TatsuoIizuka

少々説明的な写真になりますが、散策路からは隆起のあとや火口が見られます。
中ほどに見える崩壊した建物は、洞爺湖銘菓の「わかさいも」工場。先に進むと民家らしき建物、幼稚園が無残な形で残されています。(間近でそれを見ることができます。ここではあえて写真の掲載を控えておきます)
爆発で降り注いだ岩が建物を打ち壊しています。住民や園児達は避難を済ませていたので、無事だったということです。
左に見えるのが奇跡的に残った一本の木。電柱に引っかかって留まっているようにも見えます。
奥にひろがる太平洋と町並み。のびやかな風景との対比が無情にさせます。

20121024-IMGP0969.jpg
(c) TatsuoIizuka

散策路の入り口付近。かつての国道と町道の交差点のようです。陥没で池のようになってしまっています。

有珠山西山火口散策路は、自然の持つ力の凄さを間近で感じ取ることのできる場所です。


散策路

2012年11月06日 - 写真

20121024-IMGP0981.jpg
(c) TatsuoIizuka


荒涼とした風景は季節のせいでも気のせいでもない。
2000年に爆発した有珠山の西山火口の散策路にて。

かつて下り坂だった道路は隆起により70m押し上げられ、寸断された。
分かりにくいが画面右には50kmの速度制限の標識が見える。
枕木を敷き詰めた急な登り坂の散策路を行くと
まわりのススキ原からは今でも蒸気があがっているのが見てとれる。

移ろい

2012年11月05日 - OM-D

TATS1339.jpg
(c) TatsuoIizuka


昨日と同じ今日はなく、今日と同じ明日もたぶん、来ない。
そうして季節が巡り、年月を経ていく。

西日を浴びて

2012年11月02日 - OM-D

20120928-TATS4408.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


遠く岡山から撮影に来てくれたファミリー。
あれは3年前だったか?雪の中でウエディングドレスとタキシードで撮ったのが出会いでした。
家族が1人増えて再訪してくれました。

撮影日は直前に雨に降られあえなく中断。
日にちを改め、再度アタックで撮れた夕暮れ時。
強い西日がファミリーを照らしてくれた。
なんだか奇跡のような光景でした。

11月

2012年11月01日 - GXR

20121101-R6013112-2.jpg
(c) TatsuoIizuka


気づけば広葉樹の紅葉もほとんど落ち、最後カラマツの黄葉を待つのみとなりました。
そろそろ冬タイヤに交換しとかないと。
今日から11月。

薄い霧の朝。今日はお休み。こんな日はズマロンで。

GXR A12Mount Summron f=3.5cm

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net