秋桜

2011年09月30日 - GXR

コスモス
(c) TatsuoIizuka


好きな花のひとつ、秋桜。
家の前の歩道に咲くのだけど、今年は花のつきも色合いも今ひとつだった。
そんな地味な年でも、夕暮れの雨上がりなどしっとりと可憐に見えるところなんかがいい。

GXR A12Mount M-ROKKOR90mm F4

Violinist

2011年09月28日 - 北彩都スタジオ

narikojpg.jpg
(c) TatsuoIizuka


公演前のひととき。
フォトシーズン北彩都スタジオでくつろぐヴァイオリニスト。

このあと、旭川初のコンサートにて、素敵な旋律を奏でてくれました。
高杉奈梨子。

高杉奈梨子「夜想曲」コンサート旭川

2011年09月25日 - お知らせ

NARIKOE5A49CE683B3E69BB2のコピー



Junco&Cheepのコンサートに帯同しているストリングスの一人、ヴァイオリニスト高杉奈梨子の旭川初のコンサートが、9月27日(火)19:00~神楽の「木楽輪(きらりん)」で行われます。
クラシックからポピュラー、映画音楽まで幅広い演奏と映像の舞台です。
演奏曲のひとつに「白い夜」があり、飯塚達央の作品「白い夜」がスクリーンに上映されることとなってます。
ぜひ、秋の夜長をヴァイオリンの調べでお過ごしになってください。
ピアノを弾くのは旭川出身の小泉香織さんです。
入場券はフォトシーズンでも発売中です。090-2070-7727までお電話ください。

蛇足の説明ながら、飯塚も少しだけゲスト出演いたします。
といっても演奏できるものと言えば、ハラヅツミとホラが少々なので、しゃべるだけですが。

「草の芽カフェ」プレオープン

2011年09月25日 - 草の芽カフェ

草の芽虹
(c) TatsuoIizuka


「草の芽カフェ」プレオープンイベント「da:izu市場」はたくさんの来場者で盛況に終わりました。
焼き鳥をつまみにビールを呑んで過ごそうという目論見は早々に消え去り、テントの設営に始まり、「草の芽カフェ」のカウンター内でコーヒードリップと洗い物に追われることとなりました。
集落の方達や顔なじみの方にも多数来店いただき、狭い店内にはいただいたお花がたくさん。
心配していた天候も良く晴れ渡り、暖かかったのも何よりで、特製パフェも良く売れました。
閉店間際には激しい夕立に見舞われ、テントでの出展者の方達はずぶ濡れの撤収となってしまいましたが、大雨のなか、大きな虹のアーチが2重にかかりました。
「草の芽カフェ」のプレオープンを祝ってくれたんだと勝手に解釈して、めでたしめでたしのフィナーレとなりました。
年に何度も目にする虹ですが、ここまではっきりと出るのはそうありません。しかも虹の根本(?)がすぐ目の前の道路だったのです。これには子供たちも大興奮。
「虹の根本には宝が埋まってるのよ」と大人に言われ、近くに行ってみましたが残念ながら根本をしっかり確認するには至りませんでした。


「草の芽カフェ」は10月5日(水)よりグランドオープンします。
営業は水・木・金の10時~16時まで。
〒071-1461 北海道上川郡東川町東11号南4 
0166-82-6080

よろしくお願いします。

「草の芽カフェ」プレオープン

2011年09月23日 - お知らせ

daizu-ichiba_convert_20110809210424.gif


先週まで車内やスタジオでエアコンをつけてたのに、今週一気に10℃くらい気温が下がり、朝は一桁代でストーブが必要。日中も「寒いですね~」が挨拶になった北海道です。
昨日、山の上に雪が降り積もっているのが見えました。
風邪を引いちゃったのは飯塚だけではないようです。

そんな寒さの中ですが、9月24日(土)に、東川のアトリエ・フォトシーズンでおなじみの手作り人妻集団によるイベント「dai:zu市場」が開催されます。
空き地に広げたテントで雑貨や食品などの販売のほか、ランチやスイーツのカフェも営業します。
いよいよ10月5日にウチの奥さんがアトリエ・フォトシーズン改め「草の芽カフェ」の営業を始めることになったのですが、それのプレオープンイベントでもあります。

継続的な活動で今回のイベントも多くの人で賑わうだろう「dai:zu市場」です。
その賑わいが「草の芽カフェ」につながることを願ってます。

「草の芽カフェ」は10月5日OPEN。水・木・金の10時から16時までの営業です。

「新山清の世界」東川文化ギャラリー

2011年09月22日 - お知らせ

kiyoa.jpg


新山清の写真展「新山清の世界」が東川文化ギャラリーで始まり、先日見に行ってきました。
東京から会場に来られていた、ご子息の新山洋一さん(コスモスインターナショナル社長)の解説をいただきながらじっくり拝見しました。
写真を見ながら、実に楽しいひとときを過ごすことができました。
なぜなら、新山清さんが楽しみながらこれからの写真を撮ったんだということが見えるからです。
造形的に切り取られたモチーフ。時代を客観的に記録したスナップ。
カメラを変え、機材に工夫を凝らしつつ、市井でとり続けた写真たち。
きっとご自身でも「やったぞ!」「良く撮れた」とにやにやしながら、次の撮影の構想に胸を膨らませていたに違いないと思わせるのです。
これこそが写真の愉しみ・原点なんだと改めて感じた写真展でした。
残念ながら、新山清さんは志半ばで暴漢に襲われ昭和44年にこの世を去ってしまうことになるのですが、40年以上の時を経ても新鮮な驚きと見る快感を与えてくれる写真群です。
東川文化ギャラリーの展示は10月2日まで。10:00~17:30 期間中無休 入場料町外の方200円です。


また同時期に横浜でも写真展を開催中とのことです。

kiyob.jpg


生前遺影写真

2011年09月14日 - 5DmarkII

IMG_1957.jpg
(c) TatsuoIizuka



80才の記念を「傘寿(さんじゅ)」と言うんだそうだ。
その傘寿の記念に額装写真をプレゼントするというのが「写真の町・東川町」の企画のひとつにあって、町内指定写真店のひとつに挙げてもらっている。

はじめてお会いしたこのおじいさん。
何とも柔和な表情で、わずかなひとときをおしゃべりしながら楽しく過ごさせていただいた。
「迎えが来たときの写真に使うから良く撮ってくれ」
縁起でもない話ではあるけど、そのときがやって来たときには、ボクが撮った写真を使って欲しいと思いを込めてシャッターを切った。
そして、会葬者の皆さんが「このじいさんらしい写真だね」と言って微笑んでもらえたら本望だ。


清楚

2011年09月13日 - 北彩都スタジオ

清楚

(c) TatsuoIizuka


美しい花嫁姿はスタジオ中の空気を一変させる。
カメラマンは確かな手応えで一日満たされた気分で過ごすことができる。
終了後のスタッフの顔つきも朗らかだ。
北見から駆けつけてきた花嫁のお父さんが「わざわざ見学に来た甲斐があった」と言ってくれたのも何よりだった。

安全地帯PV

2011年09月12日 - お知らせ

スクリーンショット(2011-09-12 22.38.10)


安全地帯のニューアルバム「安全地帯Ⅻ」が9月14日にリリースされます。
収録曲3曲のプロモーションビデオをEOSデジタルで撮影させてもらっています。
うち1曲「清く正しく美しく」がyoutubeにフルバージョンでアップされました。
http://youtu.be/XYfFDuV3fL8
13分という長いPVですが、ごらんください。

またショートバージョンながら「結界」もアップされています。
http://youtu.be/9aZ9M-CiwE0
こちらは東京での撮影が中心で、旭川の仲間、加藤亮くんが主に撮ってます。

飯塚の初の動画撮影仕事が安全地帯のPVになりました。
5DMarkII 7D 60Dと3台を同時に(うち2台を三脚や地面などに据え置き)撮影しています。
臨場感と緊張感を出すため、殆どリハーサルなしの1テイクでした。
玉置浩二監督および主演のプロ魂に触れた撮影期間はとても刺激的な日々でしたよ。


一枚

2011年09月12日 - 北彩都スタジオ

可笑しい
(c) TatsuoIizuka


何がそんなに可笑しかったのか、思い出せなくても
きっとこの家族にとって良い思い出の一枚になってくれることだろうと思う。



異文化交流

2011年09月11日 - GXR

異文化
(c) TatsuoIizuka



穏やかな日

2011年09月10日 - GXR

穏やかな日1
(c) TatsuoIizuka


GXR A12Mount NOKTON CLASSIC40mmF1.4

女性の夢

2011年09月08日 - 北彩都スタジオ

ミセス
(c) TatsuoIizuka



今日の「フォトシーズン北彩都スタジオ」のお客様はボクより年上のご夫婦でした。
念願のドレスに身をまとい、喜びいっぱい溢れていたお嫁さん。
スタジオに来てからも、乗り気でなかったご主人も、奥様の美しさにスイッチが入り、途中から楽しい撮影タイムとなりました。
幸せムードがスタジオ中を満たして、こちらまでも幸せな気分にさせてもらいましたよ。
スタジオを始めてよかったなと実感したひとときでした。
そして一つの手応えを感じました。

「フォトシーズン北彩都スタジオ」は、大人のカップルを応援します。
上手い表現が見つけられないのですが、端的に言いまして、中年女性〔失礼)の夢を叶えてあげようと思います。
真っ白いウエディングドレスを身にまとい、ヘアメイクを施してもらい美しく変身した姿を、自然光溢れるスタジオで、美しく撮ってみせたいのです。
カップルでなくてもいいです。

具体的なプランはこれからですが、女性の夢が叶う写真スタジオにしたいなあ。


ジュンコとチープ昭和ノスタルジア旭川公演終了

2011年09月05日 - お知らせ

Jc旭川



ジュンコとチープ「昭和ノスタルジア」ライブin旭川願船寺公演が昨日9月4日に行われました。
(うしろにいるのは「みちくさファイブ」の面々)
ああ面白かった!盛り上がった!燃えた!すっきりした!
実行委員会としてのサポートの苦労も、開場の盛り上がりぶりでふっとんだ。
久々に楽しめたよ。日々のやなことも忘れたひとときだったな。
次は是非、あなたの住む町で。
にしても音楽の力はすごいと思う。

PHOTO!JAPAN!TOGETHER!ストラップ

2011年09月02日 - 東川

ストラップ


東川町にある「写真甲子園実行委員会」で、東日本大震災の影響で、写真部の活動に支障をきたしている高校に対し、必要な機材を贈り、写真部の活動再開を支援する活動の一環として、表題のオリジナルストラップのチャリティー販売をすることになったとのお知らせが入ってきました。

ストラップはEOSデジタルの「プロフェッショナルバージョン」をベースにし、肩当ての部分を短くしたもので、しなやかで丈夫な作りになっているようです。
消費税、そして送料込みで3,500円。500本限定となってます。
売り上げは全額が岩手、宮城、福島の高等学校文化連盟写真専門部に寄付されるとのことです。

詳細はこちらをごらんください。簡単な入力フォームでオーダーできます。
私も一本注文しました。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net