写真救済プロジェクトin東川

2011年06月24日 - お知らせ

写真救済プロジェクトin東川。6月26日日曜日、東川町改善センターにて朝9時より写真洗浄ボランティア活動を行います。今回はみんなで集まってやります。
出来ましたらメールで参加申し込み頂けると準備しやすくて助かります。
photoseason@gmail.com
飯塚達央までお願いします。

洗浄ボランティアin美瑛その2

2011年06月18日 - お知らせ

6月21日(火)に「思い出は流れない 写真救済プロジェクト」美瑛その2を行います。
場所は美瑛町福祉センター(美瑛町美瑛町南町1丁目5-5 みどり橋のたもと 前回と同じ場所です)
時間は19:30から20:00過ぎまでの予定です。

当日は洗浄の方法をレクチャーをするのみで、所要時間は30分程度の見込みです。
実際の作業は各自が自宅で行っていただきます。
救済には急を要していますので、翌日からでもすぐに作業が出来る方が対象です。
4,5日で作業が完了する量を分担して持って帰り作業に当たってもらいます。
仕上がり次第、(今回より協力してくれることになった)美瑛町のモリヤ写真館さんに届けていただきます。
また被災地との写真の輸送料などにあてるため、お一人500円のカンパをお願いしています。

洗浄の方法についてです。
洗浄作業には、薬品は使いません。
必要なものはゴム手袋、マスク、バケツ2つ、洗濯ばさみ、ワイヤーハンガーか洗濯ロープなど。
特殊なものは使いません。特別なテクニックもありません。ただバケツの中で優しく撫でるように洗ってあげて干すだけです。洗う作業は家の外でも構いません。干す場所は日陰で砂埃が舞わないところなら屋外でも大丈夫です。

ただし、海水などに浸かり、砂や土にまみれたり、写真の表面の発色層がはがれていたりと状態が芳しくないものも多くあります。
衛生的ではありませんのでゴム手袋は必須です。砂埃などにアレルギーがある方、お子さんの作業はご遠慮いただいた方が無難です。
自己責任の上で作業を行ってください。

写真救済プロジェクトは、洗浄することが目的ではありません。
持ち主不明の写真ばかりですが、いずれ持ち主のところに戻ってほしいと願いを込めて作業していただく必要があります。
趣旨をご理解いただける方のご参加をお待ちしています。

なお前回6月13日分の仕上がりも、この時にお持ちください。継続して作業してくださる方は、次の分を持ち帰ってください。この日時にお越しいただくのが困難な方は、随時、モリヤ写真館(92-1819)さんに届けてください。

東川町周辺の方、体制を整えるべく奔走中です。ご協力してくださる方、洗浄作業をやってくれる方、ご連絡いただけると幸いです。
photoseason@gmail.com
飯塚達央

また写真の乾燥機を探しています。昔白黒のRCペーパーを乾燥するのに用いていた「エアードライヤー」というものです。KING製、ハンザ製などがあったようです。物置に眠ってませんでしょうか?


水辺の朝

2011年06月17日 - 5DmarkII

日の出
(c) TatsuoIizuka


今日は必要に迫られて、2時半に布団を抜け出し、日の出の撮影に美瑛に出かけた。
日本の北東に位置し、しかも夏至に近いこの時期の北海道の朝は早く、さらに満月も手伝って、3時には外で新聞が読めそうなくらいの明るさだった。(プチ白夜)
寝ぼけまなこで運転し、最初は丘の上、次に水辺へと撮影ポイントを変えていく。
しだいに色づく大地、あたりには鳥の声が響き、風景とともにこちらの体も目覚めていく。
水面にはもやが立ちこめ、なんとも幻想的な光景の中、荘厳に朝日が上ってきた。
仕事でやむなしの朝駆けだったけど、一日の始まりを体感するというのはやはり気持ちがいい。
しだいに心と体が浄化されていく感覚を味わった。


「ここから始まる。」

2011年06月16日 - お知らせ

ここから始まる


今朝、予約注文していた写真集が届きました。
「ここから始まる。」広田泉

熱い一冊です。震えました。

被災した2つの鉄道会社の支援につながります。

http://shop.home-3.com/?pid=32190916

開業準備中

2011年06月15日 - お知らせ

スタジオ2

只今旭川市内の一等地にフォトシーズンのスタジオを作り上げています。
5月末には内装工事の引き渡しが済んでたのですが、開店準備がはかどらず、今に至ってしまいました。
今日はスタッフ2人とともに、届いたストロボ類のセッティングを。
買い与えられたおもちゃ箱を空けるように嬉々としての作業です。
真新しいスタジオに光る閃光のまぶしいこと。

これでようやくスタジオらしくなってきましたよ。
全容はまだお見せしませんが、一枚の写真に収まり切れない広いスタジオは、いくつものシチュエーションを仕込んであり、バリエーションに富んだ撮影ができるようにしてあります。

スタジオ1

スタッフの臼田健二とごとうかなこです。
7月OPEN。メインメニューはブライダルと家族写真中心です。が、裏メニューもたくさんあります。
スタジオ内には外からのいい光も差し込みます。それを活かした屋外風のセッティングもあり。
どうぞよろしくお願いします。

JUNCO&CHEEPin旭川実行委員会募集

2011年06月14日 - お知らせ

jc.jpg
(c) TatsuoIizuka
ウチの集落の会館にて。

さて、いささか唐突ではありますが、我らがJUNCO&CHEEPを旭川に呼んじゃおうということで、9月4日(日)旭川市大町の「願船寺」さんに場所を確保しました。
JUNCO&CHEEP「昭和ノスタルジア」LIVE in ASAHIKAWA願船寺が開催いたします。
誰もが知ってる昭和の名曲の数々をかっこよくアレンジして歌い上げるライブです。盛り上がり必至。汗だく覚悟のライブです。
これからやるべきことは、チケットの販売(これは大して心配していない)と、当日いかに盛り上げるか、いかに自分たちが楽しめるかです。
せっかく9月の日曜日の午後、お寺でのライブ開催ですから、屋台あり露店ありの縁日風に仕立て来場者もスタッフも楽しめる空間にしたいと思ってます。
そこで一緒に創り上げてくれる「実行委員会」のメンバーをここで募集します。
とっかかりは6月28日夜7時30分より、願船寺で第一回実行委員会ミーティングから始まります。
やってみたい、巻き添えして欲しいというMな方はphotoseason@gmail.comまで「j&c旭川実行委員会になりたい」というタイトルでメールをお寄せください。
JUNCO&CHEEPってなんじゃい?って方でも大丈夫です。みんな最初は初心者ですから。
JUNCO&CHEEPの公式HPはhttp://junco-cheep.seesaa.net/です。
ぜひ一緒に盛り上がりましょう。病みつき間違いなしです。
ちなみに販売ノルマが無い代わりに、報酬もありません。

ピン

2011年06月13日 - お知らせ

px-5vソロ


ちょっと息抜きの画像をおひとつ・・・。
6月号の写真雑誌各誌ですでにごらんいただいてる方もいらっしゃると思いますが(あまり反響がすくないので改めまして)、EPSON PX-5Vの広告にわたくしがピンで出ております。
良いプリンターです。よろしくお願いします。
6月20日に7月号が発売されますと見られなくなります。
どうぞこの機会をお見逃しございませぬように・・・。


あまりの多忙さに頭がテンパっております。
お見苦しい点、お許しください。

求む写真乾燥機

2011年06月12日 - お知らせ

乾燥機


被災した写真の洗浄作業において、ネックになるのは干す作業だというのは前回のエントリーで書きました。
洗濯ばさみを並べて干す場所が家の中にとれない、あるいは日常の洗濯物に洗濯ばさみをとられてしまう。というケースがご家庭ではほとんどだと思います。

そこで写真の乾燥機を探しています。
お持ちの方、寄贈していただけないでしょうか。
上の写真は、気仙沼に届けられたという乾燥機です。
幅50cmくらいで、サービスサイズの写真が一度に4枚ローラーに乗せて乾燥できるという大型のもので、作業のスピードアップに相当の貢献をしているという話でした。
これより小さい四つ切りサイズ程度のものでも構いません。
いずれも古い機種になると思います。動くものでしたら見た目などは問いません。
物置の奥に眠ってるものがあるという方、
photoseason@gmail.com 
飯塚達央までご連絡いただければ幸いです。

これを用いて洗浄ボランティア活動を展開し、写真のまち東川町が継続的な活動拠点にできればと思っています。
また合わせて洗浄作業を行ってくださる方も広く募集いたします。
上のメールアドレスまでお知らせください。

明日6月13日(月)19:30分からの美瑛町福祉センターで「びえいちょこっと旅プレゼント」の報告会の折に、洗浄ボランティアを募ります。美瑛町の方はこちらにお集まりください。
近日、東川町でも募集を行います。


ちょこ旅報告会&洗浄ボランティア募集in美瑛町

2011年06月10日 - お知らせ

最近お知らせばかりで恐縮です。
先日実施された「びえいちょこっと旅プレゼント」の報告会が6月13日(月)の19時30分より、美瑛町福祉センター
北海道上川郡美瑛町南町1丁目5-5にて行われます。
詳細はhttp://bieinakama7.blog31.fc2.com/をご覧ください。
席上、飯塚の撮影したスナップ写真、記念写真もスライド上映いたします。
ご自由にどなたでもご参加いただけます。

それと当日、被災した写真の「洗浄ボランティア」を募ります。10~20名程度。
ご自宅に写真を持ち帰って作業をしてくださる方(送料などの実費代として500円のご負担をお願いしています)が対象となります。
必要な材料は、バケツ2つ、洗濯ばさみ(たくさんあると楽です)、ゴム手袋、マスクです。
お一人200~400枚がメドです。期日は約1週間。
洗う作業はそんなに時間が掛かりません。
問題は干す作業です。ご家庭には干すスペース(屋内)と洗濯ばさみの数(通常の洗濯物との兼ね合いで)があまりないと思いますので、毎日干せる数からして、作業終了に1週間くらいかかると思われます。

今日、気仙沼の洗浄ボランティアのリーダー高井晋次さんから連絡がありました。
「洗浄を始め2ヶ月ちょっとで、階上中学校に集まった写真約10万枚のうち99%は洗浄が済みました。次は気仙沼市内の全ての被災した写真を全部洗浄することになりました。その数100万枚以上です。全国の皆さんの手をお貸りてこれを救出したいのです。北海道でも継続して洗浄を引き受けていただけませんか。」

ということで月曜日に気仙沼より届くであろう(間に合うか心配)段ボール入りの写真を持っていきます。
当日やり方をレクチャーします。
ただし今回は急を要する状態のひどい(砂やヘドロに汚れた)写真を送りますとのことです。
埃などにアレルギーのある方はお控えいただいた方が無難です。
持ち主も分からない写真です。

o0640048011274235474.jpg

気仙沼唐桑小学校に集められてる写真の「一部」。高井さんのサイトより拝借しました。
持ち主を待ちわびているところですが、波や泥をかぶったままの状態です。
早く洗わないと救済できません。
ステージの上に段ボールのまま、積み上げられてる写真たちも見て取れます。

手を貸してくださるという方、6月13日(月)19時30分から美瑛町福祉センターにお集まりください。








dai:zu one day shop

2011年06月09日 - お知らせ

daizu.jpg


ウチの奥方も参加している東川町の手仕事ユニット「dai:zu(だいず)」の第9回ワンデーショップが明日、6月10日(金)に開催されます。
場所は東川町道の駅「道草館」。時間は10:00~15:00となってますが、毎回開店直後に売り切れる品も多いようです。お早めに。

「びえいちょこっと旅プレゼント」また会う日まで

2011年06月08日 - お知らせ

チョコ旅集合


「びえいちょこっと旅プレゼント」企画、先ほど美瑛での行程を終え、55名の皆さん笑顔で苫小牧港へ向かわれました。
美瑛での3日間、言うことなしの青空で(今日は28℃と暑かった)、北海道でのひとときを満喫していただいたようです。
到着したときは緊張気味だった顔も、時間が経つほどに柔らかくなっていき、最後にはスタッフも含め涙・涙でのお別れになりました。
参加者のお一人が「この世にユートピア(理想郷)なんて存在しないと思ってました・・・」と言われたのが印象的でした。
「いつか必ず今度は自力で来てください」
被災地のみなさんの復興と自立を強く願ってます。

ウェルカム北海道・びえい

2011年06月06日 - お知らせ

ウェルカム


先ほど、「びえいちょこっと旅プレゼント」のご一行様(計55名)が宮城県石巻からフェリー&バスの長旅を経て、北海道・美瑛町に到着されました。
さっそく「北海道の空ってこんなに青いんですね」「空気がおいしい」「連れてきてもらって良かった」という感嘆の声が聞こえてきました。
受け入れスタッフも、皆さんも感無量で・・・涙・涙の出迎え式となりました。
8日(水)までの短い時間ですが、楽しい時間を過ごしてもらいたいと思います。


この「びえいちょこっと旅プレゼント」企画に対して、飯塚の写真購入あるいはカンパにて、たくさんのお金(現在22万円)と支援が私のところに寄せられました。本当にありがとうございます。
みなさんの気持ちがこのように形になりましたよ。



夕日と傘

2011年06月05日 - 5DmarkII

夕日と傘
(c) TatsuoIizuka


雨が心配された運動会だったが、予報を覆して無事に終了した。
長女にとって初めての学校の運動会。
上級生のあいだに入っても生き生きとした表情で、グラウンドを駆ける姿がちょっと誇らしげに感じた。
次女も早く入りたいと思ったことだろう。
児童数(全校で28名)が少なくて、地域の集落対抗運動会を兼ねた運動会。
親も全員が係をもって、準備して、自らも走って、片付けしてと忙しい一日だった。
地区優勝は逃したものの、集落の打ち上げのビールの旨いこと。
帰り道の夕日もひときわ美しく見えた。

東川フォトフェスタへ

2011年06月02日 - GXR

葉っぱ
(c) TatsuoIizuka


今年も7月30日(土)と31日(日)をメイン期間として、東川国際写真フェスティバルが開催されます。
今年は優秀者にはGXRや銀座RING CUBEでの個展開催というRICOH主催のレビュー(レビューワー:飯沢耕太郎/鷹野隆大氏)など、3つのレビューが催されます。
他にも写真を発表し見てもらう場がたくさん用意されてるので、この機会を活用しないのはもったいない。
すでに募集人数を超え、締め切られたイベントも出てきているということなので、お急ぎを。
メニューは公式HPにあります。
http://photo-town.jp/events/index.html

昨日嫁と花の苗を買いに行きました。そのハウスの中での一枚。
自然のものが描き出すグラデーションは何とも不思議です。
GXR A12 50mm Macro

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net