FC2ブログ

寸光

2010年10月07日 - EOS7D

寸光


暑い雲間から最後の光が届きそうになるとき。

夜明け

2010年10月07日 - SD15

夜明け


いい一日でありますように。

山肌の吐息

2010年10月06日 - EOS7D

山肌


雨上がり、紅葉狩りに山へ向かう。
山の吐く息のよう。

東川フォトクラブ写真展

2010年10月05日 - 写真展情報

フォトクラブ写真展


写真の町、「東川フォトクラブ」の写真展が10月6日(水)~10月21日(木)までの日程で、開催されます。
老若男女・総勢26名、カラー・モノクロ/デジタル・銀塩・ピンホール/花・風景・ネイチャー・スナップ・ポートレートと多彩な写真200枚くらい??見応えあります。
飯塚は、「息の緒」と題した、ご近所ネイチャー的スナップ写真、A3ノビ10枚を展示してます。(内8枚がSD15で撮ったもの)
7日(木)、8日(金)は会場に在廊予定です。時間は11時くらいから途中昼食で抜けますが、15時くらいまでのつもりです。よかったら遊びにいらしてください。

場所は東川町文化ギャラリー。開館時間は10時~17時。入館料は、町外200円、町民100円となっています。

上の写真は、メンバーの大櫛さんのものです。木目を撮ったものです。ダチョウのようでしょ。他にも猿とか、火星人(?)とか、シマウマとかあります。

うれしがって

2010年10月04日 - SD15

朱鞠内


うれしがってドライブ。そして愛車自慢の写真を貼り付け・・・。
ぐるっと遠回りしながら、朱鞠内湖まで。
途中大雨に打たれ、期せずしてスバル水平対向ボクサーエンジンの低重心と、AWDの走行安定性を感じることになった。何ともしっとりとしなやかに走る車だこと。そして快適・楽チン。

こいつの売りの1つは、eyesightという3Dカメラによる、前車追従型クルーズコントロール機能の装備。
これにより、半自動運転が可能なのだ。
アクセルを踏まなくても設定した速度で走り、おまけに前車に追いつくと勝手に減速。
車間距離をキープして、前車に合わせて加減速しながらついていく。
前車が信号でストップすれば、ブレーキを踏まずにこちらも停車。
前車が走り出したなら、ボタン一つで再発進する。
万一のときは自動で急制動がかかり、30km/hくらいまでなら、前車への衝突を避けられる。
実感としては、まるで未来の車に乗っているかのよう。
まったく、ものぐさ、うっかり八兵衛な自分にはうってつけの車なのだ。
もちろん過信も油断も禁物だけど。
いや~、取材時のいい味方を手に入れました。

今日の走行距離はひょいと280km。疲れ方がこれまでとまるで違う。
そして燃費は14.3km/l。(2500ccのNAエンジン)
これはエクストレイルよりも40%ほど良好な数値。
スバルのディーラーの方が、函館ー旭川の高速道での移動で18.8km/lを記録したというから、エコカー並みです。

さあ、気になる方はお近くのスバル販売店まで(笑)。



始まりはいつも雨

2010年10月03日 - 5DmarkII

納車


今日という日は、特別な一日だった。
待望の新しい相棒の納車日。
待望のJUNCO&CHEEPの東川町公演。

ステージに上がり、「悲しいことは数あれど」の合唱にも加えていただけた。
演奏に負けないようにと、でかい声を張り上げて、唄を歌うことの何と気持ちのいいことよ。

ライブ中、曲に合わせて流れるのは、自分が撮った写真たち。
全道180市町村制覇ライブに、自分の写真がスライドショーで帯同しているということを改めて思い知る。
北海道各地の人に、自分の写真たちがメロディーと共に届けられているのだ。

今日の会場では、このブログの告知を見て初めてJUNCO&CHEEPのライブに足を運んできましたというカップルに声を掛けてもらった。
知らぬ間にというのか、思いがけずにというのか、写真を撮り、発表することが何かに繋がり、誰かと結びついていくのだ。

さて、ウチの駐車場には見慣れぬ姿が佇んでいる。
ボディーコーティングが、真新しいボンネットに雨粒の模様を作る。
こいつに乗っかり、北海道の写真をこれまで以上に、撮り廻り、拾い歩いていこうと思う。
新しい写真が撮れるような予感が満ちてくる。



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com