ブランコ

2009年05月28日 - 日々の暮らし

ブランコ

良きパパを演じようとして、今度は子供のためにブランコを制作。
仕事帰りにホーマックに寄って2×6の板と、金具、ロープを買ってきて、丸ノコで切り、ドリルで穴を開け15分で作り上げた。
と言ってもいろいろ手直しは必要のようです。

西日

2009年05月27日 - 5DmarkII

西日

朝から撮影仕事。ウチに戻って日暮れまで内装仕上げ工事。
そんな日々に、だいぶ疲れが溜まってきた。

今日は30分早めに切り上げる。
西日がきれいで、しばしカメラを持って戯れる。
いつの間にかタンポポが綿毛になっていた。

塗装中

2009年05月26日 - 日々の暮らし

塗装

只今内装塗装作業中。
オスモという天然素材から作られた塗料を塗ってます。
赤ちゃんの玩具に使って、なめても平気という安心の塗料です。
ペンキではありません。塗装作業は、色のついたオイルを擦り込むという感覚です。
容量からすると、2.5L缶が1万何千円とびっくりするような値段がついてますが、薄く伸ばして塗布できるのと基本的に一度塗りで仕上がるので、結果的には割とリーズナブルです。

さて、この写真を撮ったのはウチの長女。
型遅れになったコンパクトデジカメ一台は好きに触って、撮って良いことにしてあります。
教えるよりも思うがままに使わせた方がいいと思って、撮り方について何も教えていません。
それでも案外ちゃんと撮ってるんです。こういうシーンでは縦位置で撮るので驚きです。
斜めに角度つけて撮ってみたりはしないんですよ。
そう言うところが親父に似たのか、破綻がないというのかそつがないというのかスマートというのか。もっと元気いっぱいの写真でもいいのにな、なんて思ったりしています。

それにしても4才でこれだけの写真が撮れるんだから、カメラマンもますます真価が問われますね。
ちょっと前までは綺麗に撮れることが、自慢できたり、メシの種だったりしてた訳ですが。
「どこで何を見るか」がこれからはもっと重要になってくるのかな?


日本カメラ掲載

2009年05月21日 - お知らせ

先日発売になった「日本カメラ6月号」のグラビアに飯塚達央の作品「identity」が掲載されてます。割と巻頭に近いポジションのようです。
ようです。というのは見本誌も届いておらず、北海道では店頭に並ぶのに数日のタイムラグがあるので、まだ見ていないのです。
何人かの方から、「見ましたよ」というメールが届き、発売されたんだなと気付いた次第。
本人より前に見てやってください。
今日か明日くらいには僕も見ることが出来るでしょうが。

掲載された写真はこちら。
http://www.photoseason.net/identity/

内観

2009年05月16日 - 日々の暮らし

内装

室内は現状こんな感じです。
1階は32畳分の広さで、画面右半分が将来雑貨&カフェのお店になる予定のスペース。
左奥に壁を造り、念願のオフィススペース。左手前がキッチン。ドアがついてる所がトイレです。
階段を上がるとロフトに。最高部でも頭が当たるくらいの高さしかありませんが、クッションに寄りかかって寛いでもらえるスペースにしたいと思ってます。

開口部も多く、壁に写真をたくさん飾ることはできません。
ギャラリーにするつもりはなく、カフェスペースに合う写真をさりげなく飾りたいと思ってます。写真はファイルやブックにして、珈琲を飲みながらご覧いただくようにします。

今はコテージのような可愛い雰囲気ですが、アンティークな雰囲気(?)になるよう内装工事をセルフで進めていきますよ。

引き渡し

2009年05月15日 - 日々の暮らし

引き渡し

途中雨が降ったり、ひょうが降ったり、雪にも降られ、氷点下にもなりましたが、5日間の工期を経て、組み立て工事が終了。
引き渡しを受けました。
ほっと一息ついたところです。

この先、施主手配の水道設備工事、電気工事を業者さんにしてもらい、内装仕上げ工事(仕切り壁・塗装)、外構工事はセルフにて行います。
駐車スペースを確保し、玄関までのアプローチ、緑を植え、花を植えと、外構工事は果てしなく数年がかりで続きそうですが、内装工事は2ヶ月くらいみて、7月中旬には現在自宅の2階の事務所を引っ越す目標でいます。


もはや全容が見えました

2009年05月12日 - 日々の暮らし

工事2

今朝は床だけの状態だったのに、パタパタと壁のパネルがはめ込まれ、梁を渡し、屋根が張られ

工事3

夕方にはここまでになりました。超速!
自社製品の組み立てとは言え、お見事でした。
僕はただぽかんと口を開けて見てるだけ。
ちょっと夢見たセルフビルドなんて、とんでもない。
1年経っても出来上がらず、途中で挫折していたことでしょう・・・。


始まりました

2009年05月11日 - 日々の暮らし

工事1

いよいよ別棟アトリエ工事の着工~。
2×4パネル工法につき、引き渡しまで4日間の工期予定。
芳しくない天気予報だけど、屋根がかけられるまで、どうか雨に降られませんように。
(向こうに見えるのはお隣さんのお家)

月とサクラ2

2009年05月10日 - 野矢の森

月と桜2

プライベート夜桜。
今年は満月にあたりました。

月とサクラ

2009年05月09日 - 野矢の森

月と桜

夕食時に丸い月が昇ってくるのが見えた。駆けつけの一枚。
夜は寒く、ここで一杯。という気にはなれない。

パステルトーン

2009年05月08日 - 野矢の森

野矢桜

毎朝の散歩コース。何度かブログにも出てくる「野矢のじいさん」の林に、春が到来。(と言うか初夏の暖かさ)
一週間前まで無色だった場所が、数日前に白樺の新芽がちょこんと出て、エゾヤマザクラがつぼみとなってほのかな彩りをつけだしていた。

それが昨日の朝、開花したかと思うと、午後の陽気で一気に咲きそろい、パステルトーンの優しい色合いに変貌を遂げた。
あれよあれよと言う間の出来事に、ただただ感服するばかり。
北海道は今、一年で一番のどかで心やすらぐ季節を迎えている。

サクラ咲く

2009年05月07日 - 5DmarkII

桜咲く

東川にも桜がやってきました。
白樺の新緑も。タンポポも。

My Little Lovers

2009年05月06日 - Leica M3

mylover.jpg

ギャラリー「My Little Lovers」アップしました。
http://www.photoseason.net/

陽気

2009年05月05日 - 5DmarkII

電柱

汗ばむくらいの陽気でした。桜も一気に開花したようです。

「君が僕を知ってる」

2009年05月03日 - 未分類



初めてRCを聴いたのは中学2年生。
すごく格好良くって、それまでアイドルのEPくらいしか買ったことなかったのに、RCのはLP買ったりカセット買ったりして揃えた。
「そんなうるさい音楽かけるのやめなさい」なんて家の者に怒られるもんだから、いつもヘッドフォンで聴いていた。
少ない小遣いで雑誌も買ったなあ。「RC Succession」の名前の由来が清志郎が、赤いワニが続々現れた(襲われた?)夢を見たからRed Crocodile Successionなんて裏話に喜んだり(真偽は不明)、グラビアの切り抜きをクリア下敷きに入れて授業中眺めていたっけ。

当時も、そして今振り返ってみても、日本の音楽界のスパースターって忌野清志郎、この人しかいませんね。かっこいい人です。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net