サンフラワー

2007年09月30日 - GR-D

20070930171224.jpg

明日の草原写真館(ロケーション家族写真)の撮影の下見の最中に見つけたひまわり。
これだけ広大に咲くひまわりを見るのは久しぶりだ。
いったい何本のひまわりが咲いているのだろう!?何千、何万の単位?
しかもこれは緑肥であって、種を採るためでも油を採るためでもない。まして観賞用でもない。
地力を上げるため、収穫の終わった畑に種がまかれ、花が咲いてしばらくすると鋤込まれる。
だからこのあたりでは秋に見かけることの多い花だ。
いずれにしても人を元気にさせ、畑の土を元気にさせる花である。
丁度青空が広がったところを撮ることができた。久しぶりの美瑛らしい風景写真のアップでした。

平和

2007年09月29日 - GR-D

20070929173318.jpg

ミャンマーで殺害されたジャーナリストの映像は衝撃的だった。打たれてもなおカメラを離さなかった。危険を知りつつも現場に立ったのは、伝えるために撮るからだ。とテレビで誰かが代弁した。
翻って我が身。いったい何を伝えようと撮っているのだろう?と考えさせられた。
比べるまでもなくノホホンとした写真ばかりだけど、平和で幸せであることの有り難さを感じつつ、またそれがいつまでも続くと保証されていないことを感じながら、一瞬の貴重さを写真に残していくしかない。

大車輪

2007年09月28日 - GR-D

20070928173158.jpg

米やらじゃがいもやらデントコーンやら、いろいろ収穫作業に忙しそうなご近所の田園風景です。山の上は先日の初雪で真っ白になっているのが見て取れます。冬がそこまでやって来ているようで、追われるような気分です。
昨日大阪から来られたお客さんたちは、最初「あー涼しぃ、眼醒めるわ」って言ってたのに、数時間経つと寒さに震えておられました。何でも大阪はまだ30℃オーバーだそうで・・・。
それにしても飯塚家の大車輪はここんとこずっとパワー無し。

晴れ間

2007年09月25日 - GR-D

20070925172553.jpg

朝から雹(ひょう)が降ったり雷なったり。寒い一日でした。ウチら夫婦揃って風邪気味です。ストーぶつければ済むことなんでしょうが、貧乏性なので「9月のストーブはありえへん」と頑張ってマス。

一瞬の晴れ間に撮ったもの。せっかくの旅が雨で寒いばっかり、ってことにならなくて良かったですね。

退屈しのぎ

2007年09月24日 - EOS20D

20070924225529.jpg

最高気温31℃を記録した翌日の最低気温が6℃。なんか寒くて仕方ない。そろそろストーブが恋しくなってきた。
虫も窓の隙間から家の中に入ろうとたくさん集まりだしている。越冬しようとしてるのだ。間もなくあの忌まわしいカメムシの襲撃を受けるころ。お願いだから、寄って来ないでくれ。
家の前の道路に大雪山の紅葉見物の車がたくさん通っていく。一年でもっとも交通量の多い一日だ。
連休だけど特にどこへ行くでもなく、デスクワークと、家の廻りの草刈りをして、午後には近くの公園に行ってみた。スワンの足こぎボートはいい運動になった。
幸せって案外退屈なのかも知れないと思う。
親父に変なマネをさせられて娘がこのあと泣き出す。それを見て嫁は「あんた関西のノリが分かってないなぁ」とぼやいた。

出会いを伝える

2007年09月23日 - 忘れがたき駅前ふるさと

20070923170845.jpg

今日はちょっと嬉しい出来事があった。去年の冬に取材させてもらって、連載しているJR北海道の車内誌「忘れがたき駅前ふるさと」の今年の四月号に登場していただいた老夫婦が、その息子さんに連れられて浦臼町からウチの家を訪ねてきてくれたのだ。
いい表情の写真を撮ってくれたこと、掲載後いろんな人から反響があったことで、一生の記念になったとお礼を言ってくださった。メロン農家の老夫婦からはとても甘いメロンがこの夏に届き、その折に電話でお話させていただいていたが、わざわざ会いに来てくださるとは思いもよらなかった。
何でも札幌に住んでいる息子さんがやってきて、今日は天気がいいし、ドライブがてらその人に会いに行ってみようよと誘ってくださったらしい。親思いの優しい息子さん(ボクよりちょっと年上かな)だ。

駅前に残る昔ながらの場所を訪ね、話を聞き、写真を撮るという取材はすんなり行くときもあるが、たいていは難航する。事前にあてがある訳ではなく、誌面の意向に沿う取材先を探し当てるのだ。やっと良さそうな場所をみつけて勇気を出してノックしてみても、取材拒否されることが多々ある。そりゃそうだろう、自分の話や写真が媒体に載ると言われりゃ、勘弁してくれよってことになるのも無理はない。
そんな中、ああいいよと突然の訪問者を受け入れてくれて、しかも載せてもらって良かったよなんてその後に言ってもらえたら、出会いっていいなあとつくづく思う。

実はつい先日この連載を来年の3月で終了することに決め、編集部にその意向を伝えたばかり。打ち切られるのじゃなくて、いろんな思惑や制約のなかでこの取材を続けていくことに限界を感じたからだ。
ちょっと冷却期間をおいて、また自分のライフワークとしてこの取材は続けていきたいと思う。いつかまたどこかで何らかの形で発表したい。ただそれが取材される側の人にとっていい形なのかは分からない。
自然風景を撮るのと違い、人の写真を撮ったり、身の上話を聞き発表するということはそれ相応の覚悟が必要だ。
その覚悟を身につけられるかどうかだ。

小さい秋

2007年09月22日 - 野矢の森

20070922111433.jpg

昨日は嫁のリクエストに応えて札幌のデパートへ、押し花の展覧会を見に家族で出かけた。チビ2人を連れてJR&地下鉄の移動はハードだった。それに随分蒸し暑いと思ったら、31℃も気温があったようで、この時期の真夏日は観測史上初なんだとか。
ウチに帰ったらこっちはかなりの雨と風だったらしく、ガーデン用のパラソルが折れていてショック。
特急に乗っちゃえばわずか80分の距離なのに、随分気象が違うものだ。

毎朝ノエルと散歩する野矢の森では、広葉樹の紅葉が所々始まっている。
この写真はEF50mmf1.8を開放で撮ったもの。通販で買って送料込みでも1万円未満だった。仕事でも早速使っているが、AFも速く、開放でもピントはシャープに結んでくれる。
非常にコンパクトで軽いし、バッグの中のマストアイテムになりそうだ。

新しい力

2007年09月20日 - GX100

20070920215613.jpg

ウチからわずか数十キロ先の大雪山では紅葉のピークを迎えているようだ。葉を落とし、冬支度を整えるものがある一方、ウチの近くの林床を注意深くみると、新たな命が育まれていることを知る。
写真はミズナラの葉っぱ。葉の形に特徴がある。ドングリのなる木でもあり、薪にすると白樺などよりも遙かに高い熱エネルギーを出してくれる。

おととい、昨日と外人モデル、しかも東欧の美女2名をロケーション撮影する仕事だった。テキトーな英語&へんてこりんな日本語で指示を出し、2日で千数百枚を撮る。向こうもプロだから、うまく撮らせてくれたが、さすがに体力をかなり消耗した。今日は朝起きるのも辛く、昼間仕事を終え、帰宅すると写真のセレクト&編集もそこそこに、布団にひれ伏す。
体がだるい。やりかけのことが山積みだけど、成し遂げる気力が湧いてこない。

愛しのマイカメラ 

2007年09月17日 - 写真

20070917221614.jpg

今日の撮影ガイドのお客さんは、若い女性だった。思わず鼻の下が伸びた・・・って話じゃなくて。
カメラ始めて一年なんです。と自信なげに彼女がバックから取り出したカメラはニコンD80。これは分かる。しかしその下から出てきたのは、なんとハッセルブラッド。
曰く、最初っからフィルムの一眼レフ買う勇気がなかったとかで、まず手にしたのがデジ一眼のD80。それからネットやら雑誌やらでいろいろ調べて巡り会ったのがハッセル。なかでも「カメラマガジン(えい出版)」に相当感化されたようだ。これ欲しいと淡い恋心抱いていたところに、写真好きのおじさんからピカピカのハッセルをつい先日譲ってもらえたという。
四角い写真が撮れるのと、角のところが銀色に光ってるボディにあこがれて手にした彼女。
ところがピント合わせも、露出もシャッターも、おぼつかない。だって全てがマニュアル操作。押すだけで綺麗に撮れるデジカメとは勝手が違いすぎる。しかもハッセルだけにお作法も多い。
それでも、彼女はファインダー覗いてるだけで満足げな様子。
どれどれと、おじさんも覗かせてもらったら、ホント綺麗だ!ハッセルのスクリーンは。スクリーンの上に立体的に像が浮かび上がっている。手を出したら掴めそう。目の前に現実の風景があるというのに、現実をも超越した美しさがあの四角い窓に浮かび上がるんだから。
そのあと、自分のEOS-1DMark3のファインダー見て、萎えました・・・。
写真は彼女が折りたたみ式のフードを閉じてるところ。なんかさ、よしよしって頭撫でてるみたいでしょ。微笑ましい。羨ましい。
ハッセルと末永く寄り添って、いい関係築いてくださいね。


藍色に冴え冴えと

2007年09月16日 - 1DMark3

20070916200139.jpg

レビュー本のためEOS40Dが東京から送られてきた。巻頭の北海道らしい「作品」と、解説用の「作例」を撮る仕事だ。与えられた時間は4日間。毎度のことながら天候が気にかかる。
初日は晴れて、最低限のおさえは確保出来たが、2日目は一日雨。そして3日目の今日も朝から雨。
焦りとあきらめの気分だったが、天気予報を裏切り午後から急速に回復し、夕方には強い光が差すようになった。雨雲を蹴散らしたような、いい雲も湧き申し分のない空になってくれた。
日没20分後には真っ赤な夕焼け。そして三日月が西の空に輝き出した。
おてんと様が味方してくれた。そんな気分で一日を終える。感謝感謝。
夕暮れの空がこんな色になってきたら本格的な秋の到来です。

雨の秋桜

2007年09月16日 - 写真

20070916001314.jpg

雨の夕暮れに、なお凛と咲く秋桜。
EOS40D(借り物)にEF35mmf2の組み合わせ。
APS-Cにつけると56mm相当だからほぼ標準レンズ。で、25センチまで寄れる。どんだけ~って感じ(?)この写真からまだまだ寄れますよ。

逆らわず

2007年09月14日 - 1DMark3

20070914195844.jpg

EF35mmf2、絞り開放、最短距離での撮影。25センチまで寄れます。前後のボケが美しく、描写に透明感があるような気がします。う~む。と唸る。
こうしてみると自然界の物って、流れに逆らわずに生きているんだなぁと思う。

伝える道具

2007年09月13日 - 写真

20070913121705.jpg

昨日のビビター君の続きです。ススキが綺麗な季節になってきました。そろそろ半袖もお終いです。
レタッチするといい感じ(周辺落ち過ぎか)。何となく寂しいような初秋の夕方。派手な色もなく。
そんな雰囲気が伝わるでしょうか。デジタルだとびしっと写すことを求めてしまいますが、写真はその場の雰囲気が伝わればOK。そう考えると写りすぎない銀塩カメラ、ネガフィルムってのは適した手段、方法、道具だったりして。

ウルトラワイドなトイカメ

2007年09月12日 - 写真

Vivitar.jpg

16+Photo blogのichiさんとこに載ってた写真に「いいかも」とまたその気になって、ポチッとやっちゃったVivitar ULTRA WIDE&SLIMが我が家に到着し、早速試し撮りしてきました。
送料入れても5千円(新品価格)のこのカメラ。いわゆるトイカメラ、つまりはおもちゃカメラです。実際作りはチープ。シャッターは単速、絞りもありません。詰め替え式写るんデスのよう。そう考えるとちょっとお高いか。まぁ980円くらいで売ってそうなこのカメラなんですけど、Vivitar ULTRA WIDE&SLIMの名の通り、超広角レンズがついてるんですね。22ミリ相当のようです。
それでワイドで周辺光量がずどんと落ちるのがその特徴のようであります。
そんなことを意識しながら撮って参りました。シャッターは単速、絞り固定としか書いてませんから、果たしていくつか分かりません。フィルム感度に迷いましたが、ISO800のカラーネガの期限切れたのがウチにあったので入れてみました。結果今日の天気(薄曇り~やや西日差す)ならOK。晴れた日ならISO400ってとこでしょうか?
肝心の写りの方は・・・、まぁそれなり。一回目だしね。じゃあ、次はどう撮ろう?と思う一方で、ウチには買ってはみたものの使いこなせなせず出番の無いトイカメHOLGAも転がっている。
Vivitarくんの次の出番は果たしてあるのか?
それにしてもしみじみ思ったのはカラーネガのラチチュードの広さ。トーンに余裕があるっていうか、懐深いっていうか。デジタルの絵に見慣れた目に、どこかやさしく映る。
次はコンタックスG2にカラーネガ詰めて撮りたくなってきたゾ。

廉価レンズと侮るなかれ

2007年09月11日 - 1DMark3

20070911175504.jpg

写欲が湧かない荒治療と偽って(?)、仕事帰りの旭川で中古のEF35mmf2を購入する。
以前からちょっと気になっていたこのレンズ。渡部さとるさんもいいレンズだって書いてたし、最近ではイタムラ兄さんが、そそる写真をブログにアップされているではないか。
丁度カメラのキタムラで中古があるのを見かけたので、それならばと買ってみた。
もともとキヤノンのレンズの中でも廉価版カテゴリーのレンズだけあって、中古で2万ちょいだから、どんなもんかと買えるところが嬉しい。
ウチに帰ってご近所で試し撮り。
レンズの描写についてきちんと語れる能力は持ちあわせていませんが、なんかいい雰囲気で写ってくれたよ、上の写真。絞り開放。周辺が結構落ちるところも気にいった。
今日はすぐ日が暮れたので、試し撮りの続きは明日。
ほんとはEF50mmf1.8も買いたかったけど、旭川じゃ店頭で買えないね。通販しようにも、1万円以下のレンズに、送料と振り込み手数料合わせて2千円ほど掛けるのも馬鹿らしいし・・・。
廉価レンズでいい写真を撮る。これは、なかなかハマりそう。

シャカシャカタイム

2007年09月10日 - 1DMark3

20070910180938.jpg

なんちゃってしろくろーむ。EOS1DMark3 EF28mmf1.8

上の娘が只今超反抗期。起きる、食べる、歯を磨く、風呂に入る。が嫌い。ごねる、拒否する、泣き叫ぶの好き放題。おかげでこっちはクタクタ、イライラのしっぱなし。
魔の2歳児、3歳児と言いますが、先が思いやられます。

今日は珍しくみんなでシャカシャカタイム。こんな日はお父さんもご機嫌でシャッタータイム。
「悲しみは忘却のかなたへ、ほほ笑みは写真のなかへ」
写真家上田義彦氏はさすがにいいこと言うものです。(写真集at Homeあとがきより)

かかし

2007年09月09日 - GX100

20070909161423.jpg

最近、写欲が湧かないなぁと、仕事の帰り道に少し遠回りしてその気にさせるものを探してみる。
かかしを発見。近づいてみると田んぼじゃなく大豆畑に立つかかしでした。珍しい。
東川町にて。

しずく

2007年09月07日 - GX100

20070907220404.jpg

気になっていたDxOFimPackの体験版をネットカフェでダウンロードしインストールしてみる。
DxOFimPackとはデジタル画像を銀塩風の仕上げにするソフト。フィルム銘柄ごとの色調と粒状感を与えることができる。
これはKodachrome64風の仕上がり。まぁ悪くないなぁ、という印象。
もう少し使ってみて、製品版を買うか判断しよう。
GX100は相当マクロで寄れる(広角時レンズ前1センチだったか)ので、一眼レフではあり得ない面白い絵が撮れる(こともある)。


女ともだち

2007年09月06日 - 1DMark3

20070906091041.jpg

女同士のともだちってなんかいいなぁ。とブライダルパーティーのたびに思う。
西日の強さが印象的な日でした。逆光を活かして撮影する。
ゴースト、フレアー?そんなもん気にしない、気にしない。
むしろ活かしてやる。
EF24-105mmf4L。ズームだけど、意外に逆光耐性が強いという印象。フレアー入ってもコントラストが落ちすぎない。解像力がある。色もしっかり残る、粘る。最近のレンズって凄いなぁと感心してます。(あくまで主観ですけどね)

勢い

2007年09月05日 - お知らせ

20070905075634.jpg

肉厚フォアグラのトリュフ載せ。下に見えるは自家製とら豆。
こんなのがブライダルのパーティー料理に出てくるのって、ないよね。
それも高級って感じの敷居の高さじゃなく、これでもかっていう勢いの良さを感じるのだ。
出される野菜は全て自家製の畑で採ったものだし。
持てる力を全て出し切って奉仕するってスタイルだから、ついこっちも乗せられちゃう。
スタッフ全員そんな感じかな。
ハーベストロードハウスhttp://www.harvest-rh.jp/。北海道でしかできないブライダルがここにあるのです。ご縁がありましたら。

ごひいき

2007年09月04日 - 日々の暮らし

MacBook.jpg

MacBookを手に入れた。予算の都合でMacBookProは断念。もっともサブマシンの位置づけだから、パフォーマンス的には(おそらく)十分だろうと踏んでのこと。それでもメモリはMaxの2GBを入れておいた。意外に思われるかも知れないが、Macのノートパソコンを初めて手にする。
今、メインで使ってるのは(もう2代前のタイプ?)Intel iMac。
もう先々月の話になるのかな、こいつ(iMac)に奮発して手に入れたphotoshop CS3を含めたAdobe Creative Suite CS3をインストールしょうとしたら、OS X 10.4.8以上のシステムが必要だとアラートが出て、インストール出来ないでいた。iMacのOSは10.4.7。で、バージョンアップしたくてもウチの貧相なISDNネット回線じゃ、200MBのダウンロードは天文学的な数字に思えちゃう訳です。
今やソフトもバージョンアップも何でもダウンロード配布がお決まりですが、ド田舎在住のナローバンド利用者はばっさりと切り捨てられている地方格差の現状がここにあります。
そんなこともあって、MacBookを手に入れ他所でダウンロードするしかないだろうということで今回の導入になりました。
さて、本日隣町の美瑛町の観光協会にある、公衆無線LANなるものに初めてアクセス。つながるかどうかドキドキの初体験でしたが、あっけなくインターネットにつながりました。そしてブロードバンドの恩恵で数分で最新OS Xの230MBのダウンロードに成功。公衆無線LANに感謝。
そして自宅に戻り、iMacにインストール。さらにPhotoshopほかもCS3にバージョンアップさせることができました。
これでようやくPhotoshopがIntelMacのネイティブで動くようになりました。起動が速い。動作も心持ち速いぞ。
で、ご満悦。

ところでパソコンにwinユーザーとMacユーザーがいますが、ボクは断然Mac派。カメラはキャノンでもニコンでもどっちもいいなあと思えるけど、コンピュータはMacしか駄目。ウチにも一応windowsのPCもあるけど、触るとアレルギー出ちゃいそう。なんて書いたら怒られるかな。
ま、とにかくMacが好きなんですよ。特に白いのがいいね。(新しいiMacのシルバーと黒い顔つきはいただけない。)
説得力も何もない、戯言なのでwindowsの皆さん目くじら立てないでね。ちなみに昔からアンチ巨人は貫いてます。

カレンダー到着

2007年09月03日 - お知らせ

20070903181729.jpg

「千の風になって」カレンダー、完成、到着。イエィ!
でかっ。

誕生日

2007年09月01日 - 日々の暮らし

20070901145154.jpg

今日は次女紬季(つむぎ)の1才の誕生日。髪の毛くりんくりんちゃんです。
お姉ちゃんと違って活動的な妹です。もうすぐ歩きだしそうになってきました。
赤ちゃんから子供へなりそうな頃です。早く会話できるようになってね。(そうなりゃ、お姉ちゃんと二人でうるさいか・・・。)
親バカ日誌でした。

続きを読む »


カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net