挙式前

2007年08月31日 - 1DMark3

20070831084258.jpg

緊張のひととき。
顔が写っていなくても表情が分かる、伝わる。ご本人があとで見て、感情を思い起こすような写真を撮りたい。と思っている。
いい光が入れば言うこと無し。
EF28mmf1.8

晩夏

2007年08月30日 - 1DMark3

20070830074915.jpg

北海道の八月の花(と個人的に思っている)、オオハンゴンソウの群落にススキが混じってきた。
明日から九月。にしては日中は暑い北海道です。
繁忙期を乗り切り、通常営業に戻ります。撮影旅行にも行きたいけど、仕事ももうちょっと欲しいっす。体はキツイけど、今日明日のことだけ考えていればいい繁忙期はフリーランスにとっては楽なのだ。
EF28mmf1.8のf2の描写。シャープで割といい感じ。ボケもそれほど堅くない気がしてきた。

追記:おっと明日はまだ八月だった・・・。

雨の漁港

2007年08月29日 - GX100

20070829091720.jpg

お盆前に出かけた道南、八雲あたりの小さな漁港にて。

「千の風になって」カレンダー発売

2007年08月25日 - お知らせ

20070827174656.jpg

この秋、あの「千の風になって」のカレンダー(日本語訳:新井満 写真:飯塚達央)が全国発売となります。
私、飯塚達央の写真が一年間分(表紙含めて8枚)採用となっております。パチパチ(拍手)。
北海道の美しい風景写真と、千の風になっての詩が納められて、サイズは75×51センチのビッグサイズ。値段は2,100円となってます。
実はまだ印刷の最終段階で、ボクも刷り上がりをまだ目にしていない、手にしていない状態です。
それなのに、コープの戸別配送のカタログに掲載されました。いわゆる先行販売という形です。値段も1,890円とお安くなっています。(上の写真はそのカタログよりコピー)
ウチはコープさっぽろで、今週のカタログに載ってきました。全国のコープのカタログに近日中に掲載されるはずなので、コープの戸別配送をやっているご家庭の方はチェックしてみてください。(そして買ってください)
他にも9~10月には全国の主要書店などのカレンダー販売コーナーで、お買い求めいただけるようになるはずです。
「千の風になって」カレンダー掲載のいきさつなどは、後日お話ししたいと思います。

甥っ子

2007年08月24日 - 1DMark3

R.jpg

兵庫の明石から甥っ子たちが遊びにやってきた。いつになく賑やかな我が家。
上の子はなかなか男前に。ジャニーズ風に写真を仕上げてみる。
今日届いたばかりのEF28mmf1.8。開放で撮ると、広角でも良くボケる。しかしいわゆる二線ボケで堅いのが気になる・・・。

続きを読む »


月が見ている

2007年08月23日 - 1DMark3

20070823084307.jpg

日没間際にさっと一雨降ると、急に気温が下がった。雲が抜けるととうきび畑の上に綺麗なお月様が。
そろそろスイートコーンもお終い。ウチのミニ畑の自家栽培とうきびも残すところわずかに3本。間もなく茹でたてを食べられる幸せが終わってしまう。
夜はこちらに移住したいご家族に招かれジンギスカンを囲む。住むところは既に確保してあるのだが、仕事や、子供の教育や親のことなど越えなくてはならないハードルが高い。それでもここで子供を育て、家族一緒に暮らしたいと願っている。
ボクが12年前に北海道にやってきた時はまだ独り身だった。タイミングの良さもあったけど、ほったらかしにしてくれた親にも感謝しないといけない。それと恵まれた環境のなかで家族と暮らしている今の現状を、大切にしていかないと。
深夜の帰り道、星がとても綺麗だった。フロントガラス越しの低い位置まではっきり見てとれる。夜は半袖ではいられないくらいの気温になってきた。

撮影風景

2007年08月21日 - 写真

20070821091105.jpg

風景撮影はよくやっていますが、撮影風景を撮られることは希なので、うれしがってアップします。
青い空に白い雲と衣装。緑の葉に黄色と白い花。それに赤いポロシャツ。すんごいコントラストです、ははは・・・。
お二人も笑ってますが、ファインダー覗きながら笑ってるのが見て取れます。これ一番大事にしていることです。
美瑛の丘なんかでこんなことされたい方、ご用命ください。ナチュラルな家族写真も素敵ですよ。

それしにても我ながらシンプルな撮影スタイルです。いつも一人で仕事してるので、機材はシンプルに。大げさなことはしない。がモットーです。お嫁さん一人で撮るときは新郎にレフ板持たせることもありますが、2人を風景のなかで引きで撮るときは、(必要があれば)クリップオンストロボでやってます。一応弁解しときます。

秋桜

2007年08月20日 - 1DMark3

20070820121127.jpg

さっき会った人に、「ブログの更新止まってるね、まずいよ~」と言われる。今見たら前回から一週間も経っている。わーマズイ、マズイと慌ててエントリー。
3日ほど前に撮ったコスモスです。ウチの前の歩道に咲いてます。あれだけ暑かった北海道ですが、それも4日ほどで終了。お盆過ぎれば例年のように急に秋めいてきました。
今日は晴れ。気持ちのいい一日です。でも、なんか個人的には浮かないなぁ。夏の疲れでしょうか。
気分転換にEF28mmf1.8を注文する。ズームレンズばかり使っていると写真がヘタになりそうで怖くなってきた。
この写真は、1Dmk3にコンタックスプラナー50mmf1.4で撮ったものです。

決める夏。

2007年08月13日 - 日々の暮らし

20070813184222.jpg

あまりの暑さに午前中の仕事を終えると、ウチのすぐ近くに出来た湖の親水公園に出かけることにした。初めて行ってみたのだが、ほぼ貸し切り状態。青い空と、波のない広い湖面、旭岳の展望も独占する。
久しぶりの休息を楽しんだ。

続きを読む »


流星

2007年08月13日 - 1DMark3

20070813112217.jpg

ご無沙汰しております。お盆休みではなく、地方巡業へ出かけておりました。
北海道は長雨が止み、一気に33℃の真夏へ突入し、自分も含め仕事モードの人々はクラクラしています。
さて、昨夜はペルセウス座流星群が見られるということで、庭で夜空の鑑賞をしてみました。
夜中の12時から2時過ぎまでの約2時間。その間ずっと口をあんぐり開けながら、満天の星を眺めているとすーっと落ちる流れ星が見えました。その数、数十から五十くらいでしょうか。そのうち大きな尾びれを引いて、思わずおおっと声が出たのは4~5個くらいでした。
何年か前のしし座流星群の時のような派手さはありませんでしたが、それでもいつ出るか、どこに出るかと夜空を眺めているのも悪くないものです。
一応カメラを向けていましたが、残念ながら流れ星を捉えることはできませんでした。
ちなみに写真の星が真円でなく渦巻きのように見えるのは、レンズの歪曲のせいであります。

夕立ち

2007年08月08日 - 写真

20070808220354.jpg

天気予報で「山沿いはにわか雨でしょう」って台詞をよく耳にするが、ウチはまさしくその山沿いにある。町では降っていないのに、ウチのあたりはやたらと大雨が多い。雷鳴が響き、稲光におののくことしばし。ここ数日はそんな感じ。
明日からしばらくアウトドアの取材が続く。雨だと辛いなあ。

蝦夷梅雨?

2007年08月07日 - GX100

20070807185727.jpg

ここのところすかっと晴れない北海道。家族旅行で来られた森谷修さんも晴れ間を見ずに帰られたようで、なんだか申し訳ない気分。
これは蝦夷梅雨ってやつか?今日はカッパ着て、長靴履いてしばし雑草と戯れる。

非天然色

2007年08月03日 - CONTAX645

20070803143830.jpg

久々ブログに登場のCONTAX645。ネガカラー&スキャンで自己流記憶色に。
Distagon45mmの立体感、奥行き感はそのまま活きてます?
ネガフィルムは見事に飛ばない、潰れない、です。
立体感出すため、レタッチで潰しております。

カメラマガジン

2007年08月02日 - お知らせ

20070802080921.jpg

「カメラマガジンno.5」(えい出版社)が本日発売。p20~p25にちゅうも~く。
飯塚達央「北にながれるとき」(堂々の)6ページ掲載です。
他にも素敵な写真がいっぱい。渡部さとるさん、森谷修さん、大野葉子さん、簾田勝俊さん、面識のある方と同じ誌面を飾れたことも嬉しく思います。田中長徳、内田ユキオといった著名人と競演できたことでミーハー気分が盛り上がってます。さすが巻頭、巻末を飾る加納満氏、岡嶋和幸氏の写真は心にぐいっとひっかかる写真です。
「カメラマガジン」は写真とそれを撮った撮影者を、とても丁寧に扱っている紙媒体です。
この雑誌の愛読者であったボクは、今年の春に編集長宛にラブレターを書き、東京で写真を見てもらいました。今回の掲載は片思いが両思いとして形になったものです。そう考えるとやや照れくさくもありますが、みなさんにも手にしていただきたいと思います。さぁ、1,575円持って書店へGo!
ちなみに掲載された6枚のうち1枚は東川町文化ギャラリーで開催中の「インディペンデンス展」にて展示しています。お近くにお住まいの方は生プリントも是非味わってください。

夕涼み

2007年08月01日 - GX100

20070801185115.jpg

窓から入る西日と涼しげな団扇。風流ですな。ちなみにここの家主はイギリス人。
それにしても夏なのに暑くならない北海道。天気はさほど悪くはないのにね。どうにもおかしい。
そもそもお盆過ぎれば秋めいてくるというのに、今年は真夏ってもんが来ないんじゃないかとやや不安。暑いの苦手だから助かるんだけど、それにしてもねぇ。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net