FC2ブログ

土の写真

2007年04月03日 - EOS KISS DN

20070403180010.jpg
就実にて

写真展の準備は9割程度まで進んだ。今回はマット抜きも先方のギャラリーでやってもらうことにしたので、その分気持ちも作業も楽だった。
しかし、経費が重くのしかかる。
たまに、写真展やったというと、儲かりましたか?と聞かれることがあるが、残念ながらあり得ない。金額的な損得勘定では成立しないのだ。
いろんなとこからいろんなものを仕入れて、あと遠征費やら何やら総額でいくらになるのか、怖くて計算できないし、しないつもりだ。バラバラばらばらと支払うタイミングがズレることで何とかやりくりしているのが実情なのである。
そこまでして、なんで写真展をやるのか?
答えは今は分からない。でも、やらなきゃ始まらない。
皆さん、阿呆な顔見に会場へ来てやってください。

写真展の準備が進んだし、手持ちの仕事も2、3済ませて発送できたので、午後から仕事部屋と物置の片付けを。機材やら、写真のファイルやら、本やら、資料やら、消耗品やら、台紙の類いやら、フレームやらパネルやら、とにかくウチは荷物が多い。追い打ちを掛けるようにさらに宅急便がやってくる。
冬の間、雪に埋もれていた納屋のドアが開くようになったので、そこへ詰め込む。

幾分すっきりした気分で、夕方カメラを持って出た。
久しぶりに土の写真を撮った。



風物詩

2007年04月01日 - EOS KISS DN

20070401213838.jpg
美瑛にて

撮影仕事、撮ってきた写真を商品にする作業(納品データ作り、台紙貼り、アルバム制作)などで慌ただしく、さらに写真展の準備で、どうも落ち着かない日々が続いている。
そんななか、ある企画のカレンダーに写真を使いたいという話が舞い込んで来た。そのためのプレゼンと打ち合わせに時間を費やす。昨日デザインされたカンプが送られて来た。なかなかの出来映えなのだが、果たして世に出すことができるのか。
このまま上手く行けば、商品化され全国発売となるのだが。今は祈るような気持ちでいる。

今日は昼過ぎまで穏やかで四月らしい陽気となった。玄関先の駐車場の雪割りをすると午後までに融けて、数ヶ月ぶりに砂利と対面する。
南面の土が出た所にはふきのとうも顔を出してきた。
しかし風は冷たく、まだ油断ならない。

写真は数日前の美瑛にて。雪面の灰色は、スノーモービルで融雪剤を撒いた跡。丘の斜面に現れる面白い模様は、春の訪れを知らせる風物詩。


カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com