晴れ間

2007年01月29日 - EOS KISS DN

20070129174659.jpg

結局今朝は未明に雲が広がってしまい、期待していた朝にはならなかった。
お昼前に雲間から光が差し込み、ぱっと一瞬、青空が広がった。

ビッグストン・ギャラリーから全27点の額装完了の報告をいただく。額装された作品はまず、床に並べられ、壁面に掛けたときの間隔や、順番がおかしくないかチェックされる。結果、こちらで計算した通りで大丈夫とのこと。これでまた一安心した。
明日、いよいよ壁面に掛けられる。なかなかいい展示になりそうだと、言ってもらえた。

冷え込む朝

2007年01月28日 - EOS KISS DN

20070128202622.jpg

大阪から友人の写真家Nさん、そして東京からSさん御一行が寒波を連れてやってきた。ここ数日、本格的に冷え込む朝晩になっている。今朝はマイナス18℃くらいだった。
それでも写真的にはどうも空振り。Nさんは昨日の朝、美瑛の丘でサンピラーを撮ったらしい。そのころボクは疲れが溜まっててなかなか起きられず、家の窓から見えたダイアモンドダストに慌てて撮影に向かうも、時すでに遅し・・・。
今朝は逃さぬようまだ暗い内から出発するも、太陽は顔を出してくれなかった。
今晩も月が冴え冴えと輝いている。すでにマイナス10℃を下回っていることだろう。明日の朝も冷え込みそうだ。明日はいいシーンに出会えるかな。
それにしてもNさんにもSさんにも、数ヶ月に一回のペースで北海道で会っている。美瑛の友達でも年に何回会うかな?という感じなのに。彼らにとって北海道は、ちょいとそこまでの感覚なんだろうね。

旭川SWITCH

2007年01月27日 - お知らせ

SWITCH3.jpg

北海道北部にお住まいの方、今朝の北海道新聞朝刊の折り込み別紙「SWITCH」はご覧戴けましたか~?
ULU×photoseasonのユニットが「SWITCH」表紙をJACKしちゃいました。(紙面の最後のページも見てね)
ヘアーメイクと写真のコラボです。これで旭川をSWITCHします。
って何のこっちゃ~??とお思いの方、大多数・・・でしょう。
とにかく、奇麗になりたい人(女性限定)、アナタの望みを叶えます。
ちょいとおしゃれで、思い出に残るオリジナルなブライダルを挙げたい人にもお力になります。
旭川在住の方のみならず、北海道で結婚式を挙げたい人もどうぞ。
新聞の上に乗せてるものは豪華な写真集仕立てのULU×photoseasonユニットの資料です。一見の価値ありデス。

出来た!

2007年01月26日 - お知らせ

20070126223125.jpg

2月1日からの写真展の案内ハガキが刷り上がってきた。
我ながらなかなかかっちょええ、デザインだ。と見とれてる余裕も無く、主だったところへ発送する。
写真のプリント、マット抜き、その他もろもろ万事整えると同時に、刷り上がったばかりの案内ハガキも同封し、会場となる大阪十三のビックストン・ギャラリーhttp://www.bigstonegallery.com/へ発送することができた!
額装、展示はギャラリーでやってくれるので、これで写真展は出来ることになる。穴を空けることにならなくて済んだことにホッとする。
準備にしゃかりきになったこの一週間。我ながら凄い集中力でこなした。昨日から今日にかけては携帯電話の画面を見ることも忘れ、不在着信にも全然気づかなかった。
今は肩と背中のこりがひどくて、とにかく辛い。
大きく伸ばしたプリント写真をきちんと並べて見る余裕もなかったので、ギャラリー会場で展示されるところを見るのが、とても楽しみだ。(と同時に不安だったりもする)
2/10~2/12日は大阪に行き、ビックストン・ギャラリーに詰めています。
関西方面の方は、是非、いらしてください。写真展は2月1日からです。2/10~2/12日は大変な混雑が予想されますので(!?)、ゆっくり見たい方は、その前にも一度見ておいて下さい。出来れば静かに見ていただきたい写真の内容です。別の写真ファイルも置いてありますので、それもじっくり占有できるはずです。
大阪の写真展は、来年の冬にやるつもりが、急遽実現します。自分でも出来るかどうか半信半疑でしたが、今日発送も終え、ホントに写真展やることになりました!見に来て下さい。損はしないと思います・・・ょ。
それから、写真の販売もします。これまで写真を買ったことの無い方も、一度写真を買うという目線で、写真を見て下さい。そして欲しい、買いたいと思う一点に出会えたら、フォトシーズンの写真を所有してやってください。(値段はスタートということで低めの設定にしてあります)
大阪十三のビックストン・ギャラリーの詳細はhttp://www.bigstonegallery.com/です。


霧の森

2007年01月25日 - EOS KISS DN

20070125113129.jpg

朝食を摂ってると、外では霧が掛かり出した。
どうしようかと悩んだあげく、締め切り間際の月刊誌の原稿を急いで書き上げてから、車を出した。
軽く撮って、また帰路につく。
さて、これから写真展の準備の追い込み。マット抜きをやります。
早く完了させて、落ち着きたい。

雪晴れの道

2007年01月24日 - EOS KISS DN

20070124223901.jpg

久しぶりに積もって、久しぶりに晴れた日、早く帰って写真展の準備しなくちゃならないのに、ちょっと寄り道。気持ちよかった。

ポストカードサイズの写真「雪月風花」をご注文いただいた方に、今日発送させていただきました。長らくお待たせしてすみません。
クロネコヤマトのメール便で発送していますので、少し日数が掛かると思いますが、4.5日経っても届かない場合、メールの受信トラブル、発送漏れの可能性もあるので、ご連絡下さい。
それから、受け取った方も、是非ご感想をお寄せ下さい。

北海道雪景色1

2007年01月22日 - EOS KISS DN

20070122223008.jpg

朝、天気がよかったんだけど、期待していたほど気温は下がらず。どこか風景に凛とした感じがしない。マイナス9℃。
それでもちょっと風に吹かれると、途端に指先の爪のあたりが痛くて我慢しきれなくなってしまう。

京都光影4

2007年01月21日 - GR-D

20070121195731.jpg

小出しにするほどでもないんですが、ひつこく京都シリーズを。
圓光寺にて。名前を失念しましたが、この写真の手前側に竹の筒が地面の石から突き出ています。そこに耳を当てると、何と水がぽたぽたと落ちる音が聞こえるようになっているのです。かすかな音が、竹の筒で反響して、遥か地底から聞こえてくるような音です。何とも風流ですね。

写真展の準備はこの2日間で、写真のセレクトを済まし、プリント作業も初め難航しましたが、調子を掴むと、良いペースになってきました。モニターで見せる時のシャドーの締め方と、プリントアウトするときの締め方の違いに戸惑いました。
約半分のプリントを終わらせたところで、たっぷり買っておいたインクのうち、ライトグレーが在庫切れとなり本日終了。白黒出力すると、ライトグレーが大量に消費されます。明日、仕入れに行かなければ。
ウチの近郊でPX-5500のインクが売っているのはヤマダ電機だけ。2店舗のうち、1店舗のPX-5500用のインクは全部ボクが買ってしまったので、明日行っても在庫切れのはず。もう一店舗で在庫がなければ明日の作業はアウト。ヨドバシドットネットにも念のため注文しておいたが、届くのは早くて火曜か、水曜。ヤマダ電機にありますように。

京都光影3

2007年01月20日 - GR-D

20070120105105.jpg

これは圓光寺の庭園ですね。
去年まで住んでいた美瑛の家の裏は、日当りが悪く、じめっとしていて苔が生えていましたが、こんなに美しくはありませんでした・・・。

2月の写真展の準備中の休憩がてらにブログ更新。
案内ハガキのデータ作成を終え、印刷屋さんに出稿する。仕上がりに6日ほどかかる。
マットを買いに行くものの、写真に合わせるとマットの色が気に入らず、買い直しに行く。取り寄せに急いでもらっても5日ほど掛かる。到着次第、フレームに合わせて自分で裁断し、V字に窓枠をカットしなくてはならない。
只今、写真のセレクト作業中。30点の選び出しに迷う、悩む。まだこんな段階に居ます・・・。
ギャラリーのホームページに、写真展の案内がアップされた模様。http://www.bigstonegallery.com/
大阪行きのチケットも確保。2月10、11、12日はビッグストンギャラリーへ、是非。
詳細は追ってお知らせします。
それからポストカードサイズの写真「雪月花風」も只今制作中です。ご注文いただいた方、しばしお待ち下さい。

京都光影2

2007年01月19日 - GR-D

20070119170747.jpg

こんな所にも日本がありました。北海道では見られない光景です。
長靴とともに暮らす、長くて寒い冬の暮らしが嫌になってしまいました。
年取ったら、京都でマンション暮らし。毎日のように寺院散策。そんな生活を夢見てしまいました。
さて、これから雪かきです。

京都光影1

2007年01月18日 - GR-D

20070118231639.jpg

京都へ行って参りました。嫁と娘たちを大阪の実家に残し、ふらり一人でoneday tripです。うららかな春を思わすような陽気の中、瓦屋根を見ながら知らない小径をジグザグに歩き、貸し切り状態の寺院を楽しんで参りました。日本人に生まれてつくづく良かったな、そう思わずにいられないひとときでした。

空と地3

2007年01月17日 - CONTAX645

7.jpg

CONTAX645 S210mm FUJI RDP3
青い雪原の向こうに黄色い太陽が沈んでいった。

白い森

2007年01月16日 - CONTAX645

6.jpg

CONTAX645 S140mm FUJI RDP3
しんしんと雪が降り続いていた。

写真展速報@大阪

2007年01月15日 - お知らせ

突然ですが、大阪での写真展が決定しました。
「雪月花風Ι」~北海道氷点下のウォームトーン~(仮題)
場所は大阪十三ビックストン・ギャラリー
日程は2月1日から2月16日(土曜日休み)です。
実は今大阪に来ていてギャラリー巡りの最中、初訪問のギャラリーにて急遽開催が決定しました。
詳細は追ってお知らせします。なにせ本人も驚く急な決定なのです。北海道に戻って準備期間がわずか10日間。果たして間に合うのか!?
関西の皆さん、楽しみにしておいて下さい。

空と地2

2007年01月15日 - CONTAX645

5.jpg

CONTAX645 D45mm FUJI RDP3
風のいたずら。

冬の造形

2007年01月14日 - CONTAX645

3.jpg

CONTAX645 S140mm FUJI RDP3
世の中何でも杓子定規にいかないこともある。むしろそれが自然の成り行きだ。

空と地1

2007年01月13日 - CONTAX645

2.jpg

CONTAX645 P80mm FUJI RDP3
吹雪が納まった夕暮れ。ほのかに染まる夕雲にほっとする。

朝の河原

2007年01月12日 - CONTAX645

1.jpg

CONTAX645 S140mm FUJI RDP3
気温マイナス25℃。何もかもが凍る朝、シャッター押すのもキツかった。
これは咋シーズン、ほぼ一年前の写真です。今シーズンは全くシバレません。
年々、シバレる回数が減ってきて、ダイアモンドダストとか、霧氷などの自然現象が出現する機会も少なくなって来ているのが気がかり。地球温暖化の影響でしょうか。
それでも昨シーズン1/12日までにマイナス20℃以下の日が、3回ほどあったのですが、今シーズンはまだマイナス15℃に1回なった程度です。
とは言え、この先1ヶ月が最も冬らしく冷え込む季節です。楽しみに待ちましょう。

フィルム派の人々

2007年01月11日 - CONTAX645

20070111113453.jpg

CONTAX645 Sonnar210mm ×1.4Mutar FUJI RDP3 PROVIA100F

ブログではデジタル中心ですが、平行してフィルムでも撮っています。現像完了までにタイムラグが出るので、アップする機会を逸しがちですが。
今年の冬はCONTAX645のフィルムバックにカラーポジと白黒フィルムを入れて、交換しながら撮っています。
カラーポジは最近はフジのPROVIA100Fオンリーです。雪の白が白に写るので安心して使えます。適度なコントラストもあって、ツァイスレンズとの相性も良いようです。

何を今さらこんなことを書くかと言うと、写真仲間のNさんがCONTAX645を買いました。別の中判カメラもEOS5Dも持ってるのにです。別の写真仲間のMさんも、CONTAXで写真を撮りたいと言い出しました。ホント今さらと思うのですが、お二人とも超上級レベルなので、止めもしません。さらに上の写真を目指すには、フィルムとは切っても切れない。そういうことのようです。

富士フィルムは8ミリフィルムの販売と現像終了表明を撤回し、延期することを発表しましたね。今さらの8ミリですが、写真仲間のTさんも作品撮りに愛用していて、きっと喜んでいることでしょう。この延期には、映画監督さんたちの反対運動が功を奏したようですが、フジの英断には拍手ものでしょう。現像料金の値上げはあるようですが。

えー、それでポジフィルムも過去の遺産にならないとも限らない。プロラボの閉鎖も相次いでいるようです。デジタル化への動きはこれからも加速して行くでしょうが、細々とながらフィルムを愛用しているボクとしては、たまにフィルムで撮った写真をアップしたり、フィルムの話をしないといけませんね。そうでないと銀塩で育った写真家は、このままでは自分の首を自分で絞めかねないことになりそうです。
と言うことでこの先一週間ほど、過去作も含めて、しばらくポジの写真をアップして行きます。リアルタイムの投稿はちょっとお休みですが、おつきあい下さい。

ちなみに、フジクロームクラブのホームページに私の写真が使われました。フジクロームクラブですから、フィルム派のクラブです。(あぁなるほどそういうことか・・・。と言わないで下さいネ。)
http://fccnet.jp/でどうぞご覧ください。

光画集「雪月花風」お申し込み御礼

2007年01月11日 - お知らせ

昨日、光画集「雪月花風」販売のお知らせをいたしましたところ、たくさんのお申し込みをいただきまして、ありがとうございます。相次ぐメールの数にびっくりしました。
頭の中では一週間ほどで予定数の30セットに到着するかな?と思っていたのですが、一日で30に達しました。ここで終了させてしまうと、このブログを毎日チェックして下さっている訳ではない、大多数の方にチャンスがなかったということになってしまうので、もう少し数を増やそうと思います。
急いで申し込んで下さった方、30部限定に惹かれて申し込んだ方には申し訳ございませんが、お許しください。
それしても、たくさんの方がボクの写真に対して興味を持ってくださっているということを知り、本当に嬉しい限りです。写真撮影というのは本来とても孤独な作業です。ともすればくじけたり、怠けたりしがちです。そこに力を与えてもらえたことを幸せに思います。
自分の撮った写真が買われて誰かのものになり、部屋に飾られること、は今ボクの大きな興味の対象であります。写真の売買に関心があるのです。今年はそういう機会を積極的に作って行こうと考えています。

光画集「雪月花風」

2007年01月09日 - お知らせ

20070109220326.jpg

フォトシーズン光画集「雪月花風」vol.1販売のお知らせです。

続きを読む »


swim

2007年01月09日 - EOS KISS DN

20070109100454.jpg

雪を泳ぐおたまじゃくし。
ボクはこれを撮るために雪に溺れそうになり、もがいてしまう。

雪木立

2007年01月08日 - EOS20D

20070108100719.jpg

久しぶりにまとまった雪が降りました。新雪はやはり奇麗です。
などと呑気なことを言ってたら、道内大荒れの天候だったようです。

jpeg画像をAdobe Light Roomで色温度、彩度、トーン、周辺光量など細々と調整し、自分好みに仕上げてます。
Adobe Light Roomではjpeg画像も、RAWファイルと同様に現像が出来るようになっていて、とても便利です。

兄妹

2007年01月06日 - EOS20D

20070106193111.jpg

初めて会う2人だったけど、とってもいい顔を見せてくれた。
雪の北海道、リビングの窓のレース越しの光は柔らかく、ちょうど大きな面光源となって兄妹を照らしてくれた。
いい顔といい光。それさえあれば大丈夫。
この先何十年ものあいだ、きっと大切にしてくれる一枚を残せたような気がする。
そう思うといい職業だね。
撮らせてくれてありがとう。

納屋

2007年01月04日 - EOS20D

20070104161514.jpg

EOS20D + Distagon25mmf2.8 × Adobe Lightroom

穏やかな正月

2007年01月02日 - EOS20D

20070102163613.jpg

今朝は少しまとまった積雪があった。それでも日中は日差しも柔らかく、まったくもって穏やかな正月だ。
今晩はほぼ満月で快晴。放射冷却で明朝の予報はマイナス15℃。今シーズン初の冷え込みになりそうだ。満月の朝は何故か厳しく冷え込むことが多い。さて、どんなドラマが起こるだろうか、早起きして出かけてみよう。

あけましておめでとうございます

2007年01月01日 - CONTAX645

20070101092423.jpg

明けましておめでとうございます。
北海道、東川は薄曇りから、晴れ間が覗き出しました。静かで穏やかな新年を迎えております。
みなさんの住んでいるところは、いかがですか?
例年元旦の朝は、いつもと変わらずトーストに珈琲なのですが、今年はちょっと奮発して、おせちを取り寄せて、おとそで乾杯しました。
庭では、小鳥たちがわたしたちのごちそうはまだかと請求しています。ひまわりの種をやって、ちょっと一休みしてから、家族で神社に初詣に出かけてこようと思います。出店もなく賑わいの乏しい神社でお参りすると、田舎暮らしを実感します。
楽しみの年賀状が、ウチに届けられるのは毎年日が暮れる頃。
雪が降らなくていいお正月です。
今年一年が充実した一年でありますように。

最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net