FC2ブログ

交差点

2005年12月08日 - 写真

20051208161553.jpg


GR デジタルレビュー

2005年12月08日 - 写真

日経のウェブサイトIT-PLUSにボクがレビューしたリコーのGR-デジタルの記事が掲載されました。興味のある方はこちらをご覧下さい。あちこちのサイトで写真がアップされていますので今更ボクが言うまでもありませんが、非常に写りのいいデジカメです。コンパクトデジカメも、本気で作ればここまで出来るのかと感心してしまいました。でもその良さが分かる、求めているユーザー層がどれくらいいるのか?リコーはこの開発費なんかをペイ出来るほど売れているのか?少し心配です。もし、このカメラがたくさん売れるようであれば、例えばフジのティアラデジタルとか、コニカミノルタのTC-1デジタルとか、単焦点搭載の写りの良いコンパクトデジタルが発売されることに繋がらないかと期待しています。
コニカミノルタは業績から言って期待薄ですが、フジならやれるはず。フジお得意の高感度も実用域なコンパクトデジカメ。レンズは35ミリ相当で、ワイコンつけて28ミリなんてのはいかがでしょうか?但し、写りはあのフジお得意の誇張されたものではなく、あくまでリアリティーあるものでなくてはいけません。
あと、GRデジタルですが、驚くべきことに将来CCDの交換オプションがあるかもしれないと言う記事が田中希美男さんのサイト
に載っています。このことはこのGRデジタルが長く付き合えるデジカメになるということを意味します。いままでデジカメと言ったらどんな高級機でも2.3年たったら「おもちゃ」に成り下がってきたことを思うと、画期的なことです。

あそこに行けば逢える

2005年12月07日 - 写真

今日所用で美瑛に出かける。東川は晴れだったのに美瑛は霧でどんよりした天気だった。木々にはこの時期には珍しく霧氷がびっしりついている。白い世界の中の白い霧氷を撮ってみたが、やはり青い空をバックにすこーんと抜けた写真も欲しくなる。
ならばとあのポイントへ向かう。
するとどうだろう、これまでの霧が嘘のように晴れて青い空に白い霧氷の花が咲いたのだ。やったね。してやったりと一人にんまり。
満足いくまで撮って、ならばと場所移動するものの、またもやどんよりした霧の中へ。
やはりあの場所だけが霧が晴れるのだ。
いつもそう、霧が深くて困った時はあそこに行くといい。
地形的にちょうど空気の流れる場所なんだろう。自然現象にはちゃんとした理由がある。
哲学の木の山側あたり。これからの季節、霧氷が良く着くから覚えておくと幸運に恵まれるかも。

20051207135219.jpg


コンタ645で撮るのが楽しくて、デジで撮る回数がめっきり減ってしまった。フレーミングに難ありも、お許しください。

絵画調レンズ

2005年12月06日 - 写真

コンタ645レンズの話その2。プラナー80ミリf2。
中判レンズで開放値f2。それだけでもう期待度120%。
ファインダー覗けばそこはトロトロの世界。それでいてピントの合ったところは鮮鋭に繊細に起こし上げる。色乗りは濃く、トーンはこれでもかと豊富。まさしくツァイス!
こいつで撮るだけで、世界は絵画調に変わる。

20051206184718.jpg


最近の若菜。まだしゃべらないけど、自分の名前が分かるようになった。「いいづかわかなさーん」と呼ぶとハイッと言わんばかりに手を挙げる。
お気に入りのテレビが始まるとパチパチと拍手。そしてエンディングにはバイバイと手を振るように。

enyaが似合う朝

2005年12月06日 - 写真

朝、目覚ましが鳴ってもぬくぬくとした布団からなかなか出られない。
車はガチガチに凍ってしまっていて15分程アイドリングが必要だ。
おとといだったか、最低気温はマイナス17℃だった。近頃は昼間も気温がプラスにならない。
今朝はそれほどではなかったが、丘に上がると木々が真っ白だった。雪のせいではない。水蒸気が凍って霧氷になっている。
誰もいない雪原に、キタキツネだけが顔を出す。
キュキュッと雪を踏みしめながら車を走らせる。
BGMはenyaの「Amarantine」
やがて雲の合間から朝の光が突き刺さる。

enya.jpg


カミソリレンズ

2005年12月05日 - CONTAX645

コンタ645のレンズ、一通り試し撮りしてラボに持ち込み即現して参りました。
220のフィルム3本。現像上がりのスリーブをドキドキわくわく、ライトボックスにのっけてみる。この瞬間がたまらんね。
ざっと見たその中で、ひときわ目を引いたコマ。それがディスタゴン45ミリで撮ったものだった。
凄いシャープ。凄い解像力。ぞくっと来たよ。こんなレンズがあったのか・・・。

20051205214015.jpg


スキャンして圧縮かけたweb画像じゃ伝えきれないだろうな。もどかしい。

20051205214357.jpg


もひとつおまけに。冴え冴えとした空気が伝わるでしょうか?三日月の夜。ウチの家からの眺め。

輪廻転生

2005年12月03日 - CONTAX645

機材のリストラの結果、代わりにやって来たコンタ645のレンズたち。
ディスタゴン45ミリf2.8、プラナー80ミリf2、ゾナー140ミリf2.8、ゾナー210ミリf4、ムター×1.4の、4本プラステレコン1本。
思い切って東京のフジヤカメラの通販でボーンとまとめ買い。『それ、全部包んでくれやー」とは言いませんでしたが、「まとめて買うから安くして」とお願いしたらあっさり「出来ません」のひと言。東京の商売は手堅い・・・。
東京の友人に頼んで下見してもらったとは言え、通販で現物見ずに買ったのでドキドキでしたが、届いた梱包を解いてびっくり。めちゃめちゃキレイやん。中には小傷有りのABランクの格安品も含まれてたけど、全然気にならんレベル。
この値段でこれだけ揃えられたら、いい買い物だったと言えるでしょう。

20051203132632.jpg


それで早速試し撮りに。
いやあ凄いっ!のひと言。何がって、ファインダー越しに見える風景の何と美しいこと。
80ミリf2の最短距離近辺なんて、現実をはるかに越える美しい世界です。とろっと融けた大きなボケの中、ピントの合ったとこだけキリッとしかも繊細に浮かび上がる様。
見てるだけでうっとり。
望遠系はみんなそう。どんどん絞り開放で撮りたくなるレンズです。きっと撮る写真が変わるなと確かな予感を感じました。
しかも45ミリの広角だって、ピントがはっきり見える。立体感があって、明るくて大きくて良く出来たファインダーです。レンズがめちゃくちゃいいんだろうね。ツァイスの新しい設計だから当然か。
それにしても覗くだけでハッピーになれる、こいつは最強のカメラかも知れない。という予感。
ボディーの使い勝手いいし。
極寒時に動いてくれるか心配だけど、もう他のカメラはいらないなという感じ。
んで、一体何が撮れたかと言うと、これは来週、中頃現像上がってからのお楽しみ。その辺デジカメと違ってじれったいけど、そう急ぐもんでもなし、どんな絵が撮れてるか楽しみは長くあった方がいいということで。

音します?

2005年12月02日 - 未分類

今初めて気づいたのですが、このブログ開いたりページを移動する度に、カメラのシャッター音がするんですね。知らなかった・・・。
これはそういうブログデザインのデフォルト設定なのでしょうか?
それとも誰かが・・・?
この音コンタックスRTS3に似てます。
皆さん、聞こえてましたか?
う~ん、不思議だ。

職場で(こっそり)見ている方には、耳障りでしょうか、この音。

白いスケジュール

2005年12月02日 - 写真

雪原に置いてけぼりの牧草ロール。

20051202162406.jpg


雪が降るとほぼ時期を同じくして、仕事も暇になる。雪原と同じような色のスケジュール帳。
札幌での写真のイベントが2週間後に控えていて、その準備に取りかからなくてはならないのに、どうも気力が湧いて来ない。
しかも風邪は治ったのに、上半身が石のように重く、気分が優れない。
気分転換にデジカメ持って外に出る。雪が止んで、雲の合間から光が射した。
もうちょっと気合い入れて頑張ろう。

根雪

2005年12月01日 - 写真

20051201120955.jpg

いよいよ根雪でしょうか?

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com