FC2ブログ

雪の層

2021年01月26日 - デジタルモノクローム

20210122-IMGP6030-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



写りに関しての専門的な知見も言葉も持ち合わせていない私ですが、
大きなセンサーが受け取った画像に、厚みを感じます。
何度も降り積もったであろう雪にも、下の堅くなった層、上に積もった柔らかい層。
それぞれの質量を感じ取れる気がします。



北海道/芦別市
PENTAX645D A45mmf2.8



岩見沢の夜

2020年12月19日 - デジタルモノクローム

20201216-DSC08675-Edit.jpg

20201216-DSC08760-Edit.jpg

20201216-DSC08771-Edit-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



大雪降りしきる岩見沢へ。
JRで往復するつもりで旭川駅に行くと運休が長引いていたので、車で行くことに。
市内は仲通りに入ると車の行き違いができないくらいの道幅まで雪が覆っていましたが
大きな混雑はなかったようです。
ステイホームされてたのかも知れません。


北海道/岩見沢市
SONY α7s FE55mmf1.8



白い夜 2

2020年11月12日 - デジタルモノクローム

20201110-IMGP5547.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



降り始めの雪はまだ湿っぽく、撮り歩いているうちに濡れそぼって
自身の不快さに加え、見た目の怪しさが増してしまうのが難点です。


北海道/東川町
PENTAX645D A45mmf2.8


白い夜 1

2020年11月10日 - デジタルモノクローム

20201109-IMGP5530.jpg

20201109-IMGP5537.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




昨日までのなんてことない風景が、どれもこれもフォトジェニックなものへと。
雪の力はすごいです。


北海道/東川町
PENTAX645D A75mmf2.8








モノクロームの風景 6

2020年10月28日 - デジタルモノクローム

20201023-IMGP5279-Edit-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



炭都夕張では取り壊され殆ど見られなくなった腰折れ屋根のかつての炭坑住宅。
2軒とか3軒とかつながって1棟になっています。
特に清水沢のがごっそり更地になったのは残念でした。
それがここでは残っています。

でも玄関や窓が塞がれているものばかり。
明かりがつくのを見てみたいものです。

2020年9月30日の住民登録数3,062人。実際住んでいる人は3,000人を切っていることでしょう。
全国一人口の少ない市です。
炭坑で賑わった昭和20年代には4万6千人いたそうです。


北海道/歌志内市
PENTAX645D A45mmf2.8





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の52才、脱サラし北海道移住24年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com