キャンプツーリング 朱鞠内湖

2017年05月31日 - W650

20170530-IMG_7974.jpg

20170530-IMG_7983.jpg

20170531-DSCF2221.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



この春にW650を買ってリターンライダーとなって、やりたかったことの一つ
キャンプツーリング(キャンツー)に行ってきた。
行き先はお気に入りの朱鞠内湖のキャンプ場。

人もまばらな湖畔のサイトで珈琲をドリップして、贅沢な夕暮れ〜朝を過ごした。
荷物満載のW650もこのシチュエーションにぴったりで
その姿にニタニタしながらね。
相棒になりつつあるなあと嬉しく思うのだった。


北海道/朱鞠内湖
上2枚 iPhone6s
下1枚 FUJI X-E1XF18-55mm f2.8-4
X-E1の写りが悪くがっかり。色味、ボケ、遠景描写の不自然さは何だろう?
(iPhoneの写真もアプリでいじってるから不自然ではあるけどね)
この当時の「X-Trans CMOSセンサー」の悪いところが目立ってしまった感じか。
キャンツーで荷物を減らしたいときに活躍してくれるかと思ったけど、残念。




日帰りながらも初ツーリング

2017年04月26日 - W650

20170424-P4240173.jpg

20170424-P4240198.jpg

20170423-P4230146.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ようやく暖かくなってきたのをチャンス到来とばかりに、W650を駆り出した。
これまで寒くて30分が限界〜1時間乗れた〜100km乗れたと徐々に時間を伸ばしてきて
一気に月曜は南富良野まで260kmの日帰りツーリングを敢行。
翌火曜日も幌加内あたりをぐるぐると180kmのライディングを楽しんで来たよ〜。

このW650というバイク。絶対性能は劣るけど、乗ってて愉しい。
時間があっという間に過ぎていく。
退屈な車の移動とは大違い。
肩肘張らず、5速2,000回転そこそこの60~70km/hあたりで流すのさえ愉しく思えてしまう。
そこからアクセル開けるとどどどーっと加速してくれるし。
だけど右コーナーがへたくそで、ぴたっと決まったことがない。
まだワインディングを愉しむ余裕はないよー。

W650のネイキッドな姿に惚れたのに、
CHIC DESIGN のメーターバイザー、ハンドルガードが風よけに欠かせない。
特に日が傾きだすと寒い。寒い。
幌加内はまだまだ雪が残ってるし。
太陽と追っかけっこしながらの帰り道。



北海道/幌加内町・和寒町・東神楽町
OLYMPUS E-PL6 Panasonic17-35mmf2.8 35-100mmf2.8






夕輝 W650

2017年04月02日 - W650

20170331-NDF_3352.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



夕陽と建物の照り返しを受けて、俺のW650クロームバージョンが、カッコ良い。ぞと。
今時のバイクと違って、空冷エンジンの造形や、メッキを多用した車体が美しいー。
ブラックリムのスポークホイールも渋い。
インジェクションじゃなくてキャブレター。
使う機会はあんまりなさそうだけど、キックペダルがついてるだけでいいじゃないか。

日射しは春らしい。
でもバイクに乗ると風は冷たく、1時間で根を上げてしまう日々。
見た目うんぬん言ってられなく、ハンドルカバーをつけて凌いでる。
小ぶりながらもスクリーンを着けたら、腹の冷えがだいぶマシになった。

そんなやりくりをして、近所をちょこまかと走らせている。
住宅街の狭い道をわざと右左折繰り返し、一時停止でストップ&ゴー。
駐車場でUターンや8の字を描いて、身体をバイクに慣れさせている。
不安定な極低速域でコントロールできるようになれれば、
人馬一体感が生まれてくるってもんだ。

このW650は、675ccという大きめな排気量の割に2気筒エンジンのため車体がコンパクト。
パタパタと倒しやすい細いタイヤ。楽なポジション。足つきもいい。
そんな仕様で、ちょこまかと走る曲がるがやりやすい。
でもそろそろ一日乗っていたい。
今週は10℃以上に上がる日があるみたいだから、楽しみだー。


現在のノーマルからの改造点
・r'sギア ワイバンクラシックマフラー
・POSH ハンドル イングランドバー
・ウインカー とリア移設
・メーターブラケット
・CHIC DESIGN ガイラシールド
・バックミラー
・NHK ステアリングダンパー
ここまでは購入時に着いてたもの(センスのいい前オーナーでした)

・KOMINE ハンドルカバー
・W800純正 メッキチェーンカバー
が購入後に着けたもの





北海道/東川町
Nikon Df AF-S NIKKOR 24-70mm 2.8G ED








最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net