FC2ブログ

とびきりの夕陽と夜

2020年09月19日 - スナップ

20200916-R0005194.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


ここはかつての駅。名寄本線と湧網線の分岐駅だったところ。
らしいのだけど、とうの昔に廃線になってるし、オホーツク沿岸は複雑に国鉄の路線が張り巡らされていたので
鉄道マニアを自負する自分でも、かなり怪しいところ。
保存されている木造の跨線橋と、旭と書かれた車掌車が西日に照らされ実に渋い。

今は道の駅になっていて、隣には温泉施設があり、これまでに何度か利用している。
この日もテント泊の前に、さっぱりしようと露天風呂の湯船に浸かると・・・そこには見慣れた顔が。
上富良野の友人SNBさんでした。いやびっくり。

しかも同じキャンプ場ということで、サロマ湖の湖畔で二人で焼き肉しながら夜を過ごしたのでした。
あいにく風が強くて、建物の裏で肩を寄せ合うように肉をつつくおっさん二人。
傍目には相当気持ち悪く見えただろうな・・・。
キャンプではいつもひとりぼっちの夜を楽しむのが常ですが、
SNBさんのおかげでまた違う楽しい夜を過ごすことができました。
連れションに行ったとき、見上げた夜空に天の川がとても綺麗でした。


北海道/湧別町
RICOH GR3



zoomを使った
「飯塚達央 -Small World- オンライン写真展&トークセッション」
日時:9月20日(日) 20時スタート 21時頃までの予定
参加費は無料
参加したいという方は、

tats@photoseason.netまで
タイトル「オンライン写真展参加希望」として
お名前と、何県何市在住か書いてメールを送ってください。
ギリギリになりそうという方も、メールくだされば、招待コードとパスワードを返送しておきます。




湿地の夕暮れ

2020年09月18日 - スナップ

20200916-R0005192.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


湿原や湖沼の風景が好きなんです。
人間が足を踏み入れられないじゃないですか。
どこまでが地面で、どこからが足がはまってしまうのか分からなくて。
だけど(だからこそ)鴨とか鷺とか悠々としてて。
北海道の端の方に行くと、こういう湿地が多くて
ああ北海道だなあと思うのです。


北海道/紋別市
RICOH GR3




緩い時間

2020年08月30日 - スナップ

20200827-R0005039.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


連泊するつもりでしたがワイルドなチミケップ湖を離れ、屈斜路湖の和琴半島の野営場に引っ越ししました。
ここは人がたくさん居て、野生生物の心配もゼロ。
気を緩めても安心です。
隣のテントのおじさんは、げっぷ、おなら、いびきの音がでかく、気を緩め過ぎだろと思いましたが
昨日の今日だから、それも許せます。

この日も、翌日の帰りも33℃くらいあって、暑くて参りました。この夏、初めて味わう暑さとべとべとの汗。
阿寒周辺のトレッキングも試みましたが、日が悪すぎました。
それが2日経って東川町は今、雨で13℃。寒いです。
予報ではまた今週30℃だそうで・・・。ジェットコースターか。

上のはピンホール写真のようですが、
単なるピンぼけです。気を緩め過ぎたようです。


北海道/弟子屈町
RIGOH GR3








チミケップ湖のワイルドな夜

2020年08月29日 - スナップ

20200826-R0004967.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


写真展「Small World」の期間が終了しました。
新規に構えて5年になるスタジオの紹介を兼ねた初めての試みでしたが
おおむね好評だったようで、ほっとしました。
ご来場くださった方々、ありがとうございました。
あいにく来られなかった方、zoomを使ったオンライン写真展ができないかと検討を進めています。
(あまり期待せずに)お待ちください。


さて、ほっとしたところでソロキャンプに行って来ました。
今回はオートバイじゃなく、軽のオープンカー、コペンで。
ところが今年一番の暑さ!?に見舞われて、とても屋根を開けられませんでした・・・。

行き先は、前々から気になっていたチミケップ湖(道東・津別町)のキャンプ場というか野営場に。
ここは道のりが未舗装路、携帯も圏外という山の中。
そして焚き火禁止ということで、これまでちょっとためらっていたのですが、焚き火をあきらめ行ってきました。

すると、まあ静かなサイト。し〜んという音が聞こえるくらいです。
他にソロキャンパーが2張り、夜のおしゃべり声が響くこともありません。
(携帯電波はソフトバンク系がかろうじて入りました)
湖に目を向けると人工物が一切ありません。すばらしい環境です。
トイレも綺麗で、これは北海道で一番のロケーションだなあ。
と思っていたのです、日が沈むまでは。

続きを読む »


星降る湖へ

2020年08月18日 - スナップ

20200816-R0004797.jpg

20200817-R0004885.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



明日から写真展なのに、余裕ぶっこいてバイクでキャンプに行って来ました。
今回の相棒は車検取り立てのW650。4万kmオーバーですが、快調です。
それにカブと比べて巡航が楽だわ〜。キャンプ道具一式載せても普通にスピード出るし。

行き先は100km先の朱鞠内湖へ。2泊で。
前回5月にカブで行ったところです。
お盆明け直後なので、やはりまずまずの混み具合で、静かな夜を一人楽しむって訳にはいきませんでした。
それでも満天の星が神秘的でした。天の川もくっきりと。
2日目の夜は風がなく湖面に映る星も見られて良かったです。

ちらっと写ってるのは、流れ星?
だと信じたい。
一週間ほど前のなんとか彗星は、自宅脇から100枚くらい撮ったのに撮り逃したのですが
今回は2枚に写ってました。


北海道/幌加内町
RICOH GR3






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com