FC2ブログ

スワローエンゼル

2019年05月25日 - 鉄道のある風景

20190517-R0000629-Edit-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



国鉄最大にして最速のSL C62。昭和23年製。
その2号機には、特急「つばめ」を牽引する任務につくにあたり、つばめマークが取り付けられた。
その誇らしげな姿は「スワローエンゼル」と呼ばれていた。
らしいです。

昭和31年からは北海道の函館本線の急勾配区間を担当していました。
残念ながら現役時代を知りませんが、
未だに京都の梅小路鉄道博物館で、トロッコ列車をゆっくり牽引しています。
さながら余生を過ごすおじいさんですね。


弟のC62 3号機は、一旦引退後、昭和63年になって、北海道の函館本線上に「SLニセコ号」として復活を果たしました。
私も何度か、当時住んでいた静岡から撮影に行きました。
本気で走る大きくて速いC62の姿は、身震いするほどに圧倒的な迫力でした。



京都/梅小路鉄道博物館
RICOH GR




もう少し

2019年05月11日 - 鉄道のある風景

20190510-DJI_0981.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



そろそろ桜が咲いたかと出掛けた峠の駅は、やっと咲き出した頃でした。
気温は9℃。
木陰にはまだ雪が。
寒くて震えながらの撮影になりました。




北海道/和寒町
Hasselblad L1D-20c






さよなら夕張支線6

2019年04月05日 - 鉄道のある風景


20190328-FUJI9518.jpg

20190328-FUJI9548.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




帰らざる日々。
ありがとう。おつかれさまでした。



北海道/夕張市(石勝線夕張支線)
FUJI X-T3 XF100-400mmf4.5-5.6
※列車が去って上がった踏切からの撮影



さよなら夕張支線5

2019年04月03日 - 鉄道のある風景

20190328-FUJI9440.jpg

20190328-FUJI9426.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




いつまでも続いて欲しい夕暮れの鉄道風景。




北海道/夕張市(石勝線夕張支線)
FUJI X-T3 XF50-140mmf2.8





さよなら夕張支線3

2019年03月31日 - 鉄道のある風景

20190328-DJI_0842.jpg

20190328-DJI_0860.jpg

20190328-DJI_0875.jpg

20190328-DJI_0883.jpg
(c)Tatsuo Iizuka





今、平成3月31日19:40分、夕張支線の最終列車が走っているところです。
多くの方々が沿線で手を振って見送っているところでしょう。

炭坑の町として大いに栄えた夕張市。
ごらんのように、山の谷間に町が形成されていました。
そこを縫うように鉄道が走ってきました。
4枚目の写真の右側は「ズリ山」です。
石炭を掘った時に出るクズを積み重ねて出来上がった山です。

夕張の鉄道は今日、127年の歴史を閉じます。
もう夕張に行っても、キハ40のディーゼル音がこだますることが無いと思うと
寂しい限りです。



北海道/夕張市(石勝線夕張支線)
Hasselblad L1D-20c






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com