「高校生国際写真写真フェスティバル」最終日

2017年08月02日 - お知らせ

20170731-IMG_8293.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



写真甲子園が終わり、フォトフェスタのメインイベントが終わり、高校生国際写真写真フェスティバルも今日8月2日が表彰式と閉会式を迎える。

自分が審査員の一人として加わった「高校生国際写真写真フェスティバル」では
いろんな国の写真好きの高校生たちが、気候や言語、文化の違う町の様子や人々に、大いなる関心を持って撮影を楽しんでいた。
発表会に参加して、出逢った町民に言葉の壁に関わらず積極的にコミュニケーションを取りながら撮影された写真の数々に感心した。
もちろん通訳者やスタッフのサポートがあっての運営であり、一日中彼らを気遣う裏方さんたちの尽力には頭が下がる。

驚くことに、海外から参加の13か国の内、なんと12か国の通訳者が東川町に在住の方によるものなのだ。
ミャンマーを除く、中国・韓国・台湾・タイ・ベトナム・マレーシア・インドネシア・カナダ・オーストラリア・ラトビア・ウズベキスタン・アメリカ。
その通訳を町の臨時職員や、留学生たちが担ってくれているのだ。
人口8千人の北海道の町なのに、なんという東川町のポテンシャルだろうか。

これが町が描く国際交流、主催する国際写真フェスティバルのひとつなのだ。
「高校生国際写真写真フェスティバル」はまだ3回目の開催ということで、周知にはまだまだ不十分だが、こんなことをやっていることを知っていただけたらと思う。

そして「高校生国際写真写真フェスティバル」はコンテスト形式にもなっている。
インターネット投票で広く投票を受け付けているので、興味有る方はぜひ。

http://i-hsspf-e.hjk.ne.jp/submitted1.html


上の写真は、私が講評を担当した第一日目の作品発表会の一コマ。
このイベントが交流と写真コンテストの優劣のみならず、
写真の勉強や、気づきの場でもあるように、
撮り方、見せ方、選び方、タイトルとの整合性などについて
少し辛口でコメントさせていただいた。

格別暑い北海道・東川町での良い思い出を胸に、明日にはそれぞれの国に帰っていくのだなあ。
8日間にも及ぶ長い日程、
役場の担当職員の方、スタッフの方達お疲れ様でした。














東川フォトフェスタ開幕

2017年07月29日 - お知らせ

今日29日と30日はいよいよ東川フォトフェスタ。
今年から企画委員として、全国から来た写真好きな方達の受け入れ側に廻ります。
両日とも昼すぎまでは「赤レンガポートフォリオオーディション」会場に。
午後からはフリーでうろうろしているはず。
新しい作品ブックをリュックに背負ってますので、
声を掛けてください。
紺色のスタッフTシャツを着ています。

自分の住む町に
写真好きな人たちが集って、たくさんの写真を見せ合って、写真の話で盛り上がり
写真の話をさかなにして酔っ払う・・・
幸せなことですね。
そんな2日間になることを願ってます。



東川町フォトフェスタ

2017年07月17日 - お知らせ

20170318-EPSN0423.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



写真の町、東川町ではもうすぐ写真のイベントが目白押し。

1.高校の写真部の全国大会「写真甲子園」の第23回大会は 7月25日(火)〜28日(金)
この秋には「写真甲子園」が映画になって全国ロードショーされるとあって、一層盛り上がりそうな気配。
以下私感ですが
何年か前から(メインスポンサーが絞られ)キャノンの(あるいは広告代理店の)イベントになってしまった感が強くなった。
そして注目度が上がり全国区になり、テレビ収録のための念入りなリハーサル風景などを見てしまうと、東川町の「写真甲子園」がどこか遠くに行ってしまったようで、近年足がすっかり遠のいていた。
今年は改めて周囲の大人達のことを視界から外し、生徒達の奮闘ぶりを見てみたいと思う。
http://syakou.jp/

2. 「写真甲子園」の世界版。3回目となる「高校生国際交流写真フェスティバル」は 7月28日(金)〜8月2日(水)
海外選抜13校、国内選抜3校の計16校(各校3名)が東川町に集い、写真を撮り交流を深めます。
こちらは東川町のオリジナルなイベント。
写真はチーム制のコンテストになっていて、その審査員の一人として私も加わります。
http://i-hsspf-e.hjk.ne.jp/

3. 33回「東川町国際写真フェスティバル(フォトフェスタ)」メイン期間は 7月29日(土)と30日(日)
これまで参加者でしたが、今年からは「写真の町企画委員」に加わり、スタッフとなりました。
参加される写真愛好家の皆さんを受け入れる側になりました。特に「赤レンガ公開ポートフォリオオーディション」の進行を努めます。
なお、「公開ポートフォリオレビュー」はまだ若干空きがあります。
「ストリートフォトギャラリー」も募集中です。

参加できるイベントに関してはいっぱいありますので、こちらをごらんください。
http://photo-town.jp/events/index.html

東川町フォトフェスタは
写真家、写真愛好家、アマチュアカメラマン、写真評論家、写真雑誌編集者、カメラメーカー、写真用品メーカーなどいろんな写真に関わる人、写真が好きな人が集まる場です。
飲み食いできる場もありますので、自分の写真ファイルなどを持って参加してはいかがでしょうか。
「お助け隊」として、当日の手伝いをしてくれるスタッフも募集してます。
スタッフTシャツに、お弁当、無料宿泊(雑魚寝)つきです。

小さな町にカメラをぶら下げた人たちがいっぱい。
写真を見たり、見てもらったり、写真について熱く語り合う姿があっちでもこっちでも。
そんな東川町です。






銀塩白黒写真展「INCANTATION of SILVER ー銀の呪文」

2017年06月04日 - お知らせ

20170604-IMG_8002.jpg


「INCANTATION of SILVER ー銀の呪文」
という銀塩白黒ばかりの写真展が、「ヒラマ画廊」にて開催されます。
飯塚も参加し、3枚の写真を展示します。
久しぶりのグループ展。しかも銀塩しばりということで、どんな写真展なるのか・・・非常に楽しみです。

それぞれの作品は販売もするので、見るだけで無く購入もできるようになってます。
飯塚のは1点物です。



6月6日(火)~6月12日(月)
10:00~18:00 最終日は15:00まで
入場無料
旭川市2条通り8丁目 ヒラマ画廊 0166-23-9345


なお、6月10日(土)の18:00~ レセプションパーティーが催されます。
どなたでも参加いただけます。こちらも無料です


そうそうたるメンバー(敬称略)
臼田健二
越後文慈
加藤法久
河部輝彰
Guillaume Ducreux
児島拓哉
佐々木育弥
Geoff Chaplin
鈴木瑛大
鳥羽せんり
西本成輝
Paul del Rosario
毛利剛
平間明鑑
池田圭輔
太田一彦
小沢和雄
木野田和也
栗坂菜穂
後藤久美子
佐藤美喜子
菅原清弘
砂田陽一
中野常之
野原典雄
店崎栄
森下隆
飯塚達央





古澤剛 ミニライブ

2017年06月01日 - お知らせ

自ら運転する「歌ワゴン」で全国を廻ってる、シンガーソングライター古澤剛(ふるさわたけし)。

6月5日(月)の14時から、スタジオ「フォトシーズン」(東川町東町2丁目10−13 tel0166-74-4553)でライブを開催してくれることになりました。
30~40分程度のミニライブ。無料です。
ご予約不要。お誘い歓迎。シェア感謝。お子様連れもOKです。

正直私も「古澤剛」を知らないまま、ライブの場所としてお貸しすることにしたのですが、
CDを聴いてみると歌声が良くって、すっかりファンになってます。





この歌に、ぐっと来た方はぜひフォトシーズンにお越しください。
お子様連れもOKだそうです。

車はスタジオの裏にある「永楽寺」さんに駐めてください。
でわでわ。





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net