FC2ブログ

枯れた景色の写真集

2020年11月03日 - お知らせ

20201103-FUJI0489.jpg
20201103-FUJI0479.jpg
20201103-FUJI0496.jpg
20201103-FUJI0490.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



11月に入り、紅葉も落ちて寂しい雰囲気になりました。
そして今夜は平地でも雪が降る予報です。

こんな季節の端境(はざかい)のあいまいな雰囲気。
紅葉でもなく、雪景色でもない枯れた季節に何故か惹かれてしまうのです。

2015年に旭川市のヒラマ画廊(今はなき)で、個展を開催したとき
そんな風景ばかりで展示したのでした。
「秋の終わりか、冬のはじまり」というタイトルで。

また同名の写真集を製作しました。
写真展では「こんな暗い写真なのに、なぜか心が温まる」と評価をいただいていたのですが
この本に掲載しているのも、暗いトーンの写真ばかり。
自費で作ったからこその写真集ではないでしょうか。
5年前のものですが、今でも自分で見返しては、しんみり・ほんのりしています。
何度見ても見飽きないのです。

若干在庫がありますので、興味がある方はメールでお問い合わせいただけたらと思います。
サイン入りででお送りします。


飯塚達央写真集「秋の終わりか、冬のはじまり」 2015年11月刊 
A4横 32ページ
代金は1700円(税金、送料込み)
決済はゆうちょ銀行か楽天銀行の振り込みになります。
メールアドレスは
tats@photoseason.net
タイトルに「枯れた写真集希望」と書いてください。
お名前・ご住所のほか、ブログの感想など添えていただけるとなお嬉しいです。
折り返し、振り込み口座などを返信いたします。






9月20日20時より オンライン写真展?を行います

2020年09月11日 - お知らせ

20200729-R0004744.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



Zoomを使った「飯塚達央 -Small World- オンライン写真展」を開催します。
先日、東川町のフォトシーズンで開催した写真展ですが、「北海道まで行けなかったわ」「都合がつかなかったわ」
そして「コロナで行きたくなかったわ」という方などなど、見逃した方向けにオンライン写真展をやることにしました。

スタジオでの展示風景や、展示写真の紹介や解説、写真がらみのちょっとしたおしゃべりもします。
進行は写真雑誌「PHaT PHOTO」の編集で、現在東川町在住の畠田大詩さんがやってくれます。
そしてweb会議システムのZoomを使うので、参加してくれた方から質問を受けたり、双方向のやりとりもやってみようと思っています。
とはいえ、初めての試みなので果たして上手く行くやら。
恥ずかしがり屋の方はもちろん聞くだけでもOKです。ご自身のカメラもOFFで大丈夫です。


「飯塚達央 -Small World- オンライン写真展」
日時:2020年9月20日(日) 20時スタート 21時頃までの予定
参加費は無料
参加したいという方は、

tats@photoseason.netまで
タイトル「オンライン写真展参加希望」として
お名前と、何県何市在住か書いてメールを送ってください。(他にコメントくだされば喜びます)
折り返しzoomの招待コードを9月18日までに返送します。

お待ちしています。



北海道/天売町
RICOH GR3





GRist

2020年04月28日 - お知らせ

1.png


愛用しているRICOH GRというコンパクトデジカメのユーザ「GRist」として紹介していただきました。
GRは手のひらに入る高画質カメラで、旅のお伴や町歩きスナップにも最適。気に入って使っています。
久しぶりに写真家として扱ってもらえて喜んでおります(笑)
https://www.grblog.jp/grist/
掲載写真の撮影地は北海道・夕張市。JR廃止数ヶ月後の様子です。


ブログの更新が滞ってしまいました。
気づけば1ヶ月。
みなさん、お元気ですか?私は何とか元気にしております。
新コロナウィルスのことがあったり、写真撮影業の入学シーズンがあったり
町議会議員としての活動があったり。
今の多忙さと、先の不安が入れ替わり立ち替わりに。
平和な世界のありがたみを感じるこの頃ですね。






「old new 〜東川町内作家写真展」

2019年07月29日 - お知らせ

oldnew1.jpg
oldnew2.jpg




8月3日に開幕する東川町フォトフェスタ。間もなくです。

飯塚も参加するイベントの1つ。
「old new 〜東川町内作家写真展」
町内の空き店舗、間もなく取り壊される「秋山金物店」を借り切っての特別展示です。
町内写真作家8人が8月2日、3日の二日間「old new」のテーマのもと、集結します。

リーフレットデザインが出来上がってきました。
ぜひ、足をお運びください。

出展者
和田北斗 大塚友記憲 松井保 松井梨乃 安永ケンタウロス 鈴木瑛大 韓卿浩 飯塚達央 (東川町内在住写真家)

日時
8月3日(土) 10:00~17:00
8月4日(日) 10:00~15:00

場所:旧秋山金物店(東川町南町1丁目)
道の駅より徒歩1〜2分。旭岳方面に向かう道のエネオスガソリンの向かい側 ハマナスクラブの手前

入場無料

飯塚は、2つのテーマ(アイヌの伝統舞踊と駅前ふるさと)で計40点ほどを展示します。




東川町国際写真フェスティバル 募集中

2019年07月08日 - お知らせ

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg



写真の町東川町の最大のイベント「東川町国際写真フェスティバル(通称フォトフェスタ)」が今年も近づいてきました。
メイン日程の8月3日(土)と4日(日)には、様々な写真に関連するイベントが開催されます。
展示写真を見るだけでなく、参加型イベントで自分の写真を見てもらうことや、レタッチ教室で学ぶこと、それに写真を売買ができるコーナーもあります。

そんな中で、3つのイベントを紹介します。
・「赤レンガBook Shelf展」
 東川町の歴史的建造物赤レンガ倉庫で行われる写真イベント。旧図書館で使っていた本棚を1つ借りて、その中で写真の展示および販売も行うもの。

・「ストリートギャラリー」
 規定の展示台を用いて写真を屋外に展示し、発表するもの。こちらはコンテスト形式になっていて、入賞者にはデジカメなどが贈呈されます。

・「レタッチ教室」
 東松照明さんの作品制作に携わってこられた東松泰子さんを講師に、画像を作品に仕上げるレタッチ技術を学ぶ教室です。



以上にまだ若干の空きがあるということなので、この機会に応募してみてはいかがでしょう。
きっと新しい「気づき」に出逢えると思います。


詳細は公式ホームページ
https://photo-town.jp/
にて確認してください。

私も「赤レンガBook Shelf展」に出展予定です。
(他にも東川町内作家展として2カ所に写真を展示します)



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の52才、脱サラし北海道移住24年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com