イチゴミルク色した駅舎

2015年04月23日 - 鉄道風景

20150422-DSC05590-2.jpg

20150422-DSC05602.jpg

20150422-DSC05615.jpg

20150422-DSC05712.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


比布(ぴっぷ)駅の駅舎が建て替えられる。
そんな情報がありがたいことに複数の方から寄せられた。
6月に取り壊され、町民のコミュニティーセンターを兼ねた駅舎が新造されるとのこと。

「ぴっぷ!」と言えばエレキバンのCM(樹木希林)で有名になった駅だけど
若い世代の方には分からないだろうな。
静岡の学生だった18歳、初めての北海道ツーリングの時にこの駅に立ち寄った。
ピップの会長がCMで着ていたのを真似できるようにと、駅員さんの制服が掛けてあった。
(ここでうなずく人はどれくらいいるだろう?もう30年近く前のことになります)

そのときの駅舎はまだピンク色ではなかったはず。
この町がいちごの名産地ということで、いちご色に塗られたとある。
というかイチゴミルク色だねこれは・・・。
甘いイチゴ味の牛乳色。


ほかにも比布駅には思い出がある。
今や無人の待合室だけがある駅舎だけど、駅員がいなくなったあとの駅事務所で
「Pe・Pe」という名の喫茶店がひらかれた。
僕が訪れたのは、8,9年くらい前のことだけど、店内は昭和の雰囲気で満たされていた。

その喫茶店もなくなり、寂しい駅舎になってしまっていた。
古い木造の駅舎が壊されてしまうのはこれまた寂しいことだけど、
新しい駅舎が、列車に乗らない人も集う場所になって、賑やかになればいいですね。




続きを読む »


春の風物詩

2015年04月15日 - 鉄道風景

20150414-DSC04938.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


Copenでドライブ中、線路脇の田んぼに白鳥が集っているのを見かけた。
バックミラーには背後から迫る列車の姿が。
慌てて降りて、パチリと一枚。
列車の音で、線路脇からぞろぞろと離れていく姿もご愛敬。

シベリアに帰る途中の白鳥たちが今、北海道の田や水辺で休んでいます。
春の風物詩ですね。


SONY α7s +CANON 50mmf1.4 Lマウント
留萌本線
北海道/留萌市



 



離合

2015年04月01日 - 鉄道風景

20140101-DSC02713.jpg

20140101-DSC02723.jpg

20140101-DSC02741.jpg

20140101-DSC02746.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


小さな駅での出会いと別れ。
列車の交換シーンはファンには心ときめくものだ。
この時も、列車から2人の若者(高校生〜大学生?)がばっと駆け下りてきて
2両が並んだところを写真に納め出した。
撮って直ぐ列車に乗ると思いきや(それなら乗り遅れるリスクあり)、乗らずにホームで列車が行くのを見送った。
次の列車が来るのに1時間〜あるいは2時間?
マニアの方、好きだとは言えほんとご苦労さまです。


α7s用の望遠レンズを持ってないから
フィルム時代に使ってたCONTAXの80-200mmズームを出してきて
マウントアダプターつけて撮ってみた。

解像度も抜けの良さもコントラストも、今でも通用するのに驚いた。
前にEOS 5DMarkIIで使った時は、周辺減光も目立ち、しゃっきとしない甘さが目立っていたけど
α7sとの相性がいいのだろう。
動きものの撮影にマニュアルフォーカスは不利だけど
ヤシコンの望遠は安くなってるし、300mmf4あたりを狙ってみようかな。


SONY α7s +CONTAX Vario Sonnar 80-200mm f4 Y/C
石北本線・桜岡駅
北海道/旭川市





大和田駅・冬夜

2015年03月28日 - 鉄道風景

20150217-DSC06959.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


かつて炭鉱があったという集落。
この駅からも炭鉱に向けて線路が引かれ、引き込み線には運び出されるのを待つ貨車が何両もいて
汽車はせわしなく発着を繰り返していたことだろう。



SONY α7II + Leica SUMMILUX-M35mmf1.4 ASPH.
留萌本線
北海道/留萌市



最終列車

2015年03月27日 - 鉄道風景


20140101-DSC02755.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


ふくろうの声が聞こえてきそうな夜23:05分。
踏切の音が響くとすぐ、闇を切り裂いて最終列車が駆け抜けた。
板張りホームの無人駅には停まることなく、風だけを残していった。


SONY α7s +VOIGTLANDER HELIAR40mm F2.8
宗谷本線
北海道/剣淵町 







カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net