CONTAX RTS2

2014年06月16日 - CONTAX RTS2

20140616-TATS0002-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


久しぶりにカラーネガフィルムを買ってみた。しかもまとめて10本。
現像してさらにスキャンデータをCDに焼いて、36枚で1本400円代のお店があると写真仲間から教わったからだ。

それならばと、CONTAX RTS2を引っ張り出してきた。
機材庫のカメラは殆ど処分したなかでの生き残りの精鋭。
いや、本当いうと小遣いにもならない価格でしか売れないことを知って、売り損ねたのだ。

しかし、明るい単玉をつけて、こいつのファインダーを覗いてみると、目の前の光景が、別世界に見えることがある。
浅い被写界深度の中、合焦部だけが浮かび上がる様にぞくっとするのだ。
こういう気分をデジカメで味わおうとしても、大枚叩いた最上位機種でも怪しいのではないだろうか。

特に今私が使ってるデジカメは、レンジファインダーM8やR-D1、ミラーレスのOM-Dといった非一眼レフ。
久しぶりに、一眼レフの極上ファインダーで、撮影行為を楽しみたいと思っている。

角張ったボディ。張り出したワインダー。設定は全てダイヤル。
男の道具って感じがするではないか。
アナログ式と言うなかれ。
昔はこれが当然だったのだよ。

あとは電池が届くのが待ち遠しい。
ま、多分今がいちばん楽しいひととき。








カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net