moving

2015年12月01日 - GR

20151120-GR031614.jpg

20151120-GR031655.jpg

20151120-GR031661.jpg

20151120-GR031663.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ロケバスから喧噪の最中に降ろされる。
車中いねむりなどしてると、いきなり過ぎて、現実味がない。
喧噪、熱気、湿度、色彩、そして匂い。
刺激にくらくらする。



タイ/バンコク
RICOH GR









タイの空と海と地面と

2015年11月22日 - GR

20151118-GR031525.jpg

20151120-GR031633.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


昨日無事にタイより帰国した。

北海道歌旅座 JUNCOのPV2曲の撮影。
仕事で海外へ出かけるのは初めてのこと。(タイは3度目)
楽しめるわけないと思っていたけど
行ってみるとエキサイティングな日々だった。

プロが集まってモノを創る。
天候や、日本では考えられないタイのルーズさなど、思い通りにならない要素が多数ある中で、形を作っていく。
それが上手く行った。
本番になると良い風が吹いた、良い波が出た、良い光が当たった。

その引き寄せた感、良い物が撮れた手応え、達成感・・・
遊びやプライベートでは絶対に味わえない楽しさがあった。

今朝は一面真っ白な東川。15cmほど雪が積もっている。
昨日居たタイとの気温差30℃。
風邪引かないよう用心しなくては。









連日の霜

2015年11月14日 - GR

20151114-GR031359.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



今日も霜。寒い朝でした。
犬を連れての散歩の最中、GRでパチリと。
足元に広がる造形美に感嘆しつつ、
足はリードを踏みしめつつ。


先日の写真展の最中に年配の男性が、遠くから来てくださいました。
その方もGRデジタルをお使いとのこと。
共通項があると話がはずみます。
帰り際、「先生っ、写真を撮ってくれますか?」
と聞かれたので、ツーショットかと思い「いいですよ」とお応えしたら
そのGRを渡され、私がその方をお撮りすることに・・・。
自分のGRで飯塚が自分の写真を撮ってくれたと、ことのほか喜んでくださいました。
何よりです。

で、「できればブログにたまにでいいのでGRで撮った写真をアップしてください。」
とリクエストを受けました。
なのでという訳ではありませんが、GRの写真を連投しました。
誰かに自分の行為が喜ばれると思うと、嬉しいものですね。



北海道/東川町
RICOH GR




朝霜の散歩

2015年11月13日 - GR

20151113-GR031325.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


霜柱の立つ寒い朝となりました。
こんな日の散歩はマクロに強いGR。
まるで犬のように、下を向いて何か落ちてないかと、うろうろきょろきょろ。
いいものを見つけても、連れてる方の犬がちょいちょい画面に入ってくるのが難点。

水の抜かれた池のあたりもフォトジェニックだったけど
道路で撮った一枚をピックアップ。
建物の間から、ちょうどいい光も射していた。
自然写真よりも、生活の中の写真の方が好きだな。

引っ張られないよう、画面に入って来ないよう、リードを踏んづけての撮影。
ミニチュアダックスです。


北海道/東川町
RICOH GR








箱庭

2015年07月14日 - GR

20150713-GR031202.jpg

20150713-GR031133.jpg

20150713-GR031149.jpg

20150713-GR031185.jpg

20150713-GR031198.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


GRのエフェクト「白黒(TE)」で、なんちゃってファインアート風。
ほぼ撮って出し。ってとこが凄いなGR。
アスペクト比は1:1のスクエアモードがよりらしく見せる。

なんちゃってと書いたけど、銀塩でこのトーンは自分ではとても出せないレベル。
家に隣接する羽衣公園で撮ったあたりがなんちゃってかな。
遠くに行かなくても大自然でなくても絶景で無くても晴れてなくても、写真撮りたいやんっ。


カメラを持って歩けば、いろんなものに生が宿っていることに気づく。
こんな町中の小さな公園にも。
人間はあちこちで暮らしを営み、動植物ももちろんのこと、
山も生きてりゃ、水だって。
けなげに走るローカル列車もそう見えてくる。

死生観というには大げさすぎるけど、生きてることを撮りたいなと思う。
生きてる姿そのものでなくても、その気配だったりを。




北海道/東川町
RICOH GR ワイコンGW-3をつけたり外したり






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net