「哲学の木」騒動に思う

2016年02月26日 - 日々の暮らし

美瑛でもっともシンボリックな木「哲学の木」が2月24日に地主さんによって倒された。
というニュースがSNSで賑わっているのを見て、なんだか心がざわついている。

このことに関して、個人的に
大きく2つ勘違いがあるんじゃないかなあ。と感じる。

まず「哲学の木」と呼ばれたポプラの木は、いつ倒れてもおかしくない老木だった。
顧みれば私が初めて美瑛を訪れた26年前にはすでに哲学の木と名が付いていて、大きな立派な木だったのだから。
その木が果てて倒れ被害が起こる前に、雪のある時期に倒された。
倒されたことを「残念だ」と感じるのは仕方ないけど
そこには、いつまでもそこにあるものという思い込み・勘違いが含まれている気がしてならない。
この世に存在する全てのものが、永遠にあるはずなどない。
建物だって鉄道だって、人間だって、永遠に存在するものなんてない。
だから今を大事にし、写真に撮るのだ。写真は今を記録することしかできない。

哲学の木は腐って倒れてしまう前に、倒され、写真にもあったようにトレーラーで運ばれていった。
材木になるのか、チップになるのか、パルプになるのか分からないが、
おそらく木として有効な使われ方をして、天寿を全うするのだろう。

今まで残してくれて、ありがとうと地主さんには感謝したい。
いい眺めをつくってくれていた哲学の木にも感謝したい。


そして、哲学の木を倒させたのは、一部のマナーの悪いカメラマンや観光客のせいだという圧倒的な意見。
その裏側に見えるのは「自分はマナーを守る正しい人間、品行方正なカメラマンだ」というエゴと勘違い。
悪を立てて、自分の正当性を明確にしようとする今の風潮にぴたりとあてはまる。
もちろん敷地内に入り込んで撮るのは完全NGな行為だけど
この木に群がって来ては撮るカメラマン全てが迷惑だったってこと。
ひどいときは数珠なりの路上駐車。そのカメラの放列の一員であるにも関わらず、
マナーを守ってる側の正しい人間だと言い張ることができるのだろうか。
自分を含めて、カメラマンはみな同罪じゃないか。
絵になる木の写真を披露してきたことも、その地に多くの人を向かわせた一因に繋がっているのだし。

車で撮影ポイントをぐるぐる周り
曲がりくねって狭い道の多い美瑛で、路駐して写真を撮る。
格安になったレンタカーが後押ししている。
それ自体がもう地元の方の迷惑になっていることに気がついていないのだろうか。
写真を撮るということは、己の満足を得ることとほぼ同義。
そしてその行為も、対象物が個人所有であればなおさら、迷惑な行為。
「にも関わらず撮る」のなら、迷惑をかけている自覚が必要だし、最大限の配慮が必要だろう。


美瑛を愛するならば、たとえば、公共の駐車場に車を駐めて、付近を歩いて廻って撮るってのはどうだろう。
歩いて踏みしめて汗かいて深く息を吸い込んでこそ気づくこと、見えるものがあるように思う。
効率優先で車で廻って、車窓から見えた良さげな光景、SNSで見たことのある景色に、車を駐め、車道から70-200mmの望遠ズームで切り取った写真。それもピントは無限遠。そんな安直な写真はもうすでに溢れるほどに存在している。

美瑛町では、フットパスの整備は遅きに失してしまっているが、
小径を歩きながら美瑛を楽しむというガイドがあってしかるべきだと思う。
また通学バスの空き時間を利用して、小ぶりな巡回バスを走らせる手もあるだろう。
そこにガイドが案内してくれればなおいい。
もうこれ以上の車の流入を抑えて、「歩いてスローに味わう場所」というひとつの指針を示すべきだと思う。
効率優先、大量消費のしわ寄せが、シンボリックな木の伐採や撮影禁止処置へとさらに繋がっていく気がしてならない。

余談が多くなってしまったが
写真を撮るという行為は、その多くが自己満足を得るためのもので
他人にとってははた迷惑なことだということ。
家の庭に咲く花を撮ってるならいざしらず
決して高尚なご趣味ではないってことだ。
自戒を込めて。












新年あけましておめでとうございます

2015年01月03日 - 日々の暮らし


20150102-EM1B0072.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


元旦は良い天気で、町内のスキー場でスキーに行ってきました。
2日は隣町の温泉施設でのんびり。
のんびりしすぎて今日3日からは出勤です。
今年も貧乏性は治りそうにありません。
ともあれ家族揃って健康で正月を過ごせたことが何よりの幸せです。
今年もよろしくお願いします。


2014年、2年生の次女(右側)が4年生の長女の背を抜かした。
おせち料理も普段通り、お姉ちゃんの1.5倍平らげて、あげく
「お腹すいた〜」
さて、2015年はどこまで伸びるのか。

OM-D E-M1 50-150mmf2.8 PRO






マイケルケンナとカラオケを

2014年02月23日 - 日々の暮らし

先月末のはなしになりますが、あのマイケルケンナとカラオケするという機会に恵まれました。

北海道の撮影の折、旭川のなじみのカラオケスナックに立ち寄るという話から
じゃあいっしょにエンジョイしましょう!ということになり
図々しくもデュエットまでしてきました。

ほろ酔い加減のマイケルケンナは終始ご機嫌で、十八番の石原裕次郎を熱唱してました。
もちろん日本語で。(ローマ字読みですけどね)

写真仲間で大挙して押しかけたにも関わらず、そのフランクさに皆感激し、
盛り上がりの一夜を過ごしたのでした。

久しぶりにこんな愉快痛快な夜を過ごせたのは、間を取り持ってくれた旭川のヒラマ画廊の平間明鑑さんのおかげです。
ご縁をいただきありがとうございました。


20140223-写真-6
このとき歌ったのは福山雅治の「桜坂」だったかと。







いただく

2014年02月15日 - 日々の暮らし

??-17


「ある精肉店のはなし」を見たら、無性に肉が食べたくなった。
家族と一緒に過ごしたくなった。

ちょうど、撮影予約のない土曜日、昼ご飯にバーベキューをすることにした。
もちろん外の気温はマイナス。
家人からの非難の声を無視して子供たちと準備をすすめる。

寒さに凍えながら飲むビールもなかなかいいものだった。
ジンギスカン、牛肉、鶏肉、ホルモン。
命を頂戴し、ありがたくいただく。

いつもより美味しく感じた。

写真は締めの焼きおにぎり。
子供らも「ある精肉店のはなし」を早くみたいと言っている。









フォトフェスタ終了

2013年08月12日 - 日々の暮らし

東川町国際フォトフェスティバルが終わった。
立ち話が多く、のどと足腰が痛い。

ドイツのギャラリーオーナーに見てもらったポートフォリオレビューでは、北海道の田舎町を撮ったこれらの写真は、インターナショナルの場で評価を受けにくいだろう。
と考えれば至極当たり前のことを、やっぱり現実の言葉で断言された。
「あわよくば欧州で・・・」などという淡い期待は消え去ったが、これで色気を出さず、しっかりローカルでこつこつと「記録写真」を撮り続けて行こうと思いを新たにした。
一方、もう一人の日本人のレビュアーからは、良い評価と今後の良いアドバイスをもらえた。
実に腑に落ちる内容だった。
腹をくくること。徹底的にやること。自分の感覚を信じること。一方で既成の方法や概念、思い込みを捨てていくこと。
現在、そして未来という時間軸のなかで、写真がどう受け止められるかを考えること。
など、数年ぶりに受けたレビューは、とてもいい機会になった。
機会を設けてくれた実行委員会の方達に感謝。


多くの写真を見てまわった2日間だった。
若い世代のフレキシブルな発想に感化された。
写真は間違いなく多様化している。
しかし幼稚化している気がしないでもない。
写真とはなにかということを考え、議論し合う場が必要なのかもしれない。

その一翼を担うのが東川フォトフェスタであって欲しいというのは欲張りか。
東川賞の受賞者川内倫子さんのトークイベントを拝聴して、なおそう思った。
多数集まった若い世代に有意義な話をして欲しかった。
川内倫子さんが悪いのではなく観衆を無視した進行のまずさが際だって、残念だった。
評論家各氏の美術サロンで行われるような概念的な話、バックヤードでおしゃべりしているかのような回顧話(内輪話)が主体で、どうしたらあんな写真が撮れるんだろう??という興味や関心を持って集ったであろう我々をがっかりさせたように思えてならない。
アートとしての写真は、難解である、一般には分からなくてよろしいというのではなく、評論家には謎を解き明かす手がかりを示して欲しいと願う。
これらのことが、抽象的で何が写っているのか分かりにくい写真を撮るのが格好いい、アートだと思わせる要因ではないのかとさえ、勘ぐりたくなってくる。

耳障りの悪い話になってしまったが、東川フォトフェスタは、いろんな方の期待感、ドキドキ、そっかーという発見、分かってもらえたという喜び、あるいは落胆などなどがごちゃまぜになって、熱気を帯びたまま2日間が終わった。
実行委員会の方達、ありがとうございました。






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net