碍子って読めます?

2009年07月29日 - RICOH CX1

ガイシ

アトリエハウスに電気が通った。
これで建物に命が吹き込まれたような気がする。

そしてごらん下さい、この配線。
分かる世代には分かる、碍子(がいし)を使った配線なのだ。
憧れだったこの昔懐かしい配線法。今じゃ出来る人もいないし、部品も簡単に手に入らないのだそう。特に碍子を留めてるマイナスのネジ。こいつを集めるのに時間が掛かったとのこと。
つてを頼ってせっせと部品を集め、手間掛けて一本づつ電線を張ってくれました。
構造体むき出しの、無骨なこの建物には似合っていると思う。
懐かしいというより、新鮮でむしろ新しい工法のように見えます。
配線の色は決まりがあるそうだけど、そこはとらわれず遊ばせてもらいました。

命を吹き込んでくれたのは美瑛町の白樺電気さん。
電気工事はまだ続くけど、ありがとうございました。

木柱を建ててくれたりしたこの電気屋さん、
実は「カフェレスト バーチ」のご主人でもあります。
http://biei.ne.jp/birch/
でも碍子配線はもう2度とやりたくないと言ってます。

浅い春

2009年04月19日 - RICOH CX1

浅い春

白樺の幹に穴を開け、ホースで取り出した白樺樹液を野矢のじいさんにいただいた。
土からどんどん吸い上げられたその無色透明の水は、薄いシロップのようにほのかに甘い。
ポタポタと水滴が溢れ出て、だいたい一時間に1Lくらい溜まるようだ。
こうやって枝先のまだ小さな芽、ひとつひとつに水分と栄養を行き渡らせているんだなあ。

ふきのとう

2009年04月14日 - RICOH CX1

ふきのとう

「あ、たんぽぽ。たんぽぽ」ってふきのとうを指さす次女。
黄色い花は全てたんぽぽと呼ばれる。
今朝の雨で緑が出てきて、風景が優しい色合いになってきた。

車中で「畑が緑できれいだね」と長女が口にした。
ああこういうことをきれいだと感じるんだと、嬉しく思うのは親ばかなのだろうか。
田舎生まれの彼女たち。どんな感性で育っていくのだろうか。


本日親知らずを手術で抜いた。
麻酔をするので痛くはないけど、恐怖心なのか緊張感のせいか、あまりに力みすぎて、気が遠くなりそうになった。ほんとくたびれた。
無事済んで良かった・・・。

三姉妹

2009年04月13日 - RICOH CX1

三姉妹

「ねえねえ、みてみて~」
こどもたちには大人に見えないものが見えるらしい・・・。

CX1のDR

2009年03月30日 - RICOH CX1

dr1.jpg
dr2.jpg

リコーCX1の一番の注目点はDR(ダイナミックレンジダブルショットモード)機能の搭載だと思う。
デジカメの狭いダイナミックレンジ(簡単に言うと明暗差をどこまで記録できるか)を広げる機能がついた。これで白飛びを抑えつつも、黒つぶれも少なくし、階調豊かな写真に仕立てあげるのだ。
どうやって広げるのかと言うと、明るく記録したデータと暗く記録したデータを1枚の画像に合成しちゃうのだという。デジタルだね~。

ボディー上にあるダイヤルをDRに合わせて、シャッターを一回押すだけ。そうすると2回の露光が自動で行われ、合成された画像が記録される。
メニューではDR撮影しない「通常撮影の付加」ってのも選べるようになっていて、一度シャッターボタンを押すと、合計3回の露光が行われる。
そうして撮った写真をお見せします。

上の写真が、DRモード。(効果:微弱~強の4段階のうち3段目の中で撮影)
下のが通常撮影。
窓際のハイライトの飛びと、犬の左横の光と影の部分の違いに効果が顕著に現れている。
確かに上のDRモードの方が、明暗差の幅が広く写っている。その違いは明らかだ。
しかもトーンカーブを寝かせたのではないので、中間調のコントラストは割とキープされてるのがミソ。(決して眠いだけの写真ではない)

しかし、いいことずくめではなく、上の写真をよく見ると娘の指がぶれて写っている。
DRモードでは自動的にスローシャッターになってしまうようなのだ。
何でも、2回の撮影の露光タイミングのズレを小さくするために、シャッタースピードを撮像素子の転送サイクルに近づけるようにしているかららしいのだ。(2枚を合成するからその間に動いたのはズレるってことではないのか?今イチ良く分からない)
というわけで動きのある被写体には使えない。そして手ぶれにも注意してくれと説明書に書いてある。
そんな訳もあって、上で述べた「通常撮影の付加」ってのがメニューにあるのだろうと思う。

シーンとDRの強弱によっては、トーンジャンプが起きたりして、まだ完璧ではないけど、ちょっと使える機能のようですよ。
特に作例にあるように白黒モードで威力を発揮するでしょう。
やっぱり白黒は一枚の写真の中にどれだけ白・黒・グレーをきれいに描くかがひとつのポイントですからね。
対してカラーは(カラーポジを見慣れた眼には特に)、白は飛び、黒は潰れ気味のメリハリある写真の方が印象的に見えるケースが多いですから。

そんなことで、CX1のDRモードは白黒で使えというプチレビューでした。
(以上独断と偏見のみで記載・・・)

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net