白き峰

2008年01月24日 - Linhof

白き峰

Linhof Technika Fujinon W 250mmf6.3 Fuji 160 NC

なんとなくシノゴらしさが出せた絵かな。
担いで登るのにそりゃもう大変でした・・・。
なんて大嘘。そんな体力持ち合わせておりません。
車で行ける北海道最高地点。1000m強。十勝岳温泉凌雲閣裏手より。
写真構えてる右下には露天風呂。タオルが茶色く染まる鉄分たっぷりの源泉、眺望文句なし。
雲の動きがめちゃ速い山の中。光が差し込むタイミングを見計らってレリーズ。シノゴは構造上フィルムをセットしちゃうと、ファインダーが見えなくなるから、タイミングを取るのがやや難しい。
おおっ、光差しよった!画面上のどの辺や!?よう分からん。だいたい入ってそう。ハレ切りの俺の手は画面に入ってないかいな?よう分からん。いけるやろ、頼むで~。シャッター、パシュン。写ってろよ~、と念ずる。(なんせ一枚撮るのに何百円かかるのだから)
そんな感じです。
それと現像から上がると何枚かに一枚はカブってる写真がある。そもそもフィルムバックが光線漏れしてるのか、はたまたフィルム入れる際なのか、出す際なのか、原因が今のところ特定できないでいる。撮れてる確立が8割くらいか。8割と聞けば良さそうだけど、普通は撮れてないってことあり得ない。遊びで撮ってるうちはいいけど・・・。
今日もこの場所にお客さんと撮影に行こうとしたら、荒天で通行止めのゲートを閉めるところでした。明後日くらいにはモンスターになってるかも。と淡い期待。

今日のお客さんがお持ちになられたポートフォリオ。イギリスの港町を撮ったモノクロームでした。ローライプラナーで捉えた風景と温黒調の色調がマッチし、旅情そそる作品でした。それに草原に延々と続くフットパスの一本道。ああ、イギリス行ってみてええ。ポンドが高いっていうから、イギリスでなくてもいいけど、外国に撮影に行きたい。ソウルには行くけど。欧米にも是非行きたい。
その前に英語しゃべれるようにならないと。韓国語であいさつくらいは出来ないとと思いながらも、写真展まであとひと月。インターナショナルフォトグラファーは忙しい・・・。


冬景色

2008年01月18日 - Linhof

シノゴ1

Linhof TECHNIKA Symmar 1:5.6/150mm FUJI NS160

カテゴリーにリンホフ追加。初エントリーがこの写真。
お宅、シノゴなんて偉い装置使って何したいん?
ってな感じですね・・・。
フィルムでかいから、空気まで写るかな・・・と思いまして。
ネガカラーです。これにも深~い思惑が・・・。
相変わらずの迷走ぶりです。

画像のムラはスキャナーのせいです。プリントのスキャン画像がヘンなのも、現像ムラではありません。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net