光の粒

2010年02月10日 - EOS20D

dast.jpg

「雪月花風」終了

2010年01月24日 - EOS20D

鳥沼


大阪「ブルームギャラリー」での写真展「雪月花風 ~北海道氷点下のウォームトーン~」は本日盛況のうちに終了しました。
足をお運びいただいた全ての方に、お礼申し上げます。ありがとうございました。

写真は10枚売れました。
決して多い枚数ではないでしょうが、2,3枚売れれば、という個人的な予想を上回る枚数に喜んでおります。
これが実績となります。
この実績が、次の展示を企画してくれることに繋がるかも知れませんし、あるいは別の地方のギャラリーでの開催への足がかりとなるかも知れません。

先のことは分かりませんが、確実なのは自分の写真が10枚、どなたかのお宅に飾られ、日々をご一緒するということ。
そのことを思うと、写真展が終わった安堵感もそこそこに、また新たな緊張感が出てきます。

今回の写真展は、お会いしたことのないギャラリーオーナーに写真展を企画してもらい、(おそらく)お会いしたことのない方達に写真展を見ていただき、(おそらく)お会いしたことのない方に写真を買っていただきました。
ちょっと不思議な気分でもありますが、イイズカの撮った写真が、撮影者から離れ、独り立ちしていってくれることは望むところなのです。

期間中、一日も在廊せず、お越し頂いた方には失礼いたしましたことをお許しください。

体験

2010年01月23日 - EOS20D

連峰


昨年末からいろんなオファーを続けて頂いている。

明日までの開催となった「ブルームギャラリー」での個展「雪月花風」もそうだし、
(ひつこく書いてますが、迷ってる方はこの機会にぜひ。上の写真は展示写真の一枚。この写真を見るたび、どうしてこの場に居合わすことが出来たのか、不思議な気持ちになる。もう2度と巡り会えないだろう光景。)
今月末から札幌での写真展示も控えている。このことは近々、詳細お知らせしますが、帯広、網走へと巡回する展覧会に参加するのです。

写真展示のみならず、デザインコンペに出すポスター用の写真使用、取材申し込みや、果てまた場違いなセミナー講師まで。
加えて、結婚式の写真を撮ってとか、開店する店や病院の待合室に写真を飾りたいとか、見ず知らずの方からの電話で、家の(アトリエの)固定電話が結構鳴るのだ。
初めて電話する方は携帯ではなく、ホームページ記載の固定電話に掛けてくれるからだろう。

オファーといっても問い合わせの段階のもあるのだが、全てが決まれば今春は忙しいことになる。
銀座でのグループ展に参加し、イベント参加が決まれば、横浜にも行くことに。

写真を飾って貰ったり、使ってもらううのは今までも経験があるので、まだ気が楽だ。
しかし取材したいとか、講師として、あるデジタル機材の使い方を教えて欲しいとか、そういうのは分不相応でえらく緊張する。
駆け出しの頃からこれまで、写真を撮って欲しいけど、撮れますか?という問い合わせには「そりゃもう得意分野です」と言い切った上で、そこから本買ったりして勉強し、考えて、乗り切ってきてここまでやって来た。
そりゃフリーのプロカメラマンだから、これは撮れないとは口が裂けても言えない。
どこかで写真をきちんと学んだり、修行したり、誰かについた経験もなく、いまだに不安だけど、何とかやってきたという自負だけが支えとなっている。(これじゃいかんのだけどね)

それに対して、取材受けたり、ましてや講師など恐れ多く、これらの問い合わせに対しては「はったり」を効かさず、自分にはコレしかできないということを正直に受け答えして、先方に判断を委ねるようにしている。
それでも万一決まるようなことがあるなら、チャレンジしてみたい。
買っても出来ない体験を今年はしてみたいと思うのだ。

誰に請われた訳でもない自主的な開催の写真展。こいつも4月の下旬から東京で決まっている。
これは報酬どころか持ち出しが嵩むけど、言うなれば体験するための自主開催だ。
ギャラリーの審査は受けクリアしたものの、誰かがこれでやろうよと言ってくれたり背中を押してくれた訳でもない分、自分へのプレッシャーは大きい。
何を体験しようとしているのか、何が体験できるのか、現段階では分からない。
笑顔で満たされた気分になれないだろうことは分っている。屈辱的な思いもするはずだ。
だから敢えてやってみよう。
(写真展をやる人って、自己陶酔型よりむしろ、実はMの人が多いのかも)

過去の手帳の整理をしたことを前に記した。
2010年は、いろんな体験を積み重ねた年だったとのちに書けるようにしたい。
という遅まきながらのこの年の決意、あるいは抱負でした。


でもなんちゅうても「撮れ」ってね。
あいつは口だけが達者やと言われんように。
「写真は口ほどにモノを言う」
「寡黙に語る写真」
かくありたいとも願う。




宝物

2009年10月11日 - EOS20D

あっくん

今日一番のお客さんは奥さん仲間のSさんご一家。2人兄弟のお兄ちゃん、小学6年生のあっくんが写真好きで、着くなりボクの白黒プリントを食い入るように見ては、嬉しそうに笑うのだった。
そのうち、面倒見のいい彼が、自分の弟や、ウチの姉妹たちをSさんちのコンデジで撮りだした。その画像を見せてもらったら、結構上手で、ピンと来た。見込みありそう。
「ねえあっくん、デジタル一眼レフ使ってみたい?」
EF50mmf1.8をつけたEOS20Dを渡すと、嬉しそうに、そしてやや緊張気味に一枚一枚ていねいに写し出した。
あまりに嬉しそうなので、しばらく使っていいよと持って帰らすことにした。
すると彼はこのカメラで、公募が始まった「ひがしかわ大写真展」に出す作品を撮るんだと決意を表明。小学生の部の一等賞の5千円の図書券を手中に収め、それと小遣いを貯めるので、このカメラを譲ってくださいという展開に。
お母さんから話を聞くと、6年生のあっくんは、東川町が舞台の全国写真甲子園に出場するのが目標で、そのために実績ある写真部がある高校に入学したいということ。
そして次が泣かせるんだけど、写真だけでなく、飯塚さんのように文章も書けるようになりたい。だから勉強もしっかりする。と言うのだった。
彼はボクのブログを愉しみに見てくれているのだ。

続きを読む »


物件

2008年07月26日 - EOS20D

貸店舗

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net