旧幌加駅

2016年04月23日 - 未分類

20160418-L1002514.jpg 20160418-L1002516.jpg (c)Tatsuo Iizuka


深い雪の中から顔を出した幌加駅跡。
国鉄士幌線の廃止(昭和53年)から38年。
かつて列車や貨車が行き違ったポイントが残されている。
(ホームの上の駅名表示はのちに再生されたもの)

昭和29年の洞爺丸台風によって出た風倒木処理のため、この駅周辺にはたくさんの人が入った。
昭和37年頃の最盛期には350人の住民、商店、飲食店が形成され、駅構内には木材が山のように積まれていたという。

携帯電話が繋がらない山あいで、人家は一軒もない。
周辺のぬかるみには水芭蕉が咲き出していた。
春ですね。



旧士幌線/旧幌加駅
LeicaM9-P SUMMILUX35mmf1.4 ASPH.







2016年03月08日 - 未分類

12834973_997190627028104_1443448334_n.jpg
東川町 吉里演子さんから借用



札幌、紀伊國屋書店で開催中の「東川スタイル写真展」の様子です。
飯塚は「ひがしかわの子ら」と題して写真7点の展示です。
他に大塚友記憲氏のネイチャーフォトと、全体は門脇雄太氏の写真展示となってます。

3月10日(木)までですので、お近くの方はぜひこの機会をお見逃し無く。
私も明日見に行きます。生で見ないとね。


◆◇「東川スタイル写真展」開催概要◆◇
会期:2016年3月5日(土)〜3月10日(木)
10:00〜19:00 ※最終日のみ18:00まで
会場:紀伊國屋書店 札幌本店 2Fギャラリー
札幌市中央区北5条西5丁目7 sapporo55
入場無料



「意識の素粒子」

2014年07月08日 - 未分類

同じ北海道に住む写真家として親交のある竹本英樹さん(札幌)の新刊写真集「意識の素粒子」が届いた。
実は私の「北海道 駅前ふるさと」と、バクリっこしてもらったのです。
(バクる=交換する)

竹本さんと知り合ったのは、10年くらい前になるかなあ。
札幌で行われた大きな写真イベントの、小さなブースにお互い写真を飾って、通りゆく人たちに関心を寄せてもらうのを待ち構えていた。
そのときの竹本さんの写真には随分インパクトを与えられた。衝撃的だったと言っていい。

今回、はからずとも同じようなタイミングで作品集を作ったのだけど、載ってる写真は相変わらずそのときの作風そのままってのが、笑えた。
いや、失礼な話ではなくて、40も後半に入ったおじさん2人(竹本さんはモデル並みにかっこいい人)して相変わらず貫いてるなあという意味で。

10年経って、写真を取り巻く環境はデジカメの急速な普及で激変したと言っていい。
そんななか、フィルムで撮った作品集というカテゴライズはまあどうでもいいのだけど、
大事なものを見つけ、写真に納め残していこうとするならば、10年やそこいらはあっちゅう間に掛かってしまうということだ。
その間に10年前の写真が陳腐に見えてしまうなら、それはそのだけの価値しかなかったということだろう。

さて今、自分がパチパチとやってる写真は10年後どうなっているのだろう。
なんてことを考えさせられた。


またこんなこと言うのも無粋ですが、自分のも竹本さんの作品集も手にして分かる触感があります。
実際、紙質にこだわって(=コストをかけて)制作しています。
アナログの良さを知ってください。なんて書くのはやっぱり無粋だよなあ・・・。

dearFILMS/Hideki Takemoto


IMG_4133.jpg

2014年02月10日 - 未分類

20140127-L1043218.jpg

20140127-L1043202.jpg

20140127-L1043205.jpg

全て(c)Tatsuo Iizuka


尾道で、渡船のある町はいいなあ。
と旅情を相当かき立てられたあとで、そういえば確か大阪にも渡船があったはず。
と思いだし、ググってみたらやっぱりあった。まだあった。

帰省ついでに、大阪湾周辺に8路線あるうちの、木津川(西成区・大正区)にかかる落合上渡船場と落合下渡船場に行ってきた。
まずは一度乗ってみたかった南海電車汐見橋線の汐見橋駅へ。
なんばからほど近いロケーションにありながら、30分に1本間隔というローカル線っぷりはなかなか感動もの。
4駅ほど先の、津守駅(無人駅)で下車し、
目星をつけて木津川の方へ歩いて行った先に落合上渡船場を見つける。

なんのことはない。目の前の対岸へ渡る2,3分ほどの乗船。
橋を架ければ済むようなものだけど、大型船が行き交うためにそれもままならずということのようだ。
おかげでこの渡船は180年ほどの歴史をもっているという。

運営は大阪市。舟の横には誇らしげな、みおつくしのマーク。
料金は大正9年以来、無料。

水の都と呼ばれた大阪には、昭和10年には31カ所の渡船場があって、あちらこちらの川で渡し船のエンジン音が響いていたという。
現在8カ所と少なくなってはいるが、それでも今も市民の足として活躍している。
徒歩や自転車の方達にとってありがたい存在であることは間違いないだろう。









2013年06月11日 - 未分類

20130610-R0011143.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


札幌・円山のレストラン「円山厨房」の店内に飾っていただいている写真を入れ替えました。
イスタンブールの写真vol.2です。
写真10枚を展示しています。
異国情緒を感じていただけると思います。
食事が安くておいしいと好評です。
ぜひ足をお運びください。

アクセスはこちらをご参照ください。





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net