黒岳へ

2016年09月29日 - 自然風景

20160926-DSC01797.jpg

20160926-DSC01799.jpg

20160926-DSC01800.jpg

20160926-DSC01815.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



大雪山系の黒岳へ。
層雲峡温泉からロープウェイとリフトを乗り継いで、気軽に楽しめる山です。
と聞いていたけど、そんなには甘くなかったです。
台風の影響もあってか、紅葉の鮮やかさには欠けましたが
雲上の空気はやっぱり気持ちいい〜。

3枚目の写真の先を行くと旭岳まで縦走できるそうで、来年チャレンジしたいなあ。
そして見える建物は黒岳石室という山小屋。
ここに泊まって満点の星空を見ながらの一杯。いや、写真を撮って、
朝陽も拝んで・・・最高だろうなあ。


北海道/上川町
SONY RX100




丸くて青い空

2016年09月28日 - スナップ

20160916-EQEG6699.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



観光地美瑛の町で、楽しげな場所を発見。
青いのは池だけでなく、空も青いよ。
同じ人工物なら、こちらもいいのに。


北海道/美瑛町
iPhone6s



月夜

2016年09月27日 - 自然風景

20160922-DSC01654.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



朱鞠内湖のキャンプ場へ。
前回と同じサイトを確保できた。
星を撮ろうと機材を揃えて(と言ってもレリーズを購入。今まで持ってなかったんかい・・・)望んだものの
あいにくの曇り空に。
それでも、ちらっと月が顔を出してくれた。
たき火をして、ウイスキーのお湯割りで暖を取りながらの景色は、より幻想的に見えた。



北海道/朱鞠内湖
SONY α7s + ULTRON 21mmf1.8




飛翔

2016年09月24日 - 鉄道情景

20160921-TATS6389.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



暗闇を裂くヘッドライトと、後に伸びるテールライト。



北海道/美瑛町(富良野線)
FUJIFILM X-T2 XF50-140mmf2.8R
ISO25600(最高感度)でここまで撮れちゃう








駅進入

2016年09月22日 - 鉄道情景

20160919-TATS6105.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


すっかり日の落ちたホームに、ヘッドライトが伸びてくる。
2人乗客を降ろすと直ぐ、ディーゼルの排気音を響かせて次の駅へと向かっていった。



20160919-TATS6072.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




北海道/当麻町(石北本線)
FUJIFILM X-T2 XF50-140mmf2.8R

3本目のレンズはXF50-140mmf2.8Rに。
35mm換算で70-200mmf2.8ってところの使用頻度の高い望遠ズーム域。
X-T2に着けて構えると、意外なほど軽く、そして手ぶれ補正がしっかり効いてるのを実感できる。
手ぶれ補正のないXF16-55mmf2.8Rより、フレーミングに安定感を覚えるほどだ。





6分違い

2016年09月21日 - 鉄道情景

20160919-TATS5989.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



先ほどの特急「サロベツ」(稚内ー札幌)が通過した6分後に、キハ40の普通列車(旭川ー名寄)が別方向からやってきた。
一両の普通列車が好きでこちらが本命であったけど、6分の間に太陽が沈んでしまった。
6分だから、おそらく3,4日前に来ていれば(先のサロベツのように)夕陽の光芒と一緒に撮れたはずである。
それくらい秋の日没時刻は日に日に早くなってきている。
同じ状況になるのは一年後ということか。鉄道写真もなかなか奥が深い。
もっとも自分は好きに撮ってるだけなので、お構いなしだけど。

明日は秋分の日。
これから冬至に向けてますます、日が短くなって寂しさが増してくる。


北海道/旭川市(宗谷本線)
FUJIFILM X-T2 XF16-55mmf2.8R


FUJIから中判ミラーレスGFX 50Sが発表されましたね。
そしてSONYからはまさかのα99IIが。個人的にはこちらも衝撃的です。
SONYがAマウントを継続させるとは。
Aマウントを2本、究極の135mmf1.8ZAと、Minolta85mmf1.4Gをα7sに純正アダプター経由で撮影しているのだけど
ほぼマニュアルフォーカス。
これがα99IIでAFで動きものに使えたら・・・。と妄想。




秋の夕空

2016年09月20日 - 鉄道情景

20160919-TATS5966.jpg

20160919-TATS5930.jpg

20160919-TATS5951.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


太陽が山陰に沈もうとするまさにそのときに、踏切の音が響いた。
ナイスタイミング。
というよりギリギリセーフ。ホッとした。

列車が通るのは一時間に一本あるかどうかの北海道ローカル線。
やっときた列車なのに、太陽がちょうど雲に隠れてアウトということもしばしば。
下のたんぼの写真はまさにそう。前日のリベンジ。
だからいつもドキドキ。
このドキドキが醍醐味でもあるんだけど。


北海道/旭川市(宗谷本線)
FUJIFILM X-T2 XF16-55mmf2.8R


12月14日〜29日まで東川町文化ギャラリーで、自身初の鉄道をモチーフにした写真展をやります。
待ちわびてやっときた列車。写真でそんなドキドキ感も伝えられたらいいなあと構想してます。





黄金色を往く

2016年09月19日 - 鉄道情景

20160919-TATS5872.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



北海道はこの3連休が稲刈りのピーク。
あちこちの田んぼでコンバインが忙しく動き回ってます。


北海道/当麻町(石北本線)
FUJIFILM X-T2 XF16-55mmf2.8R

先の台風による豪雨で、JR北海道のいくつかの路線が壊滅的なダメージを受けました。
石北本線も上川ー白滝間が不通のまま。
特急「オホーツク」も運休が続いてます。





FUJIのWBはカメラまかせが吉だとは知らなんだ

2016年09月18日 - 機材ネタ

20160913-TATS4533.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



FUJIのX-T2を使い出して一週間ほど。
色味についてはどうもしっくり来ない。
X-T10の時の印象そのままで、肌色が不健康な感じ(グリーンっぽい)に見えたり、それで彩度を上げるとオレンジ色になったり。
で、「FUJIの肌色はいい」という定評が分からないままだった。
それが少し解決しつつある。

それはWB(ホワイトバランス)の使い方の問題のようだ。
自分はオートにすることなく、多くの場面でマニュアルでK値を指定して撮るようにしている。
シャッター、絞り値もいつもマニュアル。
オートにしていると、背景が変わったり、明るさが変わったり、画角が変わる度に、背景につられて自動的に変化してしまうのを嫌うからだ。重視するのは被写体(人物など)にあたる光であって、背景じゃない。
だからマニュアルに固定してる方が楽な撮り方だと思ってそうしてきた。

ところが、FUJIのカメラの場合、マニュアルでK値を指定すると、どうもグリーンかぶりを起こしてしまう。
それならばとWBシフト機能でグリーンを減らす方向にしてみても、全体的にマゼンタかぶりを引き起こす印象に・・・。
そして、このグリーンかぶりはAWB(オート)にしてみると、あれま不思議と出てこない。きれいな画像になる。
何故?謎?  ぐぐってみたらこんな記述を発見。
FUJI特有のホワイトバランスの設定があるみたいなのだ。

「AWBで出している色温度をマニュアルで設定しようとしても出来ないんです。」FUJIの担当者談。
「マップカメラ」さんのサイトより引用
https://news.mapcamera.com/maptimes.php?itemid=29410#x_pro03

カメラいわく「俺に任せればいいもんを、指定しやがるから」ひねくれてやった。状態か。
なるほど。K値が100単位でないというのにも合点がいった。
マニュアルでK値を指定して撮るのは少数派。
大多数のAWBで撮る方には、「FUJIの色はいい」ということだ。
要は自分の使い方が、メーカー推奨の方法と違うかった。ということだな。
カメラ任せのオートがいいってことなら、しばらくAWBで使ってみよう。
せっかく色のいいカメラなのに、渋い色味の「クラシッククローム」やモノクロの「アクロス」を多用するのもアレですし。
だけど、室内でのミックス光源下で外部ストロボを使うシーンとか、AWBよりもK値指定の方が楽な場合はどうなっていくのだろう・・・。


それとこのカメラ、発熱量が相当なもの。
昨夜、ブライダルスナップの撮影でX-T2を初めて使ってみた。
2時間半くらいで400枚くらいの撮影の最中、電源はもちろん入れっぱなし。
そんな状況下で、ボディ底辺が熱を持って熱くなってきて焦った。
動作に不具合が出そうな気配はないから良かったけど、
こんなに発熱するカメラは初めてだ。
バッテリーはX-T2用の新開発品を使用。
冬にはカイロ替わりになりそう・・・。

FUJIFILM X-T2。
メーカーの熱が込められたカメラに間違いない。




北海道/東川町
FUJIFILM X-T2 XF35mmf1.4R

でもね、再生ボタンやAE-Lボタンなどがホント小さくて、手袋したままでは操作が困難。
マイナス10℃まで撮影可能をうたうカメラとは思えないデザイン。







秋の海

2016年09月17日 - スナップ

20160915-TATS4570.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


クラシッククロームで撮る秋の海



北海道/留萌市
FUJIFILM X-T2 XF16-55mmf2.8R




最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net