夜明け三変化

2016年08月28日 - 自然風景

20160825-PTXD9017.jpg

20160825-PTXD9019.jpg

20160825-PTXD9027.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



夜は星空を眺めながら、たき火そして遅くまでウイスキー。
朝はそれでも日の出前にアラームをセットし、テントから這い出す。
湯を沸かし、インスタント珈琲で目を覚ましながらシャッターを切っていく。
目の前には温度差で湖面から湯気が立つ朝。
日が昇ると2度寝するにはテント内はまぶしく、そして暑い。




北海道/朱鞠内湖
PENTAX 645D A 80-160mmf4.5
これ以上無いという底値の望遠ズームも買った。






夕暮れ色

2016年08月27日 - 自然風景

20160824-PTXD8978.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




すでに缶ビール2本目を空ける頃。
ごきげんなサイトでの夕暮れ。
至福の時。



北海道/朱鞠内湖
PENTAX 645D A 45-85mmf4.5





2016年08月26日 - スナップ

20160825-IMG_6914.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



朱鞠内湖へソロキャンプ。
北海道道北の人里離れた場所にある日本最大面積の人造湖。
その湖面にあるキャンプサイトはなかなかのロケーション。
人造湖とはいえ周回道路もなく、立ち入れるのはここだけ。



北海道/朱鞠内湖
iPhone6s




Last Summer Seaside

2016年08月20日 - 鉄道情景

20160814-PTXD8897-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



11月末での廃止が控えている留萌本線の留萌ー増毛間。
海水浴客で賑わう(写真奥)日本海を走るのも、これが最後。




北海道/留萌本線
PENTAX 645D A 45-85mmf4.5





見えるものの違い

2016年08月17日 - スナップ

20221220-L1048561-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



この世には子供にしか見えない世界があるらしい。



東川町写真少年団

北海道/東川町
LeicaM8 Summaron35mmf3.5




納涼盆踊り大会

2016年08月12日 - スナップ

20160811-L1002846.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



お盆なのにか、お盆だからなのか、仕事も暇だし、いつにも増して静かな東川町。
静かなのは田舎町なのに、お盆で東川の実家に里帰りに来てる人より、里帰りしてる人の方が多いせいかな。
人口が増えつづけてる東川町。若い世代が移住してきたり、旭川市などから引っ越してきている世帯が圧倒的だからだろうね。
ニュースで見かけたお盆の行楽や、渋滞のニュースとは無縁の静かな環境が、ありがたき幸せに思える。

それでも日が傾いたころ、太鼓の音が響いてきた。
どうやら盆踊り大会なるものが催されてるらしかった。
湿った空気に太鼓の音が心地良い。
ほのぼのとほのぼのと。

ウチの娘達にとってはここがふるさと。



北海道/東川町
Leica M9-P SUMMICRON50mmf2 2nd




濃密な夕方

2016年08月03日 - スナップ

20160802-PTXD8808.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



せっかくの大きなセンサーだから、やっぱりワイドレンズで広めに撮る方が幸せになれる?
ダイナミックレンジは広いし、それでいて濃密。
立体感もいいなあ。
グリーンにかぶるのはKODAK CCDの傾向なんか?
CMOS機には無いような(?)独特の色とトーンの出方が、好ましい。

なんて、感覚で生きてる人間だから、アバウトな印象ですよ。
本当は比較して正確に違いを把握すべきところ
テキトーな我が性格には・・・ね。
というより突き詰めなくて、思い込みだけで、やっていく方がきっと幸せ。
なにごとも。

それにしても街スナップには重いわ645D。山道もきつかったけど。
センサーの面積比、約1.6倍を得るために
35フルサイズのM9-Pや、α7sに28mmつけた時と
645Dに35mm(28mm相当)をつけた時の体積と重量の違いに、ちょっとね・・・となる。
645Dは三脚なり、一脚に載せて撮ってるし。
歩くたび、我がかよわきなで肩にずしりと。


北海道/東川町
PENTAX645D A 35mm f3.5







霧雨のキトウシ

2016年08月02日 - 自然風景

20160802-PTXD8734.jpg

20160802-PTXD8758.jpg

20160802-PTXD8775-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



目覚めたら外は霧雨。
新しく手に入れたレンズ(と言っても格安中古のPENTAX645 A 35mm f3.5という換算28mm相当のワイドレンズ)
の試し撮りも兼ねて、近くのキトウシ山に登った。
やはり霧雨の登山道は幻想的。
視界がぼやけて見えるほど。
と思ったら、すごい湿り気でメガネが曇ってしまっていたのだ。
まるでミストサウナの中にいるようで、肌をしたたる汗、汗。
葉っぱや、生き物たちは喜んでいるようだったけどね。
早朝から汗かいて、ああ気持ちよかった。スッキリ。



北海道/東川町
PENTAX645D A 35mm f3.5






湿潤気候

2016年08月01日 - スナップ

20160731-OMDB0160.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



この週末から暑い&湿気たっぷりの不快指数が高まった北海道です。
昨日は警報が出るくらいの大雨で、落雷による停電に。
我が町は全戸地下水で、蛇口ひねれば天然水。それはそれでとてもいいことなんだけど
停電になるとくみ上げるモーターが作動せず、水が出ない。という事態に。
地震など災害の少ないエリアと言われて入る中で、弱点を見せられました。

ちょうど町のお祭りと、東川町国際写真フェスティバルの開催中でした。
撤収作業中だったでしょうかね。
自分は一日ブライダルの撮影に出かけて、このイベントには参加できなかった。
土曜日に少し見て回ることができ、何人かと一年ぶりの再会を果たすことができたが
夜にも用事があったので、いつもみたく酒盛りをすることができなくて
消化不良な今年の夏のフォトフェスタでした。

とは言え、出展者、参加者のみんなとは温度差を感じるようになったのも事実。
フォトフェスタよりも、となりで盛り上がってる町民のお祭りの方が、楽しく思えたりする。
なんだろうな。みんな写真やってて楽しいのかなあ?
神妙な顔つきでレビューを受けることは自分自身もうないだろう。
評価も賞賛もいらないなあ。

ただ撮ることが楽しい。
自分が楽しんでいられれば、それでいいのだ。それが一番。




北海道/美瑛町
OLYMPUS OM-D E-M1 PANASONIC 35-100mmf2.8







沼牛駅保存プロジェクト

2016年07月27日 - 鉄道情景

20120919-R6012671.jpg

20120919-R6012675.jpg

20120919-R6012678.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



北海道には廃線跡がいっぱい。
しかし当時の駅舎、特に木造駅舎が残っているのはわずかです。
雪の重み、凍結。いにしえの駅舎が生き残るには厳しい環境です。
おまけに過疎化が進む自治体には保存する財力も、目的もありません。

そんな中、かつて深川と名寄を結んでいた深名線(しんめいせん:平成7年廃止)沿線に
沼牛駅が幌加内町の小さな集落にひっそり佇んでいます。
この貴重な鉄道遺産を残そうと、現在有志がクラウドファンディングによる資金調達を行っています。
https://readyfor.jp/projects/kamitoshibetsu-numaushi

駅舎の再生には先日このブログで紹介した旧ふるさと銀河線の上利別駅の材料が使われることから、2つの駅舎の再生につながるものです。
クラウドファンディングってちょっと馴染みが浅いのですが、沼牛駅の保存にかかる費用をひろくインターネット上で募るというものです。
募金の決済はクレジットカード決済が基本です。
8月1日の締め切りまで数日。
達成まであと4.5万円まで迫ってきました。

目標額の200万円に達成しないと、カード決済されません。
逆に言うと、200万円に達しなければ、これまでの志(お金出すよって言った方のお金)は無かったことになります。
もうちょっとの支援金が集まるかどうかで、この貴重な沼牛駅の保存が決まるかどうか。なのです。
募金は5,000円からと少しハードル高いですが、共感された方はぜひ。



2012.9月撮影
北海道/幌加内町沼牛駅
RICOH GXR A12




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net